モデスト・アルトシュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モデスト・アルトシュラー

モデスト・アルトシュラーModest Altschuler, 1873年2月15日 マギリョウ - 1963年9月12日 ロサンジェルス)は、ベラルーシ出身のアメリカ合衆国指揮者作曲家チェリスト。後年は映画音楽の世界でも活動した。本名はモイセーイ・イサアコヴィチ・アリトシューレル(ロシア語: Моисе́й Исаа́кович Альтшу́лер, Moisei Isaacovich Altschuler)といい、ユダヤ系である。

ワルシャワ音楽院チェロを学んだ後、モスクワ音楽院に転じてアレンスキータネーエフに作曲を師事。1890年に卒業後はチェリストとして活動を始めるが、1890年代後半には渡米した。1903年ニューヨークにおいてロシア交響楽協会を創設し、十余年にわたって演奏旅行を行い同時代のロシア音楽を演奏し、ロシア文化アメリカ合衆国に伝播する上で重要な役割を担った。アルトシュラーのオーケストラが世界初演した作品には、たとえばスクリャービン法悦の詩》(1908年)が含まれており、このほかにもムソルグスキーの《ホヴァンシチナ》前奏曲の米国初演(1905年2月25日カーネギーホール[1]や、プロコフィエフの 《ピアノ協奏曲第1番》作品10の米国初演(1918年12月10日、カーネギーホール)[2]を実現させた。

ロシア交響楽協会は、世界で最初に録音を残した演奏団体の一つでもあり、1910年コロムビア・レコード社において、チャイコフスキーエドゥアルト・ラッセンらの小品を録音した。

アルトシュラーは厳格な専門教育を受けてはいたものの、モダニストの実験的な作品の受容にも吝かでなく、1915年3月には、ピアニストのマルグリット・ヴォラヴィを迎えて、スクリャービンの《プロメテ―焔の詩》のニューヨーク初演を行った際には、新発明の装置クロモラを用い、演奏に合わせて色光を投げかけた[3]

第一次世界大戦勃発前に自分のオーケストラを解散すると、カリフォルニア州に移り、音楽教師や演奏家として名声を築き上げる。映画界の重鎮になっていた兄ジョー・アラーの協力を得て、1920年代半ばからおよそ四半世紀にわたって映画音楽を作曲・演奏するようになった。カリフォルニア南部でも活動し、1926年にはグレンデイル交響楽団を創設した [4]

アルトシュラーの作品として現在辛うじて知られているものは、チェロとピアノのための小品《ラフマニノフの主題によるロマンス》である。

アルトシュラー家は音楽界に一族を送り出しており、姪エリノア・アラーen:Eleanor_Aller)は夫フェリックス・スラットキンとともにハリウッド弦楽四重奏団を結成し[5][6]し、1940年代から1960年代初頭にかけて、アメリカ屈指の室内楽団へと成長させた。二人の間の子供が指揮者のレナード・スラットキンである。チェリストのフレデリック・ズロートキンも親族であった[7]

外部リンク[編集]