パーヴェル・チェスノコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パーヴェル・グリゴリエヴィチ・チェスノコフPavel Grigorievich Chesnokov 〔露語:Павел Григорьевич Чесноков〕, 1877年10月24日 - 1944年3月14日)はロシアおよびソ連作曲家。このほかに合唱指揮者や音楽教師としても有能であった。ローマ字表記は地域によってまちまちであり、フランス式にはTchesnokov、ドイツ式にはPawel Tschesnokow(またはTschesnokoff)などの綴りも見られる。

片仮名では他にパヴェル・チェスノコフとも表記される。

概説[編集]

モスクワ・シノド学校に10年にわたって学んだ後、作曲をセルゲイ・タネーエフミハイル・イッポリトフ=イワノフに師事。モスクワ音楽院セルゲイ・ワシレンコに師事して自由作曲を修得しようとする頃には、すでに作曲家として確固たる名声を博していた。その後は出身校の宗教学校で25年にわたって合唱の指導を行い、その後はモスクワ音楽院で教壇に立った。チェスノコフは、伝統的な豊かな和声構造と、重低音の用法を取り入れた。生涯にわたって合唱曲の作曲を行なった。

共産党の一党独裁体制が始まるまでは、カスタルスキーアルハンゲルスキーと並んで、ロシア正教会の重要な作曲家であった。ロシア革命後、「宗教は阿片である」と政府の公式発表があったり、作曲家に書けるものがより大きく統制されてから、教会音楽家宗教音楽にたずさわる限り、自分自身や身内に弾圧が及ぶ惧れを懸念せざるを得なかった。このためチェスノコフは、音楽活動と家族の生命を守るために、二度とそれ以上の宗教曲を作曲することはなかった。これ以降は世俗の合唱曲の創作に転じ、生活のためにソ連政府のプロパガンダ歌曲のようなものも手がけた。

ソ連時代の末期に共産党の威力が衰え、ロシア正教会が再び力を盛り返すと、チェスノコフの聖歌も復活を遂げた。

主要作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]