スヴャトスラフ・リヒテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スヴャトスラフ・リヒテル

スヴャトスラフ・テオフィーロヴィチ・リヒテルロシア語: Святосла́в Теофи́лович Ри́хтерウクライナ語: Святослав Теофілович Ріхтер、ラテン文字転写例: Sviatoslav Teofilovich Richter、1915年3月20日 - 1997年8月1日)はソビエト連邦ピアニストである。ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

生涯[編集]

1915年3月20日、ウクライナのジトームィルでドイツ人ピアニストの父と素封家の母親のもとに生まれた。幼いころに一家はオデッサに移住した。父親は同地の音楽学校で教師を務め、息子にも音楽の手ほどきをしたが、音楽家にしようという気はなかった。父親はその後別れて行動し、後にオデッサで処刑され、母親は別の男性と再婚した。 リヒテルは独学でピアノを始め、1931年に15歳にしてオデッサ歌劇場のコレペティートルに採用され、多くのオペラ曲の初見を経験した[1]。1934年、19歳の時にショパンのみのプログラムによる小規模な初リサイタルを開き、成功を収めた[2]

1937年、22歳でモスクワ音楽院に入学し、ゲンリフ・ネイガウスに師事した。彼はその時点ですでに完成されたピアニストだったといわれ、ネイガウスは「何も教えることはなかった」という言葉を残しているが、リヒテル自身はネイガウスから多くのことを学んだと言っている。ネイガウスはリヒテルを天才であるといい、時に荒削りの演奏をあえて直そうとはしなかった。同門のエミール・ギレリスは1歳年下だが、モスクワ音楽院では2年先輩にあたる。

リヒテルはネイガウスの紹介によりセルゲイ・プロコフィエフと親交を持つようになり、1943年1月18日にはモスクワでプロコフィエフのピアノソナタ第7番を初演し、成功を収めた。翌1944年にはプロコフィエフの3曲の戦争ソナタによるリサイタルを行った[1]。以後、ソ連国内で活発な演奏活動を行うようになり、1945年には30歳で全ソビエト音楽コンクールピアノ部門で第1位を受賞した。プロコフィエフが政府から反革命的と批判されたときも常にプロコフィエフと活動を行った。

1950年に初めて東欧で公演も行うようになり、一部の録音や評価は西側諸国でも認識されていた。しかし、冷戦で対立していた西側諸国への演奏旅行はなかなか当局から許可が下りなかった[註 1]。そのため、西側諸国ではその評判が伝わるのみで実像を知ることができず、「幻のピアニスト」とも称されるようになった[1]。ソ連の演奏家としては最も早い時期から国際的に活躍していた一人であるギレリスが、演奏後に最大の賛辞を贈ろうとしたユージン・オーマンディを「リヒテルを聴くまで待ってください」と制したことも、この幻のピアニストへの期待をかき立てた[4]

1958年にはこの年の2月25日にブルガリアソフィアで行ったリサイタルの録音が西側でもレコードとして発売された。ムソルグスキー展覧会の絵などを含むこの録音は不朽の名演奏と称えられ、リヒテルの当代一のピアニストとしての真価を知らしめた[1]。同年に第1回チャイコフスキー国際コンクールが開催され、この大会を制したヴァン・クライバーンが滞在中に聴いたリヒテルの演奏について「生涯で聞いたなかでもっともパワフルな演奏であった」と帰国後に語ったことで、このピアニストの評判はさらに高まることとなった[5][註 2]

翌1959年にはドイツ・グラモフォンのスタッフがワルシャワに乗り込んで録音が行われ、数枚のレコードが発売された。その中でも特にスタニスワフ・ヴィスウォツキ指揮のワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団と共演したラフマニノフピアノ協奏曲第2番の録音はこの作品の決定的名演と称えられ、その評価は現在に至るまで揺るいでいない[7]

1960年5月にようやく西側での演奏を許可され、ヘルシンキでのコンサートに「伴奏者」として派遣された。同年中にはアメリカへもツアーしてセンセーショナルな成功を収めた。この時に録音されたブラームスピアノ協奏曲第2番(共演はエーリヒ・ラインスドルフ指揮シカゴ交響楽団)やベートーヴェンピアノソナタ第23番のレコードも評判となり、いよいよ西側でも本格的にその実像を知られるようになった。

その後は名実共に20世紀を代表するヴィルトゥオーソとして世界を舞台に精力的に活動した。同時代にアメリカを拠点に活動したウラディミール・ホロヴィッツと並び称されることもあった[2]

日本へは飛行機嫌いのためなかなか訪れることがなかったが、1970年の日本万国博覧会の際に初の訪日が実現した。それ以降はたびたび来日してリサイタルを開き、日本の音楽ファンにもなじみ深い存在となった[2]

オレグ・カガンをはじめとする他の演奏家との共演も活発に行い、西側を含む各地で音楽祭を主催した。特に1981年から毎年冬にプーシキン美術館で開催した音楽祭「12月の夕べ」は絵画の展示とテーマを共有するユニークなスタイルのものだった。晩年に至っても、技巧の衰えを豊かなタッチで補いつつ、意欲的な活動を続けた。

特に彼の理想としていたのは、ピアノをトラックに積んで旅行し、前触れなく教会のある街でピアノを無料で演奏し、また旅に出るという生活であり、それに近い形の多くのコンサートを行った。

1997年8月1日、モスクワで82年の生涯を閉じた。生涯の伴侶であったニーナ・ドルリアも同年に亡くなっている。

音楽[編集]

レパートリー[編集]

リヒテルのレパートリーはバッハから20世紀の同時代の音楽まで多岐にわたる。特にチャイコフスキーやラフマニノフなどのロシアものや、ベートーヴェン、シューベルトシューマンリストショパン、ブラームスなど古典派からロマン派にかけてのピアノ曲がその中核にある。その一方でドビュッシーシマノフスキバルトークなどでも名演を聴かせた[2]

そうした膨大なレパートリーを誇る一方で、独自の見識に基づいて作品を厳選していたことも特徴的である。例えばベートーヴェンのピアノソナタで言えば第14番第21番のような人気曲を意図して演奏しなかったし、5曲の協奏曲の中では第1番第3番のみをレパートリーにしていた。ショパンの練習曲やドビュッシーの前奏曲、ラフマニノフの前奏曲などでも一部の曲を演奏していない[8]

演奏[編集]

リヒテルの演奏はダイナミックで雄渾な情感と緻密にコントロールされた技巧を両立させた稀有なものだった。とても巨大な手の持ち主であり、12度程度を楽に押せたという。

彼の演奏の特徴の一つとして、ダイナミクスの大きさが挙げられる。音楽評論家の吉田秀和は彼のベートーヴェン演奏について、聴き手にベートーヴェンの時代のピアノでこれほどのダイナミクスの大きな演奏が可能だったのかと疑問を抱かせる一方で、ベートーヴェンの創造的想像力の中では確かにこうした響きが鳴っていたに違いないと感じさせる説得力があると述べている。ピアノソナタ第23番のアメリカでのライブ録音を初めて聴いた時には「これはベートーヴェンを超え、何か別のものになってしまった」のではないかと感じたという[9]

テンポ設定に関しては、リヒテルはゆったりとしたテンポから屈指と言える速度まで自在にコントロールすることができた。若い時分にはベートーヴェンのソナタの急速楽章を猛烈なスピードで弾くこともあったが、ほどなくスピードを重視しないスタイルに転じたと岩井宏之は指摘している。晩年に至るまで興に乗ると弾き飛ばす傾向のあったムスティスラフ・ロストロポーヴィチとは対照的だった[10]としているが正しくない。彼の1986年のショパンのバラード第4番や1984年東京でのドビュッシーの西風の見たものやラフマニノフの音の絵 Op.33では往年のパワフルかつ高速な演奏を披露している。1959年のラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の録音は、作曲者自身の演奏よりもやや遅めのテンポからかなりの速度まで濃密なロマンティシズムを壮大に歌い上げた。川田朔也はこの演奏の影響力の大きさを示す事実として、この後他の演奏家もリヒテルのテンポ設定を踏襲するようになり、この曲の平均的な演奏時間がそれ以前よりも引き伸ばされるようになったとしている[7]

リヒテルの芸術性が発揮されたのは技巧的な難曲においてばかりではなかった。ピアニスティックな技巧の効果に乏しく以前はプロのピアニストが取り上げることの比較的少なかったシューベルトのピアノ作品を、彼は早い時期からレパートリーに採り入れていた。グレン・グールドは1957年にソ連を演奏旅行した際にリヒテルによるシューベルトのピアノソナタ第21番の演奏を聴いた時のことを、「彼は現代でもっとも力強い音楽のコミュニケーターであり、私は催眠術によるトランス状態としか例えようのない境地に連れ去られた」と回想している[11]

録音[編集]

リヒテルはスタジオでの録音が嫌いなピアニストだったが、ライブ録音によるものも含めると結果的には極めて多くの音源を残している。レパートリーの多くは現在でも録音によって接することが可能である[2]。彼の録音の出来にはむらがあるともいわれるが、ヨアヒム・カイザーは「最良のライヴ・レコーディングにおける彼の偉大さには比類がない」と評していた[1]。没後には各国の放送局に残されていた音源などもCDとしてリリースされている。

使用楽器[編集]

ワルシャワでのドイツ・グラモフォンとの録音セッションでエンジニアを務めたハインツ・ヴィルトハーゲンは、この時使用したピアノについての証言を残している。スタッフが現地で調達したピアノはタッチにひどくむらのある粗悪な代物で、スタッフは当然リヒテルに拒否されるものと考えた。しかし彼は黙ってピアノの前に座ると、キーの感触を一つ一つ確かめながらむらなく聴こえるようになるまで練習し、難のあるピアノを自在に操ったという[4]

その後彼は1969年にヤマハのピアノに目を止め、愛用するようになった[2]。彼はその理由について「柔軟で感受性が鋭く、特にピアニシモが非常に美しい。私の表現したい心の感度を歌ってくれる」と語っている。このことはNHKのドキュメンタリー番組『プロジェクトX』(2001年10月2日放送回)でも取り上げられた[12]

活動の特徴[編集]

リヒテルの活動は既成のコンサート・マナーにとらわれない特徴的なものだった。彼は特に比較的小さな規模の会場で演奏曲目を予告せずに行うスタイルのリサイタルを好んでいた。晩年には、あえて楽譜を見ながら演奏したり、場内の照明を極端に落としてピアノの周囲だけをわずかに明るくした状態で演奏するといったユニークな試みを採り入れていた。グリーグ抒情小曲集のみでプログラムを組むなど、そうした挑戦的な態度は最後まで持続した[13]

指揮[編集]

リヒテルは1952年に手の小さな骨を折って一時的にピアノが弾けなくなったことがあり、この時に生涯でただ一度の指揮を体験している。キリル・コンドラシンにリズムの刻み方を習い、モスクワ青年交響楽団を指揮してロストロポーヴィチと共演したのがプロコフィエフの交響的協奏曲の初演である[5]

1933年に18歳でオデッサ歌劇場の第一副指揮者に就任したという伝説が生じたこともあったが、リヒテルはこれを「おとぎ話に過ぎない」と言下に否定した[5]。前述の通り、1931年にコレペティートルに採用されたというのが事実である。

人物[編集]

人柄[編集]

とても繊細な感受性の持ち主であり、音楽評論家のペーター・コッセからは「傷つきやすい巨人」と評された[4]。頻繁にコンサートをキャンセルし、ファンや興行主を悩ませてきたことでも知られる[5]。周囲からは気難しい人物として恐れられることも多かったが、彼の調律師を務めた村上輝久によると決して恐い人ではなかったという[14]。来日時はポンジュースを愛飲していた。

余技[編集]

リヒテルは少年時代には文学や演劇に熱中するなど、音楽以外の芸術にも秀でていた。特に絵画の腕前は素人離れしており、その作品は自身のレコードのジャケットにしばしば使用された。1944年の末には指を痛めて一時ピアノを弾けなくなった時期があり、その際には画家への転身を本気で考えたという[1]

交友関係[編集]

リヒテルはプロコフィエフやショスタコーヴィチブリテンなど同時代の作曲家と直接交流した。特にプロコフィエフとは親しく、ピアノソナタ第7番はプロコフィエフが初めて自分以外のピアニストに初演を託したピアノ作品であり、ピアノソナタ第9番はリヒテルに献呈されている。ロストロポーヴィチとの共演でチェロソナタを初演したほか、前述の通り交響的協奏曲は同じくロストロポーヴィチとの共演により指揮者として初演している。ブリテンとはブリテン自身の作品のみならず他の作曲家のものも含め、協奏曲や2台のピアノのためのレパートリーで度々共演した。

他の演奏家と活発に交流し共演を行い、若い才能の発掘にも意を注いだことでも知られる。彼を中心として形成された演奏家の人脈は「リヒテル・ファミリー」と呼ばれた。特にオレグ・カガンとは親密な間柄で、カガンはリヒテル・ファミリーの中核的な存在だった。このほかにリヒテルと活発に共演した演奏家に、カガンの妻であるナターリヤ・グートマンや、ユーリ・バシュメットエリソ・ヴィルサラーゼなどがいる。リヒテル没後の2005年にはファミリーのメンバーを中心とする人たちによって、スヴャトスラフ・リヒテル国際ピアノコンクールが創設された[15][註 3]

文学者のボリス・パステルナークとも親密な間柄だった。パステルナークは、師ネイガウスの友人であり、同じ妻を娶った関係に当たる(ネイガウスの妻が、パステルナークと再婚したが、男性二人の友情は継続した)。1960年にパステルナークが亡くなった際には、リヒテルは葬儀でピアノを演奏した[16]

関連書籍[編集]

  • ブリューノ・モンサンジョン『リヒテル』中地義和、鈴木圭介訳、筑摩書房、2000年9月 ISBN 978-4480885128
  • ユーリー・ボリソフ『リヒテルは語る—人とピアノ、芸術と夢』宮澤淳一訳、音楽之友社、2003年5月1日 ISBN 978-4276217348
  • 河島みどり『リヒテルと私』草思社、2003年9月20日 ISBN 978-4794212481

脚注[編集]

  1. ^ リヒテルは1941年に父親をソ連当局によって銃殺されており[3]、母親は第二次世界大戦の末期にドイツに移住していた。このため、当局は西側への旅行を認めた場合に彼が亡命することを警戒していたともいわれる[4]
  2. ^ リヒテルはこの第1回チャイコフスキー国際コンクールで審査員を務め、クライバーンに満点の25点をつけ、他の全てのピアニストに0点をつけた[6]
  3. ^ 第1回大会はエルダー・ネボルシンが制した。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 岡俊雄「詩的幻想とピアニズムの調和、不朽のソフィア・ライヴ」、アルバム『ソフィア・リサイタル』(PHILIPS UCCP-9507) ライナーノート
  2. ^ a b c d e f 『ピアノとピアニスト2003』音楽之友社、2003年 ISBN 978-4276961357
  3. ^ Журнальный зал | Дружба Народов, 2003 N7 | Валентина ЧЕМБЕРДЖИ - О Рихтере его словами.
  4. ^ a b c d グレゴール・ヴィルメス「力強い詩人」(橋本ゆかり訳)、アルバム『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ほか」(UCCG-3086) ライナーノート
  5. ^ a b c d Uwe Kraemer: VITALITÄT UND POESIE -Der Pianist Svjatoslav Richter アルバム『MOUSSORGSKY・PICTURES AT AN EXGIBITION』(PHILIPS 420 774-2) ライナーノート
  6. ^ Fuji-tv ART NET:眞子の音符の小部屋
  7. ^ a b レコード芸術』音楽之友社、2007年5月号
  8. ^ 野沢敏治「スヴャトスラフ・リヒテルⅡ(1)」2009年5月7日
  9. ^ 吉田秀和「現代ピアノ界の巨人の演奏」、アルバム『ベートーヴェン:ピアノソナタ第3番/第4番』(VDC-1084) ライナーノート
  10. ^ 『弦楽器・管楽器ソリスト2004』音楽之友社、2003年 ISBN 4-276-96145-9
  11. ^ ジョン・P. L. ロバーツ編、宮澤淳一訳『グールド発言集』みすず書房、2008年 ISBN 978-4622070191
  12. ^ NHKアーカイブス 保存番組検索: プロジェクトX 挑戦者たち リヒテルが愛した執念のピアノ
  13. ^ 野沢敏治「スヴャトスラフ・リヒテルⅡ(2)」2009年5月8日
  14. ^ 『プロジェクトX』出演時の証言
  15. ^ スヴャトスラフ・リヒテル国際ピアノコンクール
  16. ^ Juilliard plays Stravinsky by Alexander Coleman - The New Criterion

外部リンク[編集]