マヌエル・デ・ファリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・デ・ファリャ
Manuel de Falla
基本情報
出生 1876年11月23日
スペインの旗 スペインカディス
死没 1946年11月14日(満69歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチンコルドバ
職業 作曲家

マヌエル・デ・ファリャ・イ・マテウ(Manuel de Falla y Matheu, 1876年11月23日カディス - 1946年11月14日アルゼンチンコルドバ)は、スペイン作曲家。晩年にフランコ政権を避けてアルゼンチンに亡命した。

生涯[編集]

1890年代からマドリードピアノを学ぶかたわら、近代スペイン音楽復興の立役者フェリーペ・ペドレルに作曲を師事。現在ペドレルは音楽学者として、トマス・ルイス・デ・ビクトリアの作品全集の校訂・刊行で名を残しているにすぎないが、ファリャにスペイン民族音楽への興味を植え付けたのが、ほかならぬペドレルだったといわれる。ファリャはとりわけ、アンダルシアフラメンコ(のカンテ・ホンド)に興味を寄せ、多くの作品においてその影響を示している。初期作品には多くのサルスエラがあるが、中でも最も重要な作品は1幕形式のオペラ『はかなき人生』(1905年作曲、1913年初演)である。

1907年から1914年までパリに滞在。いち早くファリャの才能を認めたデュカスオペラ・コミック座で『はかなき人生』を上演させ[1]、ファリャをスペイン出身の作曲家アルベニスに紹介した。アルベニスからリカルド・ビニェスラヴェルへと人脈が広がり[1]、芸術家のサークル「アパッシュ」に参加[2]、これとは別にドビュッシーとも親交を結んだ[3]

パリ滞在中にピアノと管弦楽のための『スペインの庭の夜』の作曲に着手するが、第一次世界大戦勃発に伴い1914年9月に帰国。マドリードに戻ってからは、『スペインの庭の夜』を完成(1915年)させたのに続き、バレエ音楽『恋は魔術師』 (1915年作曲、単独でも演奏される〈火祭りの踊り〉で有名)、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲された『三角帽子』(1917年作曲)など、最も有名なファリャ作品が生み出された。これらの作品では、民族主義と印象主義の両方がバランスよく混在している。

1921年から1939年グラナダに移住して隠遁生活を送りつつ[1]、室内オペラ『ペドロ親方の人形芝居』(1923年)や『クラヴサン協奏曲』(1926年)を作曲した。これらの作品はストラヴィンスキー新古典主義音楽の影響が認められ、スペイン民俗音楽の影響はやや稀薄になっている。

1936年スペイン内戦が始まり、グラナダにいた親友フェデリコ・ガルシーア・ロルカが銃殺されたことを機に祖国を離れることを決意[1]1939年アルゼンチンに亡命した。フランコ政権からはたびたび帰国要請があったが、彼は終生拒否し続けた。

グラナダ時代に構想された大規模なカンタータアトランティーダ』(La Atlántida)は、アルゼンチンに移住してからも作曲が続けられた。しかしながら作曲者の最期においてもこれは未完成のままであり、死後に門人エルネスト・ハルフテルにより、実用版完成に向けて補筆され、発表された。

1946年コルドバで亡くなって同地に埋葬されたが、翌1947年にフランコによって遺体はスペインへ戻され、国葬の上でカディス大聖堂Catedral de la Santa Cruz de Cádiz)の地下礼拝堂へ埋葬された。

没後の1970年よりスペインで発行された100ペセタ紙幣に肖像が使用されていた。

作品[編集]

舞台作品[編集]

オペラ[編集]

サルスエラ[編集]

  • イネスの恋 G.26
  • ジュアナとペドラ(紛失)
  • マルタの十字架(紛失)
  • 戦下の虜囚(複写譜のみ)

劇付随音楽[編集]

  • 東方の3博士の神秘劇 G.64
  • 受難
  • 夜明け(紛失)
  • オセロ(紛失)
  • 恋は盲目(紛失)
  • バジルを洗う少女と興味津々の王子
  • カンターロの乙女

バレエ音楽[編集]

その他[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 『三角帽子』 第1組曲 G.58、第2組曲 G.59
  • 『恋は魔術師』組曲 G.69(7曲?)
  • 4つの讃歌 G.86

協奏曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • メロディア G.4
  • ロマンス G.6
  • アンダルシアのセレナータ G.12
  • 弦楽四重奏断章 G.30

ピアノ曲[編集]

  • マズルカ ハ短調 G.11
  • 歌 G.14
  • セレナータ G.22
  • 火祭りの踊り G.

合唱曲[編集]

歌曲[編集]

  • プレリュード G.16
  • ロンダのパン G.47

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ロラン・マニュエル、吉田秀和訳『音楽の楽しみ III』白水社、2008年、320-331ページ
  2. ^ ラヴェル、ビニェス、フローラン・シュミットらが1900年に結成した芸術サークル。
  3. ^ ファリャは真っ先にドビュッシーを訪ねたがその時は相手にされなかった。しかし、その後ドビュッシーもファリャを認めるようになった(ロラン・マニュエル、前掲書)。

外部リンク[編集]