ポール・デュカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・デュカス
Paul Dukas
Paul Dukas.jpg
基本情報
出生名 Paul Abraham Dukas
出生 1865年10月1日
フランスの旗 フランス帝国 パリ
学歴 パリ音楽院
死没 1935年5月17日(満69歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

ポール・アブラアム・デュカスPaul Abraham Dukas [pɔl abʁaam dykɑːs]、1865年10月1日 - 1935年5月17日)はフランス作曲家である。

経歴[編集]

デュカスは孤独を愛し、作品は完璧を目指す為、1年に1作あるいは、『アリアーヌ』のように10年を要したものもあった。1920年代には大半の作品を破棄してしまった。今日残るのは20曲ほどと言われる。同世代のドビュッシーとは親しく交際していた。作曲家の弟子としてはメシアンデュリュフレポンセ、そしてロドリーゴらがいる。彼がメシアンに与えた助言「鳥の声を聞きたまえ」は、メシアンのその後の作曲の根本的な言語の一つとなった。(ただし、本人はデュカスに言われる前から鳥の声に注目していたようだ。)


青年期[編集]

1865年5月17日、銀行家の父ジュール·デュカ,ピアニストだったウジェニーの次男としてパリで生まれた。ウジェニーはポールが5歳の時,ピアノのレッスン受けさせたが,彼は14歳になるまで特段音楽の才能を示さなかった。(ポールが5才の時,ウジェニーは彼女の第三子,マルグリット·ルーシーを出産後世を去ってしまう。)彼は1881年の終わりに,16歳でパリ音楽院に入学し,ジョルジュ・マティアスにピアノ,テオドール・デュボワに和声法,エルネスト・ギローに作曲を師事。この時出会った音楽院時代の同僚,クロード·ドビュッシーとはこの後生涯続く友情を結ぶこととなる。彼のごく初期の作品としては序曲『リア王』(1883年)と序曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(1884)等がある。 デュカスは1886年には対位法とフーガで一等を得,1888年作曲のカンタータ『ヴェレダ』ではローマ大賞第二等を含むいくつかの賞を獲得したが,翌年は入賞できなかったため,失望したデュカスは1889年に音楽院を去り作曲家の道を捨てルーアンで従軍する。しかし同地の軍楽隊でバンドマスターと知遇を得たのが契機となり,除隊後は作曲家·音楽評論家としての二重のキャリアをスタートさせることとなる。

1890年〜[編集]

評論家としてデュカスは『週間批評(Revue Hebdomadaire)』誌『音楽批評』,『芸術紀(Chronicle des Arts)』,『芸術新報(Gazette des Beaux-Arts)』の各誌上で活躍し,400を超える評論を執筆した。(時には自作品に対しても厳しく批評を行っている。もともと完璧主義者だったデュカスだったが、多くの評論を執筆したことにより、より徹底され上記のように彼の作品の多くが破棄されることとなった。)作曲家としては1892年にラムルーの演奏会によって初演された序曲『ポリュークト』によって本格的なデビューを果たしている。コルネイユの悲劇に基づいたこの序曲は,同時代の多くのフランスの作品のようにワーグナーやフランクの影響を見せながらも,すでにデュカスの個性が表れ始めている。

『ポリュークト』の成功の後,彼は1892年に自身の台本『ホーンとイムニルド』によるオペラ作曲に着手し始めた。(結局このオペラは1幕のみを作曲し未完。)デュカス唯一の交響曲『交響曲ハ長調』(1895年〜1896年)ではドイツ音楽にみられる構造性の中に印象派に代表されるモダニズムを見事に昇華させることに成功し,(初演は賛否両論であったものの)自身に大きな実りをもたらせ,この後彼の最も有名な作品,交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』(1897)を生み出すこととなった。

1900年〜[編集]

『魔法使いの弟子』の後,デュカスは2つの大規模なピアノ作品,『ピアノソナタ変ホ短調英語版』(1901年),『ラモーの主題による変奏曲・間奏曲・フィナーレ英語版フランス語版』(1903年)を作曲する。特に『ピアノソナタ』はデュカスの代表曲であるだけでなく,「デュカスの中だけでなく、フランスピアノ音楽史史上最も野心的な作品」ともいわれている[1]。十分にレパートリー化されているとは言い難いものの,デュカスの弟子であるジャン・ユボーフランソワ=ルネ・デュシャーブル、最近でもマルカンドレ・アムラン、マーガレット・フィンガーハット等多くの演奏家が定期的に取り上げている。 1899年には彼の2度目のオペラ,『アリアーヌと青ひげ』の作曲に着手し,7年後に完成1907年に初演が行われた。『アリアーヌと青ひげ』は同じくメーテルリンクの戯曲が用いられるドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』と音楽的な類似性がある(また,デュカス自身も意図的にドビュッシーの作品からの引用をおこなっている。)。『アリアーヌと青ひげ』は多くの称賛とシェーンベルク等同時代の作曲家の関心を獲得した。デュカスの最後の主要な作品は,ロシア・バレエ団よって委託されたバレエ『ラ・ペリ』(1912)であった。 1916年にデュカスはスザンヌ・ぺレイア(1883〜1947)と結婚しスザンヌは1919年12月に娘のエイドリアン·テレーズを出産する。

晩年[編集]

晩年彼は,作曲の名教師としても知られるようになった。シャルル=マリー·ヴィドールが1927年にパリ音楽院での作曲科の教授を退任すると,デュカスは後任として任命され、また、パリのエコール·ノルマルでも教鞭を執った。 『ラ·ペリ』以後,シベリウスのように創作から離れていたが,1920年には1918年に亡くなった生涯の友、ドビュッシーへの追憶となる『牧神の遥かな嘆き』を,1924年には詩人のド・ロンサール生誕400周年を記念した『ロンサールのソネット』を作曲した。 1934年にデュカスはフランス学士院会員に選出され、翌1935年、69歳でパリにて永眠。パリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されている。

作曲年と作品[編集]

  • 舞台作品
    • 1907年 オペラ『アリアーヌと青ひげ』(Ariane et Barbe-Bleue, opéra)
    • 1911年 バレエ曲『ラ・ペリ』(La Péri, poème dansé pour orchestre)
    • 1912年 「ペリ」へのファンファーレ(金管楽器のみの編成。上記バレエ音楽の初演のために追加された音楽であり、バレエ音楽演奏時には同時に演奏されることが多い。ファンファーレ単独で演奏されることも多い)
  • 管弦楽曲
    • 1883年 序曲『リア王』(le Roi Lear, ouverture) - 現存せず。近年に序曲のみ発見され1995年に初演された。
    • 1884年 序曲『ゲッツ・フォン・ベルリヒンゲン』(Götz von Berlichingen, ouverture)
    • 1891年 序曲『ポリュークト』(Poleucte, ouverture) - 序曲のみ現存か。
    • 1896年 交響曲ハ長調(Symphonie en ut)
    • 1897年 交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』(L'Apprenti sorcier, scherzo symphonique)
  • 歌曲
    • 1909年 ヴォカリーズ・エチュード - アッラ・ギラーナ(Vocalise etude - Alla Gitana for voice and piano)
    • 1924年 ロンサールのソネット(Sonnet de Ronsard) - 詩人のド・ロンサール生誕400周年記念のための作品。
  • 大規模な声楽曲
    • 1882年 クリュテムネストラのアリア(Air de Clytemnestre, for voice and small orchestra)
    • 1884年 おしゃべり娘の歌(Chanson de Barberine, for soprano and orchestra)
    • 1884年 ミルトの祭典(La fête des Myrthes, for choir and orchestra)
    • 1884年 水の精と水夫(L'ondine et le pêcheur, for soprano and orchestra)
    • 1885年 カンタータ『エンデュミオン』(Endymion, cantata for three solo voices and orchestra)
    • 1886年 カンタータ『サウルの幻影』(La vision de Saül, cantata for three solo voices and orchestra)
    • 1887年 花(La fleur, for choir and orchestra)
    • 1888年 太陽の賛歌(Hymne au soleil, for choir and orchestra)
    • 1888年 カンタータ『ヴェレダ』(Velléda, cantata for three solo voices and orchestra )
    • 1889年 カンタータ『セメレ』(Sémélé, cantata for three solo voices and orchestra )
  • その他

苗字の発音について[編集]

1955年には、Dukas一族の友人からBBCの発音担当部署に「Paul Dukas自身がsを発音していた」と証言があったが[1]仏語での読み方にデュカ[dykɑ]とデュカース[dykɑːs]の両方があり、日本語でどう呼ぶべきかも意見が分かれる[2]

教え子[編集]

パリ音楽院でのデュカスの作曲クラス(1929年)。左後列2人不明、左前列よりピエール・マイヤール=ヴェルジェ、エルザ・バレーヌ、イヴォンヌ・デポルト、トニー・オーバン、ピエール・ルヴェル、ジョルジュ・ファーヴル、ポール・デュカス、ルネ・デュクロ、ジョルジュ・ユゴンモーリス・デュリュフレ。右前列椅子、クロード・アリュー、オリヴィエ・メシアン


脚注[編集]

外部リンク[編集]