ジャン・ラングレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・ラングレーJean Langlais, 1907年2月15日1991年5月8日)は、ブルターニュ出身のフランス作曲家ヴィルトゥオーゾオルガニストにして即興演奏の名手としても知られた。

略歴[編集]

モン・サン=ミシェルに近い、イル=エ=ヴィレーヌ県の小村ラ・フォントネルの出身。まだ2歳のときに失明する。上京して国立盲学校に入学し、パリオルガンの学習を始める。その後パリ音楽院に進み、オルガンをマルセル・デュプレに師事して受賞する。また、即興演奏をシャルル・トゥルヌミールアンドレ・マルシャルに、作曲をポール・デュカスに師事した。パリ音楽院卒業後に国立盲学校に戻って教鞭を執る。1961年から1976年まではスコラ・カントルムでも教壇に立った。

1945年に、セザール・フランクや恩師トゥルヌミールの前例に倣ってサント・クロチルド聖堂に教会オルガニストに着任したのを機に、1988年に勇退するまで音楽家としての名を揚げていった。演奏会オルガニストとしても引く手あまたで、欧米各地で幅広く演奏旅行を行なった。

私生活では、華やかで超人的な人柄で知られる。長年にわたって夫人と家政婦とで暮らし、夫人に先立たれると家政婦と再婚して、73歳で1子を儲けた。

1991年にパリにて他界。

2007年にラングレーの生誕100周年を記念して、英語版DVD『ジャン・ラングレーの生涯と音楽 Life and Music of Jean Langlais』が米国オルガニスト組合ロサンジェルス支部より発表された。

作品[編集]

ラングレーは多作家であり、作品番号にして254曲もの楽曲を創った。最初の作品はオルガン曲《前奏曲とフーガ》(1927年)であり、最後の曲もオルガン曲(《トリオ》(1990年))である。とりわけオルガン曲や宗教音楽の作曲家として知られるが、器楽曲室内楽曲も手懸けており、いくつか世俗音楽も遺した。

ラングレーの作曲様式は、自由な調性に基づく20世紀中葉のフランス音楽を代表するもので、豊かで複雑な和声法と、多旋法によっており、同胞のオリヴィエ・メシアンよりさらに調的である。最も有名な作品は、4声の《荘厳ミサ曲(Messe Solennelle)》などのミサ曲や、ピアノ曲《無窮動Mouvement perpétuel)》がある。

参考文献[編集]

  • Jean Langlais: The Man and His Music, by Ann Labounsky, Amadeus Press, 2000. ISBN 1-57467-054-9
  • Ombre et Lumière : Jean Langlais 1907-1991, by Marie-Louise Jaquet-Langlais, Paris: Éditions Combre, 1995. ISBN 2-9506073-2-2

外部リンク[編集]