フランシスコ・エスクデロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラウスにあるエスクデロ像

フランシスコ・エスクデーロFrancisco Escudero García de Goizueta, 1912年8月13日 - 2002年6月7日)は、スペイン作曲家

ギプスコア県サラウツ出身。サン・セバスティアンの音楽学校で学んだ後、マドリードに出てコンラード・デル・カンポに作曲を学んだ。その後、パリポール・デュカスポール・ル・フレムに師事し、さらにミュンヘンアルベール・ヴォルフに学んだ。

1937年、「牧歌的三重奏曲」で国家芸術賞を受賞。スペイン内戦中はフランスに逃れたが、内戦終結後スペインに戻った。

1945年ビルバオに移り住み、オーケストラと合唱団の音楽監督になった。1947年ピアノとオーケストラのための「バスク協奏曲」がファリャ・コンクールで一等賞を獲得した。1948年、故郷のサラウスに戻り、サン・セバスティアン音楽院の和声と作曲の教授となった。1957年交響詩「アランサス」などの作品に対し、国家音楽賞が贈られた。1960年、サン・セバスティアンでオーケストラを設立した。またオペラの分野でも成功を収め、再び国家音楽賞を受賞した。

その他の作品には「チェロ協奏曲」、「シンフォニア・サクラ」、ゲルニカ爆撃50周年を記念したオペラゲルニカ」などがある。

死後の2004年、サン・セバスティアン音楽院はフランシスコ・エスクデーロ音楽院と改名された。