ポリュークト (デュカス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

序曲ポリュークト』は、ポール・デュカスが作曲した演奏会用序曲。「ポリュクト」とも表記される。

概要[編集]

この演奏会用序曲は、デュカスが26歳のときの1891年に作曲された。作品の中では初期にあたるもので、ワーグナーフランクに影響を見せながらも、すでにデュカスの個性が表れている。初演は翌年の1892年11月23日に、パリラムルーの演奏会で行われた。

序曲は、キリスト教の信仰と異教徒の娘ポリーヌへの愛との間で悩みながらも、最終的にはキリスト教の信仰を告白して殉教するローマ人のポリュークト(またはポリュクト)を描いたコルネイユの悲劇に基づいている。この悲劇は、モデルとなったキリスト教の聖人伝に伝えられるポリュークト伝とは若干内容が異なっている。

編成[編集]

フルート2、オーボエ2、コーラングレクラリネット2、バスクラリネットファゴット3、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバティンパニハープ弦五部

構成[編集]

アンダンテ・ソステヌート-アレグロ・ノン・トロッポ・ヴィヴァーチェ

全体は5つの部分からなり、2つの主題に基づく変奏曲の形式をとっている。曲は宗教的熱情に溢れたヘ短調のアンダンテ・ソステヌートから始まり、続いて激しいアレグロ・ノン・トロッポ・ヴィヴァーチェではポリーヌに対する現世の熱烈な愛が描かれる。この2つの主題を基に曲は進み、荘厳さと静けさのうちに曲は閉じられる。演奏時間は約13分。

外部リンク[編集]