ルーツィヤ・ガルータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーツィヤ・ガルータラトビア語: Lūcija Garūta1902年5月14日 ロシア帝国 リガ生 - 1977年2月15日 ラトビア・ソビエト社会主義共和国 リガ没)[1]ラトビアのピアニスト、詩人、女性作曲家。作曲を、ラトビアでヤーセプス・ヴィートリス、パリでポール・デュカスなどに師事[2]。協奏曲でのピアニストとして活躍した。病気により、演奏家としてのキャリアを終え、作曲に転じた。

彼女の作曲に影響したものとして、フランス印象派音楽およびアレクサンドル・スクリャービンが挙げられる。オペラオラトリオカンタータ、交響詩3曲、ピアノ協奏曲、交響変奏曲、交響組曲、ピアノ三重奏曲、ピアノとオルガンのための曲など多くの作品がある。またラトビア民謡の編曲に加え、独唱曲、合唱曲も作曲している。[2]

彼女のカンタータ神よ、あなたの大地は燃えている!』(1943年、詩:アンドレイエス・エグリーティス[2])の初演録音は第二次世界大戦の戦火の中で行われたが、この録音には録音場所であるリガ教会の外での戦闘音が入っている[3]。初演は選抜された大規模な合唱団をTeodors Reitersが指揮した。ガルータはこの時、聖堂のパイプオルガンを演奏した。カンタータはソヴィエト政権時代には宗教的・民族的理由により再演が禁止されていたが、1990年、ラトビアの歌の祭典において、1万人の合唱団によって復活演奏された。

ガルータはソビエト時代のラトビアにとどまり、作曲を続けつつラトビア音楽院で学生を教え続けた。1977年に死去。

作品[編集]

  • 主要作品
    • 神よ、あなたの大地は燃えている! (ラトビア語: Dievs, tava zeme deg! 1943):ソリスト、合唱とオルガンのためのカンタータ
    • ピアノ協奏曲 (1952)
    • プレリュード(嬰ハ短調):ピアノ
    • プレリュード(ホ長調):ピアノ
    • Andante Tranquillo, piano trio in B
    • Meditācija (メディターツィヤ・瞑想2003):オルガン
  • 録音
    • Latvian Patriotic Cantatas, Audio CD (May 18, 1999), Riga Recording, ASIN: B00000J8QK
    • Dievs, tava zeme deg! (January 1, 2003) Baltic Records Group, ASIN: B000QZX3VM

脚注[編集]

  1. ^ Rožkalne, Anita; LU literatūras, folkloras un mākslas institūts (2003) (Latvian). Latviešu rakstniecība biogrāfijās.. Riga: Zinātne. ISBN 9984698483. OCLC 54799673. 
  2. ^ a b c 出典:吉田ラスマによる文 日本ラトビア音楽協会ニュース第12号掲載(PDF)
  3. ^ Strimple, Nick (2005). Choral Music in the Twentieth Century. 

外部リンク[編集]