ガブリエル・ピエルネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガブリエル・ピエルネ
Gabriel Pierné
}
基本情報
出生 1863年8月16日
フランスの旗 フランスメス
死没 1937年7月17日(満73歳没)
フランスの旗 フランス、Ploujean(フィニステール県
職業 作曲家指揮者

アンリ・コンスタン・ガブリエル・ピエルネ(Henri Constant Gabriel Pierné, 1863年8月16日1937年7月17日)はフランス作曲家指揮者印象主義的な和声感覚と師のジュール・マスネを思わせる平明で甘美なロマン派的作風の両方が見られる。現在では、代表作であるバレエ音楽『シダリーズと牧羊神』から「小牧神の入場」や、『鉛の兵隊の行進曲』など一部の曲が主として子供向けの音楽として知られるにとどまっている。

コロンヌ管弦楽団の指揮者として、ドビュッシーラヴェル(『ダフニスとクロエ』第1組曲)、ストラヴィンスキー(『火の鳥』)、ルーセルミヨーらの作品を多く初演した。コロンヌ管弦楽団を指揮した、シャブリエの狂詩曲「スペイン」やベルリオーズの劇的物語『ファウストの劫罰』から「妖精の踊り」などの録音が残されている。

略歴[編集]

  • ロレーヌ地方のメス(メッツ)に生まれる。父はメス音楽院の声楽科教師、母はピアノ教師という音楽一家であった。
  • 1880年、17歳のときパリ音楽院に入学。ジュール・マスネに作曲対位法を、セザール・フランクオルガンを師事。
  • 1882年、19歳でカンタータ『エディト』でローマ大賞を受賞。
  • 1890年にフランクが没すると、その後を継いで聖クロチルド教会のオルガニストとなる。
  • 1903年、コロンヌ管弦楽団の副指揮者。
  • 1910年、コロンヌ管弦楽団の常任指揮者。1934年までこの地位にあった。
  • 1937年、フランス最西部フィニステール県プルジャンに没す。

代表的作品[編集]

歌劇[編集]

  • 戯れに恋はすまじ(1910年初演)ほか全8曲

バレエ音楽[編集]

  • 『シダリーズと牧羊神』(1919年)
  • 『ミュージック・ホールの印象』(1927年初演)
  • 『旋回』(1934年初演)
  • 『イマージュ』(1935年初演)

付随音楽[編集]

  • 『ラムンチョ』(1907年)ほか全7曲

管弦楽曲[編集]

  • 『鉛の兵隊の行進曲』(ピアノ曲集「小さな友達のためのアルバム」組曲作品14第6曲 1887年)
  • 祝典序曲(1889年)
  • 宮廷バレエ(古い様式による踊り手のエール、1901年)
  • 『フランシスコ会の情景』(1920年)
  • 牧歌風の主題によるディベルティスメント(1931年)

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲 ハ短調 Op.12(1887年)
  • ハープと管弦楽のための小協奏曲 作品39(1901年)
  • 大聖堂(オルガンと管弦楽のための作品、1915年)

室内楽曲[編集]

  • 即興的幻想曲(ヴァイオリンピアノ 1883年)
  • セレナード(ヴァイオリン、ピアノ 1884年)
  • 子守歌(ヴァイオリン、ピアノ 1884年)
  • ヴァイオリン・ソナタ(フルート・ソナタへの編曲もある。1900年)
  • カンツォネッタ 作品19(クラリネットまたはサクソフォーン、ピアノ)
  • フルート・ソナタ 作品36(1909年)
  • ピアノ五重奏曲ホ短調 作品41(1919年)
  • チェロ・ソナタ嬰ヘ短調 作品46(1919年)
  • ピアノ三重奏曲 作品45(1920-21年)
  • 民謡風ロンドの主題による序奏と変奏(サクソフォーン四重奏 1930年)
  • 弦楽三重奏のための3つの小品(1932年)
  • 『愛する国への旅』作品51(フルート、ヴァイオリン、ヴィオラチェロハープのための自由な変奏とフィナーレ、1937年)

器楽曲[編集]

  • セレナード(ピアノ 1875年)
  • 間奏曲(ピアノ 1880年)
  • 15の小品(ピアノ 1883年)「無言歌」「おばあちゃんの歌」「幻燈」「葬送行進曲」「コケットリー」「前奏曲」「フーガ」「教会で」「活発なメヌエット」「石蹴り」「ブランコ」「かくれんぼ」「ワルツ」「アルバムの一葉」「タランテラ」
  • 即興的奇想曲 作品9(ハープ 1886年頃)
  • ピアノ曲集「小さな友達のためのアルバム」(第6曲「鉛の兵隊の行進曲」がとりわけ有名、管弦楽編曲でも親しまれている。1887年)
  • 3つの小品(オルガン 1893年)
  • 変奏曲(ピアノ 1918年)
  • パッサカリア 作品25(ピアノ 1932年)
  • 6つの小品(ピアノ 1835年)

声楽曲[編集]

  • カンタータ『エディト』(1882年)
  • オラトリオ『少年十字軍』(1902年)
  • オラトリオ『ベツレヘムの子どもたち』(1907年)

外部リンク[編集]