スペインの庭の夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響的印象スペインの庭の夜西語Noches en los Jardines de España)》は、マヌエル・デ・ファリャの作曲した独奏ピアノ管弦楽のための作品。そのように明記されてはいないものの、演奏形態としてはピアノ協奏曲に準じ、またジャンルとしては交響詩に分類されることもある。

作曲の経緯[編集]

ファリャがパリ滞在中の1909年に、親交があった同国人のピアニスト、リカルド・ビニェスに献呈するためのピアノ独奏曲《3つの夜想曲》として作曲が始められたが、ビニェスの示唆により、独奏ピアノと管弦楽のための楽曲に書き換えられた。完成したのはスペイン帰国後の1915年であり、作品はビニェスに献呈された。

パリ滞在中に作曲が進められたこともあって、ファリャの印象主義的な作風が示された作品となっており[1]、気だるさと躍動感を併せ持つ曲想は、ドビュッシーの《夜想曲》やラヴェルの《スペイン狂詩曲》の影響を伺わせる。

初演は1916年4月9日マドリード王立劇場において、エンリケ・フェルナンデス・アルボス指揮マドリード交響楽団と、ホセ・クビレスのピアノ独奏によって行われた。

楽器編成[編集]

ファリャは本作を「交響的印象」と呼んでおり、ピアノ・パートは洗練されて華麗で雄弁だが、めったに他パートを圧倒することはない。管弦楽は官能的な筆致で綴られている。

フルート3、ピッコロ1、オーボエ1、コーラングレ1、クラリネット2、ファゴット2、ホルン4、トランペット2、トロンボーン3、チューバ1、ティンパニシンバルトライアングルチェレスタハープ弦楽五部独奏ピアノ

楽章配置[編集]

以下の3楽章よりなり、全曲を通して平均24分ほどの長さである。

ヘネラリーフェにて(En el Generalife)

アランブラカリフハーレムの夏の離宮。ジャスミンの花香る夜のヘネラリーフェの花園。

はるかな踊り(Danza lejana)

場所はどこともつかないが、遠くで異国風の踊りが響く庭園。

コルドバの山の庭にて(En los jardines de la Sierra de Córdoba)

コルドバ山地の庭園。聖体祭の日にジプシーたちがつどって歌い踊る。

その他[編集]

第1楽章のクライマックスではワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』前奏曲冒頭、第2楽章の途中ではドビュッシーによって多用された全音音階の和音がそれぞれ引用されるなど、同時代の先輩作曲家たちの影響が所々に垣間見られる。

練習用ピアノ・リダクション楽譜は第2ピアノが連弾になっており、合計3人で弾く。

脚注[編集]

  1. ^ 『最新名曲解説全集6・管弦楽III』音楽之友社、1980年、248ページ

外部リンク[編集]