エルネスト・ブロッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルネスト・ブロッホと子供たち

エルネスト・ブロッホ(米語の発音ではアーネスト・ブラック)(Ernest Bloch, 1880年7月24日 - 1959年7月15日)はスイス出身のユダヤ人作曲家・音楽教師。アメリカ合衆国で活躍し、主に門弟を通じてアメリカにおける戦間期の新古典主義音楽の興隆を後押しした。

生涯[編集]

ジュネーヴに生まれ、ブリュッセル音楽院でウジェーヌ・イザイほかに師事。その後フランクフルトホーホ音楽学校にも学ぶ。1916年に渡米するまでヨーロッパ各地を転々とした。1924年に合衆国市民権を取得。教育者としてアメリカ各地の音楽学校から引く手あまたで、ジョージ・アンタイルロジャー・セッションズクインシー・ポーターらが門人にいる。1920年12月に、新設されたばかりのクリーブランド音楽学校の首席音楽監督に就任、1925年までその任を務める。その後、1930年代はほとんどスイスに帰省していたが、後にアメリカに戻った。オレゴン州ポートランドにて癌により永眠。

作品[編集]

歌劇《マクベス》(1910年)を含む初期作品は、新ドイツ楽派リヒャルト・シュトラウスや、フランス印象主義音楽ドビュッシーの両方からの影響を示している。最も有名な作品を含む成熟期の作品は、しばしばユダヤ教の典礼音楽や、ユダヤ人の民俗音楽を依り拠としている。この例が、チェロと管弦楽のための《シェロモSchelomo 》や《イスラエル交響曲Israel Symphony 》(以上1916年)、ヴァイオリン曲《バール・シェムBaal Schem 》(1923年)、バリトン独唱と合唱、管弦楽のための《聖なる典礼Avodath Hakodesh 》(1933年)にほかならない。ヨゼフ・シゲティのために作曲されたヴァイオリン協奏曲や、合唱つきの《アメリカ狂詩曲》もこの時期の作品である。

第二次世界大戦後の作品は、様式の上でより多様性がみられるが、本質的にロマン主義的な音楽語法は依然として残っている。《ヘブライ組曲Suite hébraïque 》(1950年)は相変わらずユダヤ的な題材を扱っている。《合奏協奏曲 第2番》(1952年)は、ロマン派的な和声法を踏まえながらも、バロック音楽の形式を用いることで、新古典主義への関心を強調している。後期の弦楽四重奏曲などでは、無調的な要素も見受けられる。

作品一覧[編集]

歌劇
  • マクベス(1909年)
交響曲
  • 交響曲嬰ハ短調(1902年)
  • イスラエル交響曲(1916年)
  • シンフォニア・ブレーヴェ(短編交響曲)(1953年)
  • 交響曲変ホ調 (1955年)
協奏曲・協奏的作品
  • ヘブライ狂詩曲「シェロモ」(1916年)
  • ヴィオラと管弦楽のための組曲 (1919年)
  • 交響詩「荒野の叫び」(1936年)
  • ヴァイオリン協奏曲 (1938年)
  • ヴァイオリンと管弦楽のための「バール・シェム」 (1939年)
  • 交響協奏曲 1948 Agate Beach
  • スケルツォ・ファンタスク 1948 Agate Beach
  • コンチェルティーノ 1950 Agate Beach
  • ヘブライ組曲(1951年)
  • トロンボーンと管弦楽のための交響曲(1954年)
  • プロクラメーション(1955年)
  • モーダル組曲(1956年)
  • 2つの最後の詩(1958年)
管弦楽曲
  • 交響詩「冬-春」
  • 3つのユダヤの詩(1913年)
  • 夜に - 管弦楽のための愛の詩 (1922年)
  • 海の詩(1922年)
  • エピック・ラプソディ「アメリカ」(1926年)
  • 交響詩「ヘルヴェティア」(1929年)
  • 交響組曲「エヴォカシオン」(1937年)
  • 交響組曲(1944年)
  • イン・メモリアム(1952年)
  • コンチェルト・グロッソ第1番(1925年)
  • コンチェルト・グロッソ第2番(1952年)
室内楽・器楽曲
  • 弦楽四重奏曲第1番(1916年)
  • 弦楽四重奏曲第2番(1945年)
  • 弦楽四重奏曲第3番(1952年)
  • 弦楽四重奏曲第4番(1953年)
  • 弦楽四重奏曲第5番(1956年)
  • ピアノ五重奏曲第1番(1923年)
  • ピアノ五重奏曲第2番(1957年)
  • 山にて(1925年)
  • 夜 (1925年)
  • 風景 (1925年)
  • 前奏曲 (1925年)
  • 弦楽四重奏のための2つの小品 (1950年)
  • 3つの夜想曲
  • ヴァイオリン・ソナタ第1番(1920年)
  • ヴァイオリン・ソナタ第2番 (1924年)
  • バール・シェム(1923年)
  • 異国風の夜(1924年)
  • 「アボダー」(1929年)
  • 「メロディー」(1929年)
  • ヴィオラとピアノのための組曲(1919年)
  • ヘブライ組曲(1951年)
  • 瞑想と行列(1951年)
  • ヘブライの瞑想曲(1951年)
  • ユダヤ人の生活から(1925年)
  • モーダル組曲(1956年)
ピアノ曲
  • 捧げもの (1914年)
  • 4つのサーカスの小品 (1922年)
  • 夜に(1922年)
  • 海の詩 (1922年)
  • 聖なる踊り (1923年)
  • セピア色の5つのスケッチ (1923年)
  • 子供らしさ-子供のための10の小品(1923年)
  • 涅槃(1923年)
  • ピアノソナタ (1935年)
  • 幻影と予言 (1935年)

外部リンク[編集]