ロジャー・セッションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロジャー・セッションズRoger Sessions, 1896年12月28日 - 1985年3月16日)は、アメリカ合衆国作曲家、音楽評論家、音楽教育者である。

生涯[編集]

作風[編集]

  • 1930年ころまでの作品は新古典主義風である。
  • 1930年から1950年ころまでの作品は複雑な和声が特徴となっている。

主要作品[編集]

  • 交響曲第1番 (1927)
  • The Black Maskers Orchestral Suite (1928)
  • ピアノソナタ第1番 (1930)
  • ヴァイオリン協奏曲 (1935)
  • 弦楽四重奏曲第1番」 (1936)
  • ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲 (1942)
  • 私の日記から (1940)
  • ピアノソナタ第2番 (1946)
  • 交響曲第2番 (1946)
  • The Trial of Lucullus (1947)(1幕からなるオペラ)
  • 弦楽四重奏曲第2番 (1951)
  • 独奏ヴァイオリンのためのソナタ (1953)
  • Idyll of Theocritus (1954)
  • ピアノ協奏曲 (1956)
  • 交響曲第3番 (1957)
  • 交響曲第4番 (1958)
  • 弦楽四重奏曲 (1958)
  • ディヴェルティメント (1959)
  • モンテスマ (1963)(3幕からなるオペラ)
  • 交響曲第5番 (1964)
  • ピアノソナタ第3番 (1965)
  • 交響曲第6番 (1966)
  • チェロのための6つの小品 (1966)
  • 交響曲第7番 (1967)
  • 交響曲第8番 (1968)
  • 管弦楽のための狂詩曲 (1970)
  • ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 (1971)
  • When Lilacs Last in the Dooryard Bloom’d (1971)
  • 室内管弦楽のための小協奏曲 (1972)
  • ピアノのための5つの小品 (1975)
  • 交響曲第9番 (1978)
  • 管弦楽のための協奏曲 (1981)
  • ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲 (1981)(未完)

教え子[編集]