カルタ遊び

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルタ遊び』(仏語:Jeu de Cartes 露語Игра в карты)は、イーゴリ・ストラヴィンスキーが作曲した全3場からなるバレエ音楽。『カード遊び』や『カード・ゲーム』(:Card Game)とも表記され、「3回勝負のバレエ」というサブタイトルが付けられている。作曲者の「新古典主義時代」に属する作品である。

1937年の初演後、同年にショット社より出版されている。

作曲の経緯と初演[編集]

このバレエ音楽はアメリカン・バレエ団[1]の支配人フェリックス・ウォーバーグFelix M. Warburg,ドイツ出身の銀行家)、及びリンカン・カースティンジョージ・バランシンの依頼により作曲されたものである。ストラヴィンスキーは、1929年にディアギレフの死没に伴いバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)が解散して以降、しばらくバレエ音楽の作曲から距離を置いていたが、先の依頼により再びバレエというジャンルに向き合うことになる。作曲は1936年6月に着手、オーケストラの総譜とピアノ譜の2種を同年12月6日に完成させた。

なお台本は当初作曲者とジャン・コクトーによる共作が持ち上がっていたが、コクトーがこれを断ったため、息子スリマの友人ニキタ・マライエフ[2]との共作になった。

1937年4月27日、作曲者の指揮とジョージ・バランシンの振り付けによるアメリカン・バレエ団によってニューヨークメトロポリタン歌劇場で行われた。

楽器編成[編集]

演奏時間[編集]

約22分(各ラウンド約5分、9分、8分)

構成[編集]

全体は3つの部分に分けられ、それらを通してトランプのポーカーをしている様子が描かれている。ダンサーはそれぞれトランプの模様をした衣装を付けて進められていく。ジョーカーやパスの踊りなども加わり、全体を一層多彩にして行き、最後にはディーラーの手が現われ、全てのカードを持ち去られる。また音楽(第3ラウンド)はレオ・ドリーブの『コッペリア』やロッシーニの『セビリアの理髪師序曲ヨハン・シュトラウスのワルツ、ベートーヴェンなどの作品がパロディ風に扱われている。

第1ラウンド(Première donne[編集]

  1. 序奏(Introduction) - アラ・ブレーヴェ(2分の2拍子)
  2. パ・ダクシオン(Pas d'action) - メノ・モッソ
  3. ジョーカーの踊り(Dance of the Joker) - ストリンジェンド(Stringendo[3]、4分の2拍子。
  4. ワルツWaltz) - トランクィッロ

第2ラウンド(Deuxième donne[編集]

  1. 序奏(Introduction) - アラ・ブレーヴェ
  2. ハートとスペードの行進曲(March) - 4分の4拍子
  3. クィーンの5つのヴァリアシオンとコーダ(Variation - Coda
  4. 行進曲Reprise of March
  5. 一同の踊り(Ensemble) - コン・モート

第3ラウンド(Troisième donne[編集]

  1. 序奏(Introduction) - アラ・ブレーヴェ
  2. ワルツ(Waltz) - 4分の3拍子
  3. スペードとハートの戦い(Battle between Spades and Hearts) - プレスト、2分の2拍子
  4. 結尾/ハートの勝利(Final Dance - Coda) - テンポ・デル・プリンチピオ

録音[編集]

バレエの録音は、ストラヴィンスキー自身の指揮、クリーヴランド管弦楽団による1964年の録音がある。ただしこれが最初のものではなく、それ以前の1952年ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮、フィルハーモニア管弦楽団(EMI)による録音が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 現在のニューヨーク・シティ・バレエ団の前身。メトロポリタン歌劇場の専属バレエ団であった。またアメリカン・バレエ・シアターとは異なる団体である。
  2. ^ 『作曲家別名曲解説ライブラリー25 ストラヴィンスキー』 p.71
  3. ^ 「ストリンジェンド」とはイタリア語で「次第に速く」を意味する。

参考資料[編集]