ナポレオン (日本のトランプゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナポレオン(napoleon)はトランプを用いて行うトリックテイキングゲームの一つ。日本で考案されたゲームである。名前と内容はイギリスのナポレオン(ナップ)に由来する[1]が、日本で独自に発展した別の遊びとして本稿で解説する。

ルール[編集]

日本のナポレオンには数多くのローカルルールがあり、ここであげるルールは数あるルールの一つに過ぎない。後の項で他のローカルルールについても触れる。ナポレオンはトリックテイキングゲームの一つであるポイントトリックゲームに属するので、当該項目を読んでおくと理解しやすい。

人数[編集]

4~6人。5人が最適なので、以下では参加人数が5人の場合に関し説明をする。

使用するカード[編集]

一組52枚。これにジョーカーを加えた53枚でプレイする事が多いが、簡単の為、まずはジョーカーの無いルールを説明する。

概要[編集]

このゲームは「ナポレオン」と「副官」からなるナポレオン軍と残りの人達からなる連合軍の2チームによる絵札の争奪戦で、絵札一枚につき1点が入る。ただしこのゲームではK, Q, JのみならずAと10も「絵札」とみなされる。以下絵札といったら4枚ずつあるA, K, Q, J, 10の計20枚を指すものとする。(注:A, K, Q, J, 10の20枚は正しくはアナー・カード(価値あるカード)というが、日本では絵札という呼称が定着している。)

カードが配られたら、「競り」と「副官指定」を行う事で、誰がナポレオンになるか、誰が副官になるかを決める。競りでは各プレイヤーは自分が何枚の絵札を取るか(とプラスアルファ)を宣言し、最高の宣言をした人がナポレオンになる。次にナポレオンは副官指定カードを宣言し、副官指定カードを持っている人が(強制的に)副官になる。

この後トリックテイキングルールに従って絵札の争奪戦が行われる。詳細は後述。

ナポレオン軍の目標は、ナポレオンが宣言した枚数だけ絵札を取る事で、連合軍の目標はそれを阻止する事である。ナポレオンと副官が取った絵札の合計枚数がナポレオンの宣言以上であればナポレオン軍の勝ちで、そうでなければ連合軍の勝ちである。

このゲームの最大の醍醐味のひとつは、副官をめぐる駆け引きにある。副官は副官指定カードによって決められるが、副官指定カードを持っている人(=副官)は、自分が副官である事を皆に明かす必要は無い。したがって誰が副官であるかは連合軍にはもちろんナポレオンにすら分からない。したがって誰が副官であるかを推理して味方に絵札を獲得させる、副官が誰であるかを暴く、副官が連合軍に悟られないようにナポレオンをアシストするなど、様々な戦術があり得る。

また、連合軍に属するプレイヤーは味方同士であるが、だからといって自分たちの札を見せあったり、教えあったりしてはならない。彼らができるのはあくまで、プレイを通した以心伝心の協力だけである。ナポレオン軍も同様。

ゲームの流れ[編集]

このゲームは以下の5つのフェーズからなる。

  1. 配札:札を配る。
  2. 競り:プレイヤーの宣言によってナポレオンと切り札スート(後述)を決める。
  3. 副官指名:副官を決める。
  4. カード交換:ナポレオンが不要なカードを場札と交換する。
  5. プレイ:絵札の争奪戦を行う。

ここで切り札スートとは、上記の「プレイ」の段階において、そのスートの札が他のスートの札よりも強いものとして扱われるスートの事である。詳しくはプレイを解説する際に説明する。

プレイが終了した段階でナポレオン軍が自身の宣言を守れていたら、ナポレオン軍の勝ちである。

配札[編集]

裏向きに1人10枚ずつカードを配る。残りの2枚は裏向きに伏せて中央に置いておく。配りおえたら各プレイヤーは自分のカードを見てよい。

競り[編集]

配り終えたら、競りを行う。競りの目的は、ナポレオンと切り札スートを決める事である。

競りの詳細は以下の通りである。前回のゲームのナポレオン(ルールによってはカードを配った人の左隣り)から順に時計回りで何周も競りを行う。

各プレイヤーは自分の番がきたら、「ハートで12枚」のような宣言をするか、もしくはパスする。「ハートで12枚」という宣言は「自分がナポレオンになったら、ハートを切り札スートにして12枚の絵札を(ナポレオンと副官の合計で)獲得する」という意味であり、スートも枚数も自分が好きなものを選んでよい。一方「パス」は「自信が無いのでナポレオンになるのをあきらめる」という意味である。

宣言には強さがあり、枚数が大きい宣言の方が強い。同じ枚数の宣言であれば、\spadesuit\heartsuit\diamondsuit\clubsuitの順(ブリッジ・オーダー)に強い。例えば\spadesuitで12枚取るという宣言は、\diamondsuitで12枚取るという宣言よりも強い。

最高の宣言は「スペードで20枚」である。(注:ここでいうスート間の順位は、競りの段階においてのみ適用され、実際にカードをプレイする段階では適用されない。)

競りは時計回りで何周も続く。パス以外に新たな宣言をする場合、これまでに出た(自分もしくは他人の)どの宣言よりも高い宣言をしなければならない。一度宣言してみたものの、一周する間に他の人が宣言をつり上げていたら、前の周の宣言を撤回して(自分もしくは他人のどの宣言よりも)さらに高い宣言をしてもよい。

最高の宣言をした人以外の全ての人がパスしたら、競りは終了で、最高の宣言をしたプレイヤーがナポレオンになり、宣言したスートが切り札になる。なお、競りを始めてみたものの、誰一人宣言せずに全員がパスした場合はゲームは「流れて」しまい、カードを配り直してゼロからやり直す。

ナポレオンの目標は宣言を守る事で、副官とあわせて宣言以上の枚数を取らねばならない。なお競りでは最高の宣言のみが有効で、他の宣言は忘れられる。 すなわち、ナポレオンになれなかった人は「11枚」と宣言したからといって11枚取る必要は無い。また副官の宣言も忘れられる。副官は自分の宣言は守らなくてもよい代わりに、ナポレオンの宣言を(ナポレオンと副官の合計で)守らねばならない。

なお、事前に獲得宣言枚数の最低限度を決めておくことが多い。例えば最低11枚(=過半数)と決めておいた場合、各プレイヤーは10枚以下の宣言をすることはできない。

ナポレオンになる意思がないにも関わらず、戦略上何らかの宣言をしてもよい。この宣言の結果、他の人はこれより高い宣言を強いられる事になる。従って他の人がこれ以降何らかの宣言してナポレオンになってくれさえいれば、そのナポレオンに苦戦を強いる事ができる。しかしもちろん、これ以降誰も宣言してくれなくて意に反して自分がナポレオンになってしまうこともありうる。

副官指名[編集]

競りが完了したら、ナポレオンは任意のカードを1枚宣言する。そのカードを持っている者が副官となり、指定されたカードを副官指定カードという。

一般的に、ナポレオンは自分が持っていないカードの中でもっとも強いカードを副官指定カードにすることが多いがこれは義務ではなく、戦略上あえて弱いカードを選んでもよい。なお、副官指定カードとして後述する役札や切り札を選んでもよい。再記になるが、副官は自分が副官である事を皆に明かす必要は無い

なお、副官指定カードをナポレオンが持っていた場合は、ナポレオンが副官を兼ね、他のプレイヤー全員が連合軍となる。手札が極めて強い場合は、勝利を独占するために初めから自分が持っているカードを指定することもできる。

カード交換[編集]

副官を指定したら、ナポレオンは余っていた2枚のカードを取り、不要なカードを2枚裏向きに捨てることができる。捨てるのは取ったカードでも構わないし、絵札や役札を捨てても構わない。捨てたカードは以後ゲームでは使わない。捨てたカードに絵札が含まれる場合は公開し、ゲーム終了時に連合軍の得点として加算される。

なお、このとき余ったカードの中に副官指定カードが入っていることがある。この場合、副官指定カードを捨てたとしてもナポレオンが副官を兼ねることになる。「副官指定後にカード交換」というルールなので、このような運の悪いケースも起こり得る。ただし「カード交換後の副官指定」というルールを許容する人もいる。


カードの強さ[編集]

カード交換が終わったら実際にカードをプレイし、絵札の争奪戦を行う。この際のカードの強さは以下の順に従う。下にいくほど弱い。なお、ここで切り札とは切り札スートの札の事である。

  1. スペードのA(スペキュレーション、オールマイティ、あるいは略してマイティ)
  2. 切り札のJ(表ジャック、正ジャック、正ジャとも。)
  3. 切り札と同じ色のもう1枚のJ(裏ジャック、裏ジャとも。)
  4. 切り札(A, K, Q, 10, ..., 2の順に強い)
  5. リード(後述)と同じスート(A, K, Q, J, 10, ..., 2の順に強い)
  6. その他

例えば、切り札がハートならダイヤのJが裏ジャック、切り札がクラブならスペードのJが裏ジャックになる。「その他」に属するカードが勝つ事はないので、「その他」に属するカード同士の強さの順番を気にする必要はない。

上記リストの1.~3.のカードを役札と言う。

手札のプレイ[編集]

ここからは普通のトリックテイキングゲームと同じルールである。詳細はトリックテイキングゲームの項目を参照。

プレイヤー達はトリックと呼ばれる小ゲームを何度も繰り返す。

各トリックでは、まず定められたプレイヤーが場に任意のカードを一枚出し(この札を台札といい、台札を出す行為をリードするという)、以後左回りに他のプレイヤーが順番に一枚ずつ札を出す。

このとき、リード以外のプレイヤーは、リードと同じスートのカードがもしある場合は、出すカードをそれらの中から選ばねばならない。リードと同じスートのカードがない場合は、どの札を出してもよい。

全員が一枚ずつ札を出すと、そのトリックは終了となる。最も強い札を出したプレイヤーがそのトリックの勝者になる。場に出された札は、後のトリックでは使用しない。

場に出された札の中に絵札が入っていた場合、その絵札はすべてトリックの勝者が獲得する。トリックの勝者はこれらの絵札を、手札と混ざらないように、自分のそばに表向きのまま置いておく。絵札以外は場の隅にまとめて置いておく。

トリックの勝者が次のトリックのリードを行なう。なお、最初のトリックのリード(オープニング・リード)はナポレオンが行なう。

最後に誤解されやすい部分を強調しておく。このゲームの目的はあくまでも絵札を取る事であり、トリックに勝利する事はその為の手段に過ぎない。したがってたとえトリックに勝利したとしても、トリック中に絵札が出ていなければ、1点も獲得する事はできない

またカードの出し方に関するルールは役札や切り札や副官指定カードであっても例外ではない。したがってたとえ役札や切り札や副官指定カードでもリードと同一スートならば必ず出さなければならない。逆に言えば、リードと同一スートのカードがある限り、その他のスートの札はたとえ役札や切り札や副官指定カードでも出す事はできない。(もちろん役札や切り札や副官指定カードがリードと同一スートであれば出す事は可能。)リードと同じスートのカードがない場合は、(役札や切り札や副官指定カードを含め)どの札を出してもよい。

また誤解されがちだが、役札や切り札や副官指定カードをリードしてもよい。この場合もルールは通常と同様である。すなわち、リード以外のプレイヤーは、リードと同じスートのカードがもしある場合は出すカードをそれらの中から選ばねばならないし、ない場合はどの札を出してもよい。

またスペキュレーションや裏ジャックは通常の札より強い特殊な札であるが、カードの出し方は通常のルールに従う。例えばスペキュレーションは、あくまでスペードの札として扱う。スペードの札がリードされた時手札にスペキュレーションしかなければスペキュレーションを出さねばならないし、ハートの札がリードされてハートの札を持っているのにスペキュレーションを出す事はできない。(注:ナポレオンは例外的なゲームで、他の一般的なトリックテイキングゲームでは役札が切り札スートに属する)

勝敗[編集]

全員の手札が全て無くなった時点、つまり10回のトリックが終わった時点でゲームは終了となる。

ナポレオン軍(ナポレオンと副官)が獲得した絵札の合計が、競りにおける宣言枚数以上であればナポレオン軍の勝利、1枚でも足りなければ連合軍の勝利である。

プレイヤーの人数が4人の時[編集]

各人に12枚ずつ配り、残りの4枚を裏向きに伏せて中央に置いておく。競りが終わったらナポレオンは場の4枚を取り、不必要な4枚を表向きに捨てる。他のルールは5人の場合と同様。なお、上述のルールの場合、交換枚数が多すぎる事、連合軍が2人しかいない事などでナポレオンが有利になりすぎる傾向にある上、1回辺りのトリック数が多くなりすぎる傾向にあるので、事前に2や3などの低い札を何枚か抜く事で中央の札の枚数を2枚にし、トリック数も10になるよう調整するローカルルールもある。(セイムツー・ルール(後述)を採用している場合は2のみ残し3や4の札を抜く。)

オプショナル・ルール[編集]

トランプゲームの中でもナポレオンは特にローカルルールが多いゲームである。ナポレオンはもともとルールが複雑であるが、ローカルルールを付け加える事でさらに複雑になり、しかもプレイヤー毎に知っているルールが違うという問題が生じてしまう。

この為松田道弘は「トランプのたのしみ」で、

  • ジョーカーを使わない事
  • セイムツー・ルール(後述)を採用しない事
  • 役札を全て廃止する事

を提案している。

そこで本稿でもこれまでジョーカーとセイムツーの無いルールを説明してきたが、オプショナル・ルールとしてジョーカーとセイムツーについても触れる。

ジョーカーに関するルール[編集]

ジョーカーに関するルールには様々なものがあるが、一例として、ジョーカーをスペキュレーションよりも強い役札とみなす、というものがある。なおジョーカーは切り札スートに属すものとみなす。よって切り札がリードされたらジョーカーを出せるし、ジョーカーをリードしたら他の人は切り札を出さねばならない。

またジョーカーは絵札と違い、0点の札である。

なおジョーカーをいれる場合も、各人の手札は10枚で、中央の裏向きの札が3枚に増える。ナポレオンになったプレイヤーは中央の3枚を取って、任意の3枚と交換する。

ジョーカーに関する他のルールとして例えば次のようなものがある。

  • ジョーカーよりもスペキュレーションの方が強い。
  • そもそもジョーカーを使わない。
  • ジョーカーはワイルドカードで、様々なカードの代わりになる。
  • ジョーカーは自分の番ならいつでも出せる。ジョーカーをリードする事を切り札請求と呼び、ジョーカーがリードされたら切り札を持っているプレイヤーは全員切り札を出さねばならない。(残りの人は任意の札を出してよい)。しかしジョーカーは(ジョーカーがリードされた場合もそうでない場合も)どのカードよりも弱いため勝つ事はできない。
  • ジョーカーはリードの場合にスペキュレーションの次に強く、リードでない場合最弱。
  • ジョーカーをリードする場合、請求するスートを指定することができる。
  • ジョーカーは単なるパス札とする。ジョーカーがリードされた場合は、次のプレイヤーが出したカードがリードとなる。
  • 5人以上でプレーする際は、ジョーカーを2枚使用する(上記のルールよりもナポレオンの交換カードが1枚増える)
  • ジョーカーは場の初め(親)が出した場合のみ、マイティ、正ジャック、裏ジャックに次ぐ4番目の強さとなり、またその場のスートを任意で宣言できる。


セイムツー[編集]

セイムツー(セイム2)は以下のようなルールである。

  • トリックの5枚のカードが全て同じスートのとき、その中に2があれば2を出したプレイヤーを当該トリックの勝者とする。そうでなければ通常通りの方法でトリックの勝者を決める。

ただし5枚の中に役札が入っていた場合、セイムツーが勝つのか役札が勝つのかはローカル・ルールによる。

得点(一例)[編集]

ローカルルールによっては各自の得点をつける事もある。

例えば以下のルールで得点をつける:

例1
得点のつけ方(例)
  ナポレオン軍の勝利 連合軍の勝利
ナポレオン軍も1枚以上獲得 連合軍が20枚獲得
ナポレオン (副官ありの場合) +2 -2 -4
ナポレオン (副官なしの場合) +4 -4 -8
副官 +1 -1 -2
連合軍 -1 +1 +2
例2
連合軍の場合
(宣言した枚数)-(宣言の最低枚数-1)
ナポレオンの場合
(連合軍の得点)×(連合軍の人数)÷3×2の値を四捨五入する
副官の場合
(連合軍の得点)×(連合軍の人数)÷3の値を四捨五入する

その他のローカルルール[編集]

カードの強弱に関するローカルルール[編集]

役札に関するローカルルール[編集]
  • リードがスペードであっても、スペキュレーションは出さなくてもよい。逆に、リードがスペードでなくても、スペキュレーションはいつでも出せる。つまり、スペキュレーションをどのスートにも属さない超越的なカードとするルール。
  • 最初と最後のトリック(またはいずれか一方)においては、役札を無効とする。この場合でも、スペキュレーションだけは有効とすることがある。
  • よろめきスペキュレーションキラー、あるいは単にキラーとも) : スペキュレーションとハートのQ(ローカルルールによってはクラブの4)が同トリックに出た場合は、ハートのQの勝ちとするもの。ジョーカーに対して適用することもある。スペキュレーションキラーは、スペキュレーションと同トリックに出なかった場合は、単なるハートのQとして扱う。
    • よろめき返しよろめき返し返し :よろめき返しとは、よろめきとしてハートのQが出て、さらに同トリック中にハートのKが出た場合にハートのKを勝ちとするもの。よろめき返し返しとは、その条件下でさらにハートのAが出ると、ハートのAを勝ちとするもの。
  • 高度なよろめき

マイティ(スペードA)キラーがハートのQ、正ジャックキラーがダイヤのQ、裏ジャックキラーがクラブのQとするルール。併せて、スペードのQをキラーの横取りとし、キラーに成功したトリックでスペードのQを出した場合、スペードのQが強い。なお、キラーが成功した場合の強さ、およびそれを横取る場合の強さは、元の役札の強さと同等なので、例えば正ジャックをダイヤのQでキラーに成功したトリックでマイティが出されれば、マイティがキラーに関係なく強い。 このローカルルールにより、例えばダイヤを切札にすると正ジャックと正ジャックキラーが同じダイヤなのでキラーされやすくなり、スペードを切札にすると裏ジャックと裏ジャックキラーが同じクラブでキラーされやすくなる。また、ナポレオンがマイティを副官に指名した場合で、マイティキラーの発動の保険としてナポレオンがスペードのQを出すなど、高度な戦略を要するようになる。同時に、連合軍側はキラーを使う機会が増えるので、切札や役札がなくても何らかのQを持っているとキラーを使う楽しみが増えるので、しらけるゲームが減る効果も期待できる。

  • ジョーカー請求 : クラブの3をリードした場合、ジョーカーを持っているプレイヤーはジョーカーを出さなければならない。(他のプレイヤーは通常のルールに従って札を出す。)
  • 裏切り : 副官がクラブの10を持っている場合に、そのクラブの10を出す際にナポレオンを裏切り、連合軍側につくことができるというもの。
    • ナポレオンによる裏切り : ナポレオンがクラブの10に加え全てのジョーカー持っている場合に、ナポレオン自身が副官を裏切り連合軍側につくことができるというもの。これらカードのいずれかを出すまでの間にこれらを提示して裏切りを宣言する。これが起こると副官が勝てる確率は殆どなくなるため、ジョーカーを複数枚入れてゲームを行うときのみに適用されることが多い。
  • 裏ジャックと表ジャックの強弱を逆とする。
カード交換に関するローカルルール[編集]

ナポレオンはプレイ開始直前に場の札を取り、不要なものを捨てるが、ナポレオンが絵札を捨てた場合に対して以下のローカルルールがある。

  • 5人の場合は2枚のうち2枚を。4人の場合は4枚のうち2枚を交換できる。
  • 交換したカードの公開、非公開。
  • 必ずしも2枚交換する必要はなく、1枚でも0枚でもいい。(その場合の、ナポレオンが選択しなかったカードの公開、非公開。)
  • 捨てたカードに含まれる絵札は最初のトリックを取った人の物になる。
  • ゲーム終了時にナポレオンの得点に加算される。
  • 誰のものにもならず無視される。
  • ナポレオンが任意のプレイヤーに与える。
  • そもそも絵札を捨ててはならない。
  • 遊ぶ人数で割り切れるように前もって枚数を調節して(4人の場合は52枚、5人の場合は50枚というように)弱い札を除くので、最初からカードを交換しない。
セイムツーに関するローカルルール[編集]
  • 最初と最後のトリック(またはいずれか一方のみ)は、セイムツーを無効とする。
  • 切り札だけはセイムツーを無効とする。
  • セイムツーと役札の関係については、
    • セイムツーよりも役札のほうが強く、例え5枚のカードが全て同じスートでも、その中に役札があれば役札が勝つ
    • セイムツーはスペキュレーションを含むすべてのカードより強い
    • スペキュレーションよりは弱いが、他の役札よりは強い
などがある。なお、人数によってセイムツーが成立する難易度が異なるため、
    • 4人;表J>裏J>セイムツー
    • 5人;表J>セイムツー>裏J
    • 6人;スペキュレーション>セイムツー>表J>裏J
などと強さを調整するルールもある。

競りに関するローカルルール[編集]

競りで全員がパスをした場合に関するローカルルール[編集]
  • 中央のふせられている札の1枚をディーラーが表にし、そのスートのJを持っている者がナポレオンとなる。該当者がいない場合にはもう1枚表にする。3枚とも表にしても該当者がいない場合はカードを配り直す。
  • ディーラーは最初に必ず宣言をしなければならない。
  • 中央のふせられている札を表にし、それから競りを続ける。それでも誰も宣言しなかった場合はカードを配り直す。
  • スペキュレーションを持っている者がスペード13枚で名乗り出る。
その他[編集]
  • 時計周りに競りをしない。早いもの順。
  • 一度でもパスした人は競りから「降りた」とみなされ、以後は競りの間中、全てパスを宣言しなければならない。
  • 切り札を指定しない宣言ができる。これをノートランプ(略称:ノートラ)とよぶ。同じ枚数での競りの場合、ノートラは全てのスートより優先される。
  • 役札ではない最弱のカード、3を絵札にする。絵札の枚数は24枚になる。(3でとれるトリックは殆ど無いため、戦略的に難しくなる。)

勝敗に関するローカルルール[編集]

  • ナポレオン軍が20枚の絵札を全て集めてしまった場合は、ナポレオン軍の負け。(革命という。)
    • ただしナポレオンが競りの段階で20枚と宣言していた場合に限り、20枚集めてもナポレオン軍の勝ち。(「シベリア」「ルーマニア」「オスマン」などと呼ぶ人もいる)
  • ナポレオン軍が20枚の絵札を集めた場合も、ナポレオン軍の勝ち。(「パーフェクト」「完全勝利」「凱旋」などと呼ぶ)

オープニング・リード(=1トリック目のリード)に関するローカルルール[編集]

  • オープニング・リードは切り札スート以外でなければならない。
  • オープニング・リードに限り、セイムツーは適用されない。

歴史[編集]

元々、この遊びはイギリスのトランプゲーム「ナポレオン(ナップ)」が原型であり、日本でもその遊びのローカルルールなどが伝えられ、独自に派生していった。 1907年(明治40年)に書かれた書物「世界遊戯法大全」にNapoleon,or Napの和訳として「ナポレヲン」の名で紹介されている。 その中では

これは人数の多いほうが良い。まず銘々に札を分配してこれを調べ絵札が何枚取れるかこれを言い出て、その一番多いものをナポレオンとし他のものは連合としてこれに掛っていくので、ナポレオンは取ろうとする、他の者は取らすまいとする、中々の勇壮である。宣言した丈の数か又それ以上取ればナポレオンの勝ち、それ以下なれば連合軍の勝ちとなるので。遊び方は前項の絵取りと少しも変わらない。

と紹介されている。この解説文の中の「前項の絵取り」とはホイストを指す。(正確には後述するホイストのローカルである「絵取り」という遊び)

上記のルールで現在の日本のナポレオンとの大きな違いは、ナポレオン軍の概念が無いこととセイムツーやジャック・ジョーカーなどのルールが存在しないことである。

ホイスト[編集]

ナポレオンは、イギリスのゲームホイストの子孫である。ホイストはコントラクト・ブリッジの先祖に当たるゲームで、4人でプレイするゲームで、向かい側の人とパートナーを組む。全員に13枚ずつカードを配り、トリックテイキングゲームを行う。より多くのトリックを取ったチームに、(取ったトリック数-6)点が入る。ホイストには宣言、副官、役札などの複雑なルールは無い。

絵取り[編集]

ホイストが日本に入ってきた段階で絵取りというゲームに変化した。(海外のホイストのローカルルールでもある。)絵取りもやはり4人で行なうトリックテイキングゲームであるが、ホイストとは異なり絵札(もしくはA)を数多く取る事がゲームの目標である。

絵取りも初期の頃には向かい側の人とパートナーを組んで行なっていたが、次第にパートナーシップを組むルールは忘れられ、4人が別々に争うルールへと変化していった。

ナポレオンやツー・テン・ジャックはこの絵取りをベースにして作られたゲームである。

ファイブハンドレッドの影響(表ジャック、裏ジャック、副官)[編集]

絵取りがナポレオンに変容する際最も大きな影響を与えたのは、ユーカーおよびその変形のファイブハンドレッドというゲームである。後者はアメリカのUSプレイングカードカンパニー社が作ったゲームで、オーストラリアの国民的ゲームである。

表ジャック、裏ジャックはファイブハンドレッドのレフトバウアーライトバウアーのと呼ばれるスーパートランプ(役札)から来ている。ナポレオンにおける表ジャック、裏ジャックと同じく、レフトバウアーは切り札スートのジャックであり、ライトバウアーは切り札スートと同色のスートのジャックである。

なお、ライトバウアーと裏ジャックとでは所属スートが異なる。ライトバウアーは必ず切り札スートに属する。例えば\diamondsuitJがライトバウアーのとき、\diamondsuitJは本来の所属スートである\diamondsuitではなく切り札スートである\heartsuitのカードとして取り扱われる。

それに対しナポレオンの裏ジャックの場合、裏ジャックはもとのスートに属し、裏ジャックが\diamondsuitJなら、裏ジャックは\diamondsuitに属する。

ファイブハンドレッドはプレイヤーの人数によってルールが変化するゲームであるが、ファイブハンドレッドを5人で行なう場合には、副官のルールがある。副官のルールはかなり珍しいルールで、このルールを採用しているゲームはファイブハンドレッドと日本のナポレオンくらいしかないので、おそらく副官のルールもファイブハンドレッドからきたものと思われる。

スペキュレーション[編集]

スペインやポルトガルの多くのゲーム(例えばオンブル)では、\spadesuitAはスパディールと呼ばれるスーパートランプ(役札)である。この為スペキュレーションのルールはスペインやポルトガルのゲームのいずれかから導入されたルールである可能性が高い。

宣言[編集]

ファイブハンドレッドやイギリスのナポレオンはもちろんビディング(宣言)のルールを採用しているゲームは数多い為、どのゲームから宣言のルールが入り込んだのかを特定するのは難しい。

ナポレオンを収録したゲームソフト[編集]

セガ[編集]

あつまれ!ぐるぐる温泉
1999年9月23日発売(日本国内のみ)。ドリームキャスト用ソフト。
日本のナポレオンが収録されており、モデムを利用したオンライン対戦が可能だった。
あつまれ!ぐるぐる温泉BB
2000年10月31日発売(日本国内のみ)。ドリームキャスト用ソフト。
「あつまれ!ぐるぐる温泉」のブロードバンドアダプタ対応版。
ぐるぐる温泉3
2002年3月14日発売(日本国内のみ)。ドリームキャスト用ソフト。
日本のナポレオンが収録されており、「大ぐるぐる温泉」とハードの垣根を越えたオンライン対戦が可能だった。
大ぐるぐる温泉
2002年10月31日発売(日本国内のみ)。PlayStation 2用ソフト。
日本のナポレオンが収録されており、「ぐるぐる温泉3」とハードの垣根を越えたオンライン対戦が可能だった。

なお、すべてのオンライン対戦サービスはすでに終了しており、現在はオフラインでのプレイのみ可能。

任天堂[編集]

だれでもアソビ大全
2005年11月3日発売(日本国内のみ)。ニンテンドーDS用ソフト。
イギリスのナポレオン(ナップ)・日本のナポレオンの両方が収録されている。
Wi-Fi対応世界のだれでもアソビ大全
2007年4月13日発売(日本国内のみ)。ニンテンドーDS用ソフト。
『だれでもアソビ大全』の一部の収録ゲーム(7本)を変更し、ニンテンドーWi-Fiコネクションに対応している。このソフトでは、「日本のナポレオン」は収録ゲームからはずされているが、「イギリスのナポレオン(ナップ)」は、こちらでも収録されている。

その他[編集]

ナポレオン ラヴァート大決戦
アルテイルネットの1コンテンツ。
対人戦も可能なオンラインゲーム。
SDIN無料ゲーム
対人戦も可能なオンラインゲーム。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博文館「世界遊戯法大全」松浦政泰1907年

関連項目[編集]