スート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スート (英語: suit) とは、トランプ、あるいはタロット小アルカナに書かれているマークの事。スーツとも呼ぶ。近代以前の日本で行われた天正かるたうんすんカルタなどでは「紋標(もんじるし)」と呼ばれることがある。

概要[編集]

日本で使われているフランス式(英米式)のトランプの場合

の4つのスートがある。このうちハートとダイヤモンドが赤で描かれており、スペードとクラブが黒で描かれている。クラブはしばしばクローバーとも呼ばれる。日本以外の各国のトランプのスートについてはトランプを参照。

占いに使われるタロットの小アルカナによって日本で知られているスートは、ラテンスタイルと呼ばれるもので、

の4つのスートがある。フランス式のスートとは異なり、各スートの記号は特定の色で描かれることがないのが通例である。なお、ゲーム用に使われる現代のタロットのスートはトランプと同じになっている。

対応表[編集]

馬弔 万子 文銭(筒子) 索子 十字
アラブ式スート カップ 貨幣 ポロスティック
ラテン式スート カップ
Suit Coppe.svg    Seme coppe carte napoletane.svg    Seme coppe carte spagnole.svg    Seme coppe carte bergamasche.svg
貨幣
Suit Denari.svg   Seme denari carte napoletane.svg   Seme denari carte spagnole.svg   Seme denari carte bergamasche.svg
棍棒
Suit Bastoni.svg    Seme bastoni carte napoletane.svg    Seme bastoni carte spagnole.svg    Seme bastoni carte bergamasche.svg

Suit Spade.svg    Seme spade carte napoletane.svg    Seme spade carte spagnole.svg    Seme spade carte bergamasche.svg
スイス式スート バラ
RosendeutschschweizerBlatt.svg

SchellendeutschschweizerBlatt.svg
ドングリ
EichelndeutschschweizerBlatt.svg

SchiltendeutschschweizerBlatt.svg
ドイツ式スート ハート
Bay herz.svg

Bay schellen.svg
ドングリ
Bay eichel.svg
木の葉
Bay gras.svg
フランス式スート ハート
SuitHearts.svg
ダイヤ
SuitDiamonds.svg
クラブ
SuitClubs.svg
スペード
SuitSpades.svg

スートの順位[編集]

トランプのスートのうち、どれが一番強いかは一般的には決まっていない。しかし、ゲームによっては順位を決めているものもある。

  • コントラクトブリッジのビッドにおいてはクラブ < ダイヤ < ハート < スペードの順(偶然だが、英語のスート名のアルファベット順になっている)。
  • ファイブハンドレッドプレフェランスではスペード < クラブ < ダイヤ < ハートの順。
  • スカートではダイヤ < ハート < スペード < クラブ(鈴 < ハート < 木の葉 < ドングリ)の順。
  • 中国の多くのゲーム(鋤大Dなど)ではダイヤ < クラブ < ハート < スペードの順。

スートの色[編集]

4色スートのトランプ

トランプのスートの色のうち、ハートは心臓を意味するために赤であることに意味があるが、それ以外の色にはあまり必然性がない。その一方でスペードとクラブの色が同じでマークの形も似ているために間違いやすいという問題がある。この問題を解決するために、スートの色を変えたカードも市販されているが、あまり普及していない。有名なバイスクルにも、スペードを青・クラブを緑・ダイヤを黄色に変えた版が存在するが[1]、主にカードマジック用のようである。ポーカー用の4色デッキはダイヤを青・クラブを緑に変えるのが普通であり[2]、オンラインのポーカーゲームではこの配色に変えられるものが多い。

スカートのトーナメントカードでは、スペードが緑・ダイヤが黄色になっている。これはドイツの伝統的スートでスペードに相当するスートが木の葉・ダイヤに相当するスートが鈴であるためである。

一部のゲームではスートそのものよりもスートの色の区別に意味がある。

ラテンスタイルのスートでは、剣・棍棒が長く、カップ・貨幣が丸い。オンブルなどの古いゲームでは長いスートと丸いスートで数字札のランクの順位が異なっていた。スートの黒と赤の違いはこの違いを保存しているとも考えられる。現在の中央ヨーロッパのタロットゲームでも、黒いスートと赤いスートで数字札のランクの順位が異なる。

ハートとスペードの形が似ているため、いくつかの言語ではスペードを「黒いハート」と呼んでいる。ルーマニア語の「inima neagră」など。中国語の「紅桃/黒桃」、アラビア語の「قلب أحمر‎/قلب أسود(赤いハート・黒いハート)」、タイ語の「โพธิ์แดง/โพธิ์ดำ(赤い菩提樹・黒い菩提樹)」も同様の発想である。日本でも赤桃、黒桃と呼ぶ地方がある。

由来[編集]

ラテンスタイルのスートは、中世のアラブのスート(剣・ポロスティック・カップ・貨幣)をほぼそのまま使用したものである。現在のトランプで多く使われるフランス式のスートは、ラテンスタイルがドイツを経由して、15世紀後半のフランスで簡略化されたものである。詳細はトランプを参照。

トランプ以外のスート[編集]

ドミノでは、片方の目のことをスートと称する。たとえば2-5の牌は2のスートと5のスートに属する。ダブル・シックスのドミノではひとつのスートあたりの枚数は7枚である。

麻雀の「万子・索子・筒子」のことも英語では「suits」と称する。

符号位置[編集]

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2664 1-6-25 &#x2664;
&#9828;
スペード(白)
U+2660 1-6-26 &spades;
&#x2660;
&#9824;
スペード
U+2662 1-6-27 &#x2662;
&#9826;
ダイヤ(白)
U+2666 1-6-28 &diams;
&#x2666;
&#9830;
ダイヤ
U+2661 1-6-29 &#x2661;
&#9825;
ハート(白)
U+2665 1-6-30 &hearts;
&#x2665;
&#9829;
ハート
U+2667 1-6-31 &#x2667;
&#9831;
クラブ(白)
U+2663 1-6-32 &clubs;
&#x2663;
&#9827;
クラブ

脚注[編集]

関連項目[編集]