ソリティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソリティアsolitaire)は、一人で遊ぶゲームのこと。ソリテールとも。

概要[編集]

盤上遊戯カードゲームなどのうち、一人だけで遊ぶことのできるゲームの総称として使われる。一人遊び。

solitaireはもともとフランス語で、フランス語の発音に近い表記では「ソリテール」、英語の発音に近い表記は「ソリテア(ー)」である。

トランプを使うソリティアはペーシェンス(patience)とも呼ばれる。

ソリティアの種類[編集]

駒や牌を使うソリティアは以下の種類が存在する。

トランプを使うものでは以下のような物がソリティアと呼ばれている。

  • カップル トランプを4枚ずつ複数列並べ隣接するカードに同じ数字があれば取り除いていく遊び。
  • キャンフィールド 13組の数上がりと数下がりを作る遊び。
  • クロンダイク 黒と赤のカードが交互になるように決められた数字の順番に揃える遊び。
  • ゴルフ 場札と山札にわけ、山札のカードの数字から±1の数字の場札のカードを取り除いていく遊び。
  • スパイダ 2組のトランプを使い、合計8組のスートの順番を揃える遊び。
  • ピラミッド トランプをピラミッドの形に並べ数字が13になるように取り除いていく遊び。
  • フリーセル フリーセルと呼ばれる4つの場所を使いながら順番にカードを揃える遊び。
  • 四つ葉のクローバー トランプから48枚を使い場に並べた数字の合計が15になるように取り除いていく遊び。

クロンダイクは、Windowsに「ソリティア」という名前でゲームプログラムが標準添付されているため、クロンダイクの名前が「ソリティア」であると非常によく誤認されている。

ウォーゲームにもソリティアが存在し、その場合は、対戦相手を必要としない完全一人プレイ専用のものを指す。

内容の分類[編集]

KDEのクロンダイク。このルールのWindows付属のプログラムが「ソリティア」である

ソリティアは、初期状態と選択余地とクリア可能性について、次のように分けられる。

  • 初期状態
    • 初期状態固定
    • 初期状態ランダム
  • 選択
    • プレーヤーによる選択余地なし
    • プレーヤーによる選択あり
  • クリア可能性
    • 必ずクリアできる
    • 初期状態または選択により必ずしもクリアできるとは限らない

これらの組み合わせにより、パズル的なもの、占い的なもの、クリア確率など、さまざまである。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]