ホイスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホイスト
Whist marker.jpg
19世紀デ・ラ・ルー社製ホイストのスコアマーカー
概要
起源 イギリス
遊び方
種類 トリックテイキングゲーム
人数 4
枚数 52
デッキ フランススタイル
順番 時計回り
カードランク
(最高-最低)
A K Q J 10 9 8 7 6 5 4 3 2
プレイ時間 30分
関連ゲーム
コントラクトブリッジ

ホイスト英語: whist/wɪst/)は、イギリスを発祥とするトランプを使ったトリックテイキングゲームの1つ。プレイントリックゲームに属し、4人が2人ずつ2チームに分かれて勝敗を争う。18世紀-19世紀にかけて流行した。ブリッジの元になった伝統的なゲームである。

世界的にはホイストはブリッジに淘汰されてしまったが、イギリスでは現在も最も人気のあるゲームのひとつである[1]

歴史[編集]

ホイストの歴史ははっきりしない点が多い。チャールズ・コットンの「The Compleat Gamester」(1674年)には、「Ruff and honours」というホイストによく似たゲームが記されているが、手札は12枚で、残った4枚の一番上をめくってそれを切り札とするものであった。切り札のAを持っている人がその4枚を手札に加え、いらない札をかわりに捨てることができた。それ以外はロング・ホイストと同様のゲームであったらしい[2]。ホイストはこのゲームが元になっていると考えられる。

18世紀前半に科学的な理論に基づいた戦術が確立されると、ホイストは知的なゲームとして大流行した。エドモンド・ホイルが1742年に出版した「A Short Treatise on the Game of Whist」[3]は権威のある書として多くの版を重ね、「ホイル」という語がゲームのルールブックの別名になった。

20世紀になると、ホイストにビッドの概念を追加したオークション・ブリッジや、その改良版であるコントラクトブリッジが発明され、もともとのホイストが遊ばれることはなくなっていった。

日本でも明治時代にウイスト・ウヰストなどの名前で紹介されたが[4]、ポイントトリックゲームにアレンジされており、本来のホイストはほとんど流行しなかった。

遊び方[編集]

ここでは、もっとも基本的なショート・ホイストというバリエーションについて説明する。ルールは単純だが、奥が深いことが知られている。

  • 通常の52枚のカードを使用する。ジョーカーは使用しない。
  • 競技者は4人で、2人ずつ2チームに分かれる。チームのパートナー同士は向き合ってすわる。
  • ディーラーは、自分の左隣からはじめて、時計回りに全員にカードを均等に(13枚ずつ)配る。ただし、最後の1枚(ディーラー自身の手札)は全員に公開する。そのカードのスートが、その回のプレイにおける切り札となる。ディーラーは、最初のトリックをプレイするまで、そのカードを自分の手札に戻してはならない。
  • プレイは時計回りに進行する。最初のトリックは、ディーラーの左隣の人がリードする。プレイそのもののルールは一般のトリックテイキングゲームと同じで、マストフォロールールに従う。
  • 13回のトリックが終了したら、7つ以上のトリックを取ったチームが、トリック数から6を引いた数を得点に加える。トリック数から6を引いた数のことをオッド・トリック(odd tricks)という
  • ゲームはどちらかのチームが5点を取ったところで終了する。イギリスでは通常3ゲーム中2ゲーム先取した側を勝ちとする。これをラバー(rubber)という。アメリカではゲームを7点とすることが多い。

ロング・ホイスト[編集]

ロング・ホイストは、ショート・ホイストよりも古いルールである。基本的な部分はショート・ホイストと同じだが、ゲームは9点先取で終了する。チームの手札の中にオナー・カード(honour cards、切り札スートのA・K・Q・J)が3枚または4枚あるとボーナス点が得られる。3枚なら2点・4枚なら4点。ただしオナー・カードによるボーナス点はオッド・トリックによる点数のあとに加算されるが、このボーナス点によってゲームを取ることはできない。すなわち、たとえば現在6点のチームが、7トリックを取って、かつ4枚のオナー・カードを持っていた場合、6+1+4 で11点になるのではなく、8点にしかならない。

フィクションに登場するホイスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Parlett, David (1991). A History of Card Games. Oxford University Press. p. 3. ISBN 019282905X.  の引く1981年のワディントン社の調査によると、ホイストはラミーに次ぐ人気で、調査対象の28%が最近プレイしたと答えている
  2. ^ Game Report: English Ruff and Honours (Medieval & Renaissance Games Home Page)
  3. ^ Hoyle, Edmond (1743). A Short Treatise on the Game of Whist.  (OpenLibrary)
  4. ^ 前田多門 『遊戯大学』 上方屋勝敗堂、1888年、23頁。 (国会図書館近代デジタルライブラリー)

外部リンク[編集]