ジョーカー (トランプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランプのジョーカーの一例

ジョーカーJoker)は、トランプの中に含まれる特別なカードである。「ババ」とも呼ばれる。

概要[編集]

通常のデッキには1〜2枚のジョーカーがある。そのデザインはトランプのメーカーによって異なるが、しばしばジェスターJester)がデザインされている。また、英字の説明書が1枚つく場合もあり、これをジョーカーと同じ扱いとする場合もある。
ジョーカーが2枚含まれる場合、1枚のジョーカーはフルカラーで印刷され、もう1枚のジョーカーはエキストラ・ジョーカー(準札)として、白黒等の色を抑えたカラーリングとなることが多い。他に、1枚が赤いジョーカー、もう1枚が黒いジョーカーになっている場合もある。ジョーカーの間にもランクがあるゲームでは、色つきのジョーカーが白黒のジョーカーよりも上位に位置する。赤いジョーカーと黒いジョーカーがあるものでは、赤いジョーカーがハートまたはダイヤ、黒いジョーカーがスペードまたはクラブの代用になる。

トランプゲームにおけるジョーカーの役割は非常に多様である。多くのゲームではジョーカーをまったく使用しないが、その他のゲームではジョーカーはそのゲームの中で最も重要なカードとなる。しばしばジョーカーはワイルドカードとなり、既存のカードが存在する範囲でそのカードを再現することを許可する。「ザ・ジョーカーズ・ワイルド」(The Joker's wild)という用語はこれが起源である。

ジョーカーは有益なカードであるが、時として有害なカードにもなる。ユーカーでは最高位の切り札としてしばしば用いられる。ポーカーではワイルドカードである。しかし、こどもたちのゲームであるババ抜きでは、孤独なメイド(オールドミス)を再現するジョーカーは避けられるカードである。

ジョーカーは時々Uの上にSが置かれた記号で表されることがあるが、誤ってドル記号が起源であると思われている。これは米国の大手カードメーカーであるU.Sプレイング・カード社が自社のカードのジョーカーにUとSを組み合わせた意匠を用いているものである。

歴史[編集]

もともとジョーカーは、19世紀後半のアメリカユーカーが流行したとき、その最高位の切り札として追加された。ユーカーでは切り札のジャックが「right bower」・切り札と同じ色のジャックが「left bower」と呼ばれて、もっとも強い切り札であったが、ジョーカーは当初「best bower」という名前で、3枚めの切り札のジャックとして追加されたものである[1]。このカードが後にジョーカーと呼ばれ、現在と同様の道化師の姿を持つようになった。

ベスト・バウアーからジョーカーに変わった理由はよくわかっていない。ゲーム名の「ユーカー」から「ジョーカー」が生じたという説もあるが、根拠に乏しい[2]

ジョーカーはしばしばタロット大アルカナに含まれる愚者と比較される。愚者とジョーカーにはその外観やプレイの機能において多くの類似点をもつ。愚者もしばしば最高位の切り札として用いられる。愚者がジョーカーの原型だとする説もあるが、現在では否定されている。

日本の伝統的なかるた花札の地方札にも「鬼札・幽霊札」などと呼ばれる特殊なカードを含むものがある。

トランプゲームでの使用例[編集]

4枚のジョーカー
  • ユーカーやファイブハンドレッドスペードでは最高位の切り札であり、ベニーbenny)またはトップバウアーtop bower)と呼ばれる。歴史の項を参照。
  • カナスタではジョーカーと各スートの2がワイルドカードである。
  • チェイス・ザ・エースChase the Ace)の変則ルール「チェイス・ザ・ジョーカー」では、Aの代わりにジョーカーが用いられる。
  • 闘地主争上游升級など、中国の多くのゲームでは色付きのジョーカーと白黒のジョーカーを区別し、色付きのジョーカーのほうが強い。なおジョーカーは「王」と呼び(キングのことではない)、色付きのジョーカーは「大王」、白黒のジョーカーは「小王」という。地方によっては「大怪・小怪」、「大鬼・細鬼」などとも呼ぶ。
  • 戦争では、ジョーカーはすべてのカードに勝つ。
  • ババ抜きでは、逆に最後までジョーカーを持っている人が負けとなる。
  • 大富豪では、任意のカードの代わりにワイルドカードとして使うこと、および通常は最も強い2よりもさらに強いカードとして使うことができる。

トランプ以外での使用例[編集]

  • アメリカ合衆国などで行われる麻雀では、麻雀牌の中にジョーカーと呼ばれる牌を混ぜてプレイすることがある。

フィクションにおける使用例[編集]

  • バットマン』に登場する敵役のジョーカーは、当初はトランプのジョーカーに基づいた外見であった。最近のバージョンでは、武器名刺として非常に鋭利なトランプ(特にジョーカー)を用いる。

脚注[編集]

  1. ^ The World of Playing Cards: Joker で初期の「best bower」の写真が見られる
  2. ^ Playing-card History FAQ (The International Playing-Card Society)

関連項目[編集]