フラリッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フラリッシュ(Flourish)は、トランプを用いた曲芸的な技を言う。マジックにおいて現象を華やかに見せたり、演者の技術をアピールするための補助的な手段として使われたりすることが多いがフラリッシュ単体として見せる場合もある。ファン、スプリングなどが最も基本的なフラリッシュである。海外でフラリッシュを得意とする有名なマジシャンは、ブライアン・チューダー(Brian Tudor)、デボ(De'vo)、ダン&デイブ(Dan&Dave)、フラリッシュマン(Flourishman, Jerry Cestkowski)などが挙げられる。

広義には使われる道具はトランプだけに限定されない。具体的にはコイン四つ玉ライターウォンド[1]などがその対象となる。

カード・フラリッシュの技術[編集]

1組のトランプのことをデック、それをいくつかに分割したものをパケットと呼ぶ。

ワンハンドシングルカット[編集]

片手だけでデックを2つに分け、上下を入れ替える最も基本的なフラリッシュである。

  • シャーリアカット
親指でデックを2つに分け、人差し指で押し上げ上下を入れ替える。シャーリエカット、チャーリーカット、チャリア・カットなどとも呼ばれる。
  • トリプルシャーリア
シャーリアカットの上位技。片手でデックを3分割するカット。
  • レボリューションカット
親指で持ち上げた後、人差し指と薬指を用いて横向きに旋回させながら入れ替える技。
  • ロールカット
縦向きに回転させながら入れ替える技。
  • シザーカット
人差し指を軸にして親指で時計回りにずらして入れ替える。
  • バーティカルターンカット
人差し指と薬指でデックの半分を挟み、旋回させるカット。
  • スローカット
空中に上半分を放り投げながら入れ替える高度技。

ツーハンドカット[編集]

両手を使ってカットするタイプの技。

  • ピボットカット
右手の人差し指を軸にし、左手で時計回りに旋回させる。シザーカットを両手で行う感じになる。
  • スイブレローカット
デックを3分割するカット。
  • バタフライカット
複合技。デックを4分割するカット。
  • T.C.T.C.S.A
複合技。
  • ブリッジ
デックを5分割するカット。最終的には、分割された5つのパケットが直線的に並び、橋のようになる。
  • The Hex
デックを6分割するカット。最終的には、分割された6つのパケットが正六角形の辺を形作ることになる。
  • オクトカット
デックを8分割するカット。まずデックを左手と右手に半分ずつ持ち、続いてそれぞれの手でパケットを4分割する。

ファン[編集]

トランプを扇のようにきれいに広げる技。詳細はファン (カード)を参照。

その他のカード・フラリッシュ[編集]

  • リボンスプレッド
デックをテーブルの上に直線状に(または弧状に)きれいに並べて広げる。マジシャンにとっては初歩のテクニックである。
  • リボンスプレッド・ターンオーバー
前述のリボンスプレッドによって広げたカードを将棋倒しのようにひっくり返す。クロースアップマットの上で行うとやりやすい。熟練すれば腕の上に広げ、そのまま腕の上でひっくり返すこともできる。
  • スプリング
右手に持ったデックを湾曲させ、カードの弾性力を用いてカードを次々と弾き飛ばしてそれを左手で受け止めていく。最終的には全てのカードが右手から左手に移る。
  • カスケード
スプリングと同様にカードの弾性力を用いてカードを右手から左手に移すのだが、カードを弾き飛ばすのではなく真下に滝のように落とすようにする。
  • ワンハンドディール
片手でカードを配る技。
  • ホンコン・スロー
左手でカードケースを開け中のカードを右手に投げ渡す技。
  • フリップバック
手のひらに持ったデックを片手で手の甲に移動させる技。
  • フリップバック・コンボ
フリップバックとシャーリア・カットの複合技。
  • ピルエット
カードを指先で回転させるテクニック。
  • ワンハンドシャッフル
片手でリフルシャッフルを行う技術。両手で行う場合もある。得意としているマジシャンにはリチャード・ターナーブライアン・チューダーがいる。詳細はシャッフル (カード)を参照。

コイン・フラリッシュの技術[編集]

  • コイン・ロール
人差し指の付け根の背の部分にコインを乗せる。続いてコインを半回転させながら中指の同じ位置に移す。同様にして薬指に移す。そのあとはコインを小指と薬指で挟み、手のひら側を経由させて親指と人差し指で挟む。そしてまた元に位置にコインを戻す。これを何度も繰り返す。右手から左手に移動させたり、逆向きに移動させたり手の内側で移動させたりすることもできる。
  • コイン・スピン
コインをテーブルの上などで回転させる。
  • コイン・スター
5枚のコインを重ねた状態から一瞬で広げる技。最終的にはそれぞれのコインが左右の指の間で保持される。
  • フリップ
コインを片手で持ち親指を使ってはじき上げる。
  • ロール・ダウン
4枚のコインを片手で広げる技。

参考文献[編集]

  • 高木重朗二川滋夫 『コインマジック事典』 東京堂出版、1986年。
  • 二川滋夫 『奇術入門シリーズ コインマジック』 東京堂出版、1987年。
  • ロベルト・ジョビー著、加藤友康訳 『ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ 1』 東京堂出版、2000年。
  • ロベルト・ジョビー著、加藤友康訳 『ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ 2』 東京堂出版、2001年。
  • ロベルト・ジョビー著、壽里竜訳 『ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ 4』 東京堂出版、2007年。
  • (DVD)『SHOWOFF WITH CARDS』MAGICMAKERS.INC、2004年。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 四つ玉マニピュレーションに分類されることもある