クレイジーエイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイジーエイト
08 of spades.svg
遊び方
人数 2人以上
枚数 52
デッキ フランス
順番 時計回り
関連ゲーム
UNOアメリカンページワン

クレイジーエイト英語: Crazy Eights)は、単にエイトEights)ともいい、トランプを使った主に子供向けのゲームである。各競技者が前の人の出したカードと同じスートかランクのカードを出していき、手札を全部出した人が勝ちになる。

20世紀前半にはじめて出現した[1]割合新しいゲームであるが、このゲームには別名や変種が非常に多い。日本のアメリカンページワンもクレイジーエイトの一変種である。専用のカードを使った商業的カードゲームにUNOがある。

イギリスではクレイジーエイトの1変種が「ブラックジャック」(Black Jack)と呼ばれることがあり、ずっと有名な同名のゲームと混同しやすいので注意が必要である。

ルール[編集]

ここではもっとも基本的なルールを記述する。

2人以上で遊ぶ。4人の場合は向かいあった2人どうしがチームを組むこともできる。通常のトランプひと組(6人以上ならふた組)を使用する。ジョーカーは使用しない。

ディーラーは各人に手札5枚ずつを配る(2人なら7枚)。それから1枚を表向きに場に出す。残りのカードは裏を上にして積んで山札とする。

ディーラーの左隣から時計回りに順に、場に出ているカードの一番上と同じスートかまたは同じランクのカードを出していく。カードを出すことのできない(または出したくない)競技者は、出せるカードが出るまで山札から1枚ずつカードを引いて手札に加えていく。山札がつきてもカードを出せない場合は、パスする。

8は上記のルールに従わず、いつでも出せ、出した人は任意のスートを指定することができる。次の順番の人は、指定されたスートのカードか、または8を出さなければならない。

だれかひとりの競技者が手札を全部出すか、または全員がパスしたときにプレイが終了する。チームを組んでいるときは、チームを構成する2人の両方が上がるまでプレイを続ける。

得点計算[編集]

だれかが上がった場合、残りのすべての競技者の手札の点数の合計が上がった人の得点になる。手札の点数は、絵札が10点、8が50点、それ以外の数札はランクがそのまま点数になる(Aは1点)。

全員がパスした場合、手札の点数がもっとも少ないものが、ほかの競技者との点数の差の合計を得点とする。

主な変種[編集]

山札を使いきったら、場に出ているカードを山札として再利用することがある。

手札があと1枚になるときに「Last one」などと言わなければならない変種がある。

8以外にさまざまな機能をもつランクが追加されることがある。逆回り・ひとり飛ばし・もう1枚任意のカードを出せるなどの機能がよく採用される。

Parlett (1992,2004) pp.408-410 に「Two-Four-Jack(Switch・Black Jack)」という名前で載っているルールでは以下のようになっている。

  • 手札は10枚(3人以下なら12枚)
  • 山札を使いきったら場に出ているカードを一番上の1枚を除いてシャッフルして山札として再利用する。
  • 手札があと1枚になるときに「One left」と言わなければならない。言い忘れた人は次の自分の番に山札から1枚取らなければならない。
  • 8ではなくAがいつでも出せ、スートを指定できる。
  • 2を出したら、次の競技者は2を出さなければならない。出せない場合は山札から2枚取る。2が2枚重なったら、次の競技者は2を出すか、山札から4枚取る。(3枚なら6枚、4枚なら8枚)
  • 4を出したら、次の競技者は2を出さなければならない。出せない場合は山札から4枚取る。4が2枚重なったら、次の競技者は4を出すか、山札から8枚取る。(3枚なら12枚、4枚なら16枚)
  • Jを出したら、プレイの方向が逆になる。
  • カードの点数はAが20点、J・4・2が15点、絵札が10点、ほかはランクが点数になる。

マウ・マウ[編集]

マウ・マウ(Mau-Mau)は、クレイジーエイトとほぼ同じルールだが、数札の2-6を除いた32枚のカード(ピケ・デック)を使う。8ではなくJがワイルドカードになる。プレイの終了後に、自分の手札の点数が得点となる(少ないほどよい)。カードの点数はシュナプセンと同じで、A=11点・10=10点・K=4点・Q=3点・J=2点・それ以外=0点となる(Jを20点とする変種もある)。最後の1枚がJのときは、得点が2倍になる。だれかが100点になったらゲームの終了となる。

最後の1枚を出すときに「マウ」と言わなければならない。最後の1枚がJのときは「マウ・マウ」と言わなければならない。言い忘れた人は上がることはできず、山札から1枚取って手札に加えなければならない。

脚注[編集]

  1. ^ Parlett (1992,2004) p.109

参考文献[編集]

  • Parlett, David (1992,2004). The A-Z of Card Games. Oxford University Press. ISBN 9780198608707. 

外部リンク[編集]