ナイチンゲールの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナイチンゲールの歌』、『うぐいすの歌』(: Le Chant du rossignol )は、イーゴリ・ストラヴィンスキーが自作の歌劇『夜鳴きうぐいす(ナイチンゲール)』の音楽を再構成して作った交響詩、またこれに基づく1幕のバレエ作品。

作曲の経過[編集]

モスクワ自由劇場の委嘱による3幕の歌劇『夜鳴きうぐいす』(原作:アンデルセン)は、第1幕が1907年から1909年、残りの第2、第3幕が1913年から1914年にかけて作曲された。作曲が中断していた4年の間にストラヴィンスキーの作風は『火の鳥』(1910年)、『ペトルーシュカ』(1911年)、『春の祭典』(1913年)の作曲を経て大きく変化したため、完成した『夜鳴きうぐいす』は1幕とそれ以外の幕で様式に大きな断層が生じることとなった。

依頼主であったロシア自由劇場が完成直前に倒産したため、バレエ・リュスの主宰者セルゲイ・ディアギレフはストラヴィンスキーに上演を承諾させ[1]1914年オペラ座で初演を行った。歌劇の初演は好評であったが[2]、パリで2回、ロンドンで4回上演された後は再演されなかった[3]

その後、ストラヴィンスキーが、同じ様式によって書かれた第2幕と第3幕をまとめて交響詩にしようと考えていたところ、1917年初めにディアギレフから『夜鳴きうぐいす』のバレエ化の提案があり[4]、これに同意した。ストラヴィンスキーは編曲にとりかかると同時に、アンデルセンの原作を元にバレエのための台本を作り直した[5]

初演[編集]

交響詩の初演は1919年12月6日ジュネーヴにおける[6]エルネスト・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団の演奏会で行われた[7]

バレエの初演は2ヵ月後の1920年2月2日パリ・オペラ座におけるバレエ・リュスの公演で行われた。振付はレオニード・マシーン、ナイチンゲール役は『火の鳥』初演時に「火の鳥」役を踊ったタマーラ・カルサヴィナ。美術と緞帳はアンリ・マティス[8]、指揮は交響詩の初演と同じくエルネスト・アンセルメが担当し、歌劇『夜鳴きうぐいす』のためにアレクサンドル・ブノワがデザインした歌舞伎隈取のようなメーキャップが引き続き使用された[3]。ところが、この時のマシーンによる振付は音楽のリズムを無視したものであったために、観客、ダンサー、ディアギレフのいずれにも不評であり[9]、わずか2回上演されただけでレパートリーから外されてしまった[3]

その後、バレエ・リュスでは1925年ジョージ・バランシンによる新しい振付によって『ナイチンゲールの歌』が再演された。この時のナイチンゲール役に起用された当時15歳のアリシア・マルコワは、体重36キログラムの小柄な身体で見事に籠の中の鳥を演じて成功をおさめた[3]。マルコワのための衣裳は白で統一され、タイツの上にスカートをはかないという斬新なデザインであった。また、高価な白鷺の羽毛を使った帽子は予算オーバーとなり、超過した分はストラヴィンスキーとマティスが自腹を切ることになった[10]

演奏時間[編集]

  • 約20分

楽曲構成[編集]

(作曲者によるピアノ編曲版の序文による区分)[4]

  • 第1部:中国の宮殿の祭
  • 第2部:二羽のうぐいす(本物のうぐいすと機械仕掛けのうぐいす)
  • 第3部:中国の皇帝の病気と回復

楽器編成[編集]

歌劇版よりも縮小された2管編成。トゥッティの箇所は少なく、ソロやセクションに協奏的役割が与えられている[11]

脚注[編集]

  1. ^ ストラヴィンスキーに対する作曲料1万フランは、すでに自由劇場が支払っていたので、ディアギレフは無料で『夜鳴きうぐいす』を手に入れた(リチャード・バックル、鈴木晶訳『ディアギレフ ロシア・バレエ団とその時代』リブロポート、1983年、上巻317ページ)。
  2. ^ バックル、前掲書、上巻322ページ
  3. ^ a b c d 芳賀直子『バレエ・リュス その魅力のすべて』国書刊行会、2009年、226-227ページ
  4. ^ a b 『最新名曲解説全集6 管弦楽III』音楽之友社、1980年
  5. ^ 塚谷晃弘訳『ストラヴィンスキー自伝』全音楽譜出版社、1981年、90ページ
  6. ^ 『自伝』114ページ。『最新名曲解説全集6』(音楽之友社)ではジェノヴァになっている。
  7. ^ ストラヴィンスキーはこの時の演奏を「完璧な演奏ぶり」と高く評価している(『自伝』114-115ページ)。
  8. ^ 当時、マティスはナイチンゲールをはじめ、何百羽もの鳥を飼っていたという(バックル、前掲書、下巻101ページ)。
  9. ^ バックル、前掲書、下巻103ページ
  10. ^ バックル、前掲書、下巻212ページ
  11. ^ 『自伝』114-115ページ