スリマ・ストラヴィンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スリマ・ストラヴィンスキーSoulima Igorevich Stravinsky, 1910年9月23日 - 1994年11月28日)は、スイス生まれのロシア系作曲家ピアニスト・音楽教師。ロシアの著名な指揮者だったイーゴリの末子で、祖父は歌手俳優フョードル

父が「火の鳥」を発表した1910年ローザンヌで生まれた。イシドール・フィリップにピアノを、ナディア・ブーランジェに作曲を師事した。1934年パリでデビューし、父の作品を共に演奏・録音した。1939年に父がアメリカに亡命したが、スリマはフランス陸軍に籍を置き、1948年になって渡米して以降アメリカで活動した。

多くの作品のほかに、管弦楽法オーケストラに関する著作がある。創造的芸術家としては、バッハの息子たちと同じく、鬼才の父親の名声の影に隠れてしまっている。演奏家として、父親のピアノ曲を録音に遺した。

1994年フロリダ州サラソータで死去。

外部リンク[編集]