ヴィルヘルム・ケンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルネスト・アンセルメ(左)とケンプ(1965年)

ヴィルヘルム・ケンプWilhelm Kempff, 1895年11月25日-1991年5月23日)は、ドイツピアニストオルガニストである。作曲も行い、バッハの作品をピアノ小品として編曲したものも残している。

生涯[編集]

幼少期からヴァイマール共和国時代[編集]

ブランデンブルク州ユーターボークドイツ語版に生まれ、父親がポツダムのニコライ教会オルガニストに就任したのちは、幼時よりピアノオルガンを学び、卓越した才能を示した。ベルリン音楽大学でロベルト・カーンドイツ語版(作曲)とカール・ハインリヒ・バルト(ピアノ)に師事し、1917年にはピアノ組曲の作曲によりメンデルスゾーン賞を受賞、1918年ニキシュ指揮ベルリン・フィルハーモニーベートーヴェンピアノ協奏曲第4番で協演した。1920年にはシベリウスの招きで北欧を歴訪、スウェーデン王室よりLitteris et Artibus勲章を授与された。この年にはドイツ・グラモフォンベートーヴェンのエコセーズWoO.86およびパガテル集Op.33-5を初録音している。1924年から1929年にはマックス・フォン・パウアードイツ語版の後任としてシュトゥットガルト音楽大学の学長を務めた後、1931年にはポツダムの大理石宮殿で、マックス・フォン・シリングスオイゲン・ダルベールエトヴィン・フィッシャーエドゥアルト・エルトマンエリー・ナイゲオルク・クーレンカンプらと共同でサマークラスを開催した。1932年にはベルリンのプロイセン芸術協会の正会員となり、ドイツ楽壇の中心的役割を担うようになった。

ナチス・ドイツ時代[編集]

ナチスの台頭後、既にプロイセン芸術協会の会員であったケンプは、1933年に十字勲章(Ritterkreuz des Griechischen Erlöserordens)を授与されている。この時代はケンプにとって辛い時期であった。台頭後もケンプはドイツに残ったが、演奏会やレッスンによる収入が途絶え、経済的に困窮した。[要出典]ケンプ自身は(他のドイツに残った芸術家と比べても)積極的に「ナチス寄り」の発言をすることはなかったが、それでもナチスを逃れ亡命したドイツ人芸術家に批判的な言葉を投げかけたり、1936年に当時のドイツ文化使節として初来日した。戦時中の演奏会は、1940年アーヘンカラヤンと協演、1943年にはパリのベートーヴェン・フェスティバルに、エリー・ナイアルフレッド・コルトージネット・ヌヴーヘルマン・アーベントロートと共に出演した。この時期も定期的に録音を残しており、ベートーヴェンピアノ・ソナタ集(後期:1935-1936年、初期:1940年、中期:1943年)、ピアノ協奏曲第3~5番(1942年)などを吹き込んでいる他、戦後まもない1945年10月にハンブルク放送局でのリサイタル収録も存在する。1944年にナチス政権のプロパガンダのため兵役免除リストに載っていたにも関わらず、1945年にはベルリンの国民突撃隊として招集されたため、バイエルンツルナウ城に避難しそこで終戦を迎えた。

第二次世界大戦後[編集]

ケンプは戦後、ナチス時代の経歴のため、ナチスに協力したと疑われ、演奏会が開けない時期もあった(この辺りの経緯はヴィルヘルム・フルトヴェングラーの場合と似ている)。しかし、この演奏禁止時に、弱点であった技巧の弱さをある程度克服して以前よりも安定感のある演奏技術を身に付ける事に成功し、また、この苦難を乗り越える事で精神的な深みを増したと言われる[誰によって?]。実際にケンプ本人も「この困難は自分を人間的・芸術的に高めてくれた」と後のインタビューで語っている[要出典]

戦後のケンプの演奏スタイルは、1950年代の技巧と解釈が高度に均衡した録音に比べ、1960年代以降はよりファンタジーに富んだ自由闊達なものとなり、現在多くの人がケンプの演奏を評するとき、この晩年のスタイルを差して、技巧よりも精神性を重視する演奏家とみなしている。「このピアニスト(ケンプ)が、自由闊達な霊感に満ちたすぐれた一夜の演奏会を持つ場合には、コルトーの最大の瞬間との比較をも恐れるにたりぬ、確然たる奇跡が約束されている。ときに見られるテクニックの不均衡やピアニスティックな造形の不明確などは、もうどうでもよくなってしまう」(ヨアヒム・カイザー、独評論家)[要出典]などの評から分るように、ケンプの本領は実演にあり、そのよさがうかがい知れる録音は少ない[独自研究?]。生前はドイツ・グラモフォンの専属アーチストとしてスタジオ録音で評価されたが、フルニエとライブ録音したベートーヴェンのチェロ・ソナタ全集が1964年にリリースされた他、生誕100周年の1995年を境に世界各地の放送局に残されたライブ録音(独BR、NHK、英BBC、墺ORF、仏ORTFなど)も聴けるようになった。その実演もムラが多く、好調時には文字通り「奇跡」と言える演奏だが、不調時にはミスも多く[独自研究?]それをたまたま聴いた評論家からは不評をかうこともあった[要出典]アルフレート・ブレンデルはマルチン・マイヤーとの対談集「The Veil of Order(2002年)」で、「(ケンプは)まさしくそよ風で鳴るエオリアンハープのように、心の赴くままに演奏した。あなたはそれが(霊のように)どこから生まれどこに行くのか知らない。」とする一方で、ケンプを彼の世代で「もっともリズミカルな」ピアニストとみなし、リストのピアノ曲「小鳥に説教するアッシジの聖フランチェスコ」(1950年、英デッカ収録)をミスタッチなしで録音することに成功した最初のピアニストとして評価している。ちなみに、大指揮者フルトヴェングラーは、同時代に活躍したピアニストの中でも、特にケンプの芸術に深い関心と理解とを示した[要出典]2人の演奏スタイルには、深い精神性や溢れる高揚感、ドイツ伝統の巨視的な楽曲把握、自在に揺れながらも決して気まぐれではない柔らかで自然なテンポ操作など、少なからず共通する所があったといえる[独自研究?](また、実際にフルトヴェングラーはケンプ作の交響曲の初演をつとめ、また、ケンプもフルトヴェングラー自作自演の「テ・デウム」の演奏にオルガンで参加している[要出典])。(フルトヴェングラーがケンプの交響曲第2番の初演を1924年3月6日にライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と行っているのは確か。フルトヴェングラーの自作の「テ・デウム」の演奏は1911年12月6日のものしか記録になく、当時16歳のケンプが参加していたとは考えにくい。ただし、1967年のHans Chemin-Petit指揮のレコーディングにはオルガン奏者として参加している)。

晩年[編集]

ケンプは非常に長い間、演奏家としての活躍を続けたが、その晩年において、いささか時代に取り残されたような感もあった。現代のピアニストは大前提として、完璧な技巧による瑕疵のない演奏が求められる傾向がある。その点で、技巧よりも即興的なファンタジー、精神性を重んじるケンプのスタイルは、それとは少なからず異なっていたのである。[独自研究?]

1991年5月23日、イタリアのポジターノで95歳の生涯を閉じた。

ケンプは親日家であり、1936年の初来日以来、10回も来日した同時代の「巨匠」は他にいなかった。古くはあらゑびす著「名曲決定盤」にベートーヴェンのピアノ・ソナタについて紹介されたほか、1954年には広島平和記念聖堂でのオルガン除幕式に伴い録音を行い、被爆者のために売り上げを全額寄付している。1970年にはベートーヴェン生誕200周年記念で来日し、ピアノ・ソナタおよび交響曲の全曲演奏会を行った。自叙伝[1]の『日本語版への序文』では、「(日本に接して)最もすばらしかったのは、相互に愛情が生まれたことでした」と述べている。

レコーディング[編集]

ケンプは大バッハからブラームスにいたるドイツ古典派ロマン派の作品を得意のレパートリーとしていた。1920年の初録音以来、60年余りの長きにわたる演奏活動で録音も数多く、1950年代の一時期に英デッカで何枚かのロマン派作品のアルバムを製作したことを例外として、一貫してドイツ・グラモフォンに録音を行った。主要な業績としてベートーヴェンピアノ協奏曲は2種類、とピアノソナタの全集が、モノラルステレオの2種類が残されている。ピエール・フルニエと組んだベートーヴェンのチェロソナタ全集と、ヴォルフガング・シュナイダーハンと組んだベートーヴェンのヴァイオリンソナタの全集も極めて評価が高い。また、それらが広く演奏されるようになる前、1960年代にシューベルトのピアノソナタを世界で初めて全集として録音した。

参考文献[編集]

  • Wilhelm Kempff, 'Unter dem Zimbelstern - Jugenderinnerungen eines Pianisten -', Laaber - Verlag, 1978. 『鳴り響く星のもとに - ヴィルヘルム・ケンプ青春回想録』 土田修代訳、白水社、1981年。
  • 木村敏 『精神医学から臨床哲学へ』、ミネルヴァ書房、2010年。

脚注[編集]

  1. ^ 『鳴り響く星のもとに』(上記参考文献)