カール・シューリヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・シューリヒト
Carl Schuricht
}
基本情報
出生名 Carl Adolph Schuricht
出生 1880年7月3日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ダンツィヒ
死没 1967年1月7日(満86歳没)
スイスの旗 スイス
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

カール・アドルフ・シューリヒトCarl Adolph Schuricht, 1880年7月3日 - 1967年1月7日)は、ドイツ指揮者

略歴[編集]

ダンツィヒ生まれ。父親カール・コンラート・シューリヒトは代々受け継がれてきたオルガン製作者であったが、息子カールが生まれる3週間前に、ダンツィヒの海岸で溺れた雇い人を助けようとして命を落とした。カールは母親がオラトリオ歌手であったこともあり、幼少から音楽に囲まれた環境に育った。

1901年からマインツ市立歌劇場のコレペティトール(声楽練習の伴奏者)を務め、音楽家のキャリアをスタートさせる。1902年からはベルリン音楽高等学院に入学する。1912年から1944年まで長くヴィースバーデン市の音楽総監督の地位にあった。

1944年にエルネスト・アンセルメの求めに応じて、スイス・ロマンド管弦楽団に客演した際に、スイスに亡命し、そのまま終戦を迎えた。また戦前戦後を通じてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(戦前にはポリドールに多数のSP録音を行う)などのヨーロッパ各地のオーケストラに客演した。

1956年、ウィーン・フィルと米国演奏旅行を行う。12のコンサートを開き、大成功を収めた。2年後の1958年には、ウィーン・フィルと大規模なヨーロッパツアーを行った。

1957年ラヴィニア音楽祭シカゴ交響楽団に、タングルウッド音楽祭ボストン交響楽団に客演する。1963年には渡英し、ロンドン交響楽団を指揮した。

1965年ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルを指揮したのが最後の演奏会となり、1967年1月7日スイスで死去した。86歳没。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との関係[編集]

1955年3月の初顔合わせのとき、だらけたウィーン・フィルの演奏態度に腹を立てたシューリヒトは、ブルックナー交響曲第9番を情熱的に指揮して、見事にオーケストラを立ち直らせた。こうしたことがあって、口さがないウィーン・フィルの楽団員もシューリヒトには一目置いて、「偉大な老紳士」と称して特別に敬愛していたという。

モーツァルトの生誕200年にあたる1956年1月27日に、ウィーン・フィルの初の米国演奏旅行に同行するはずだったエーリッヒ・クライバーチューリッヒで急逝した。ウィーン・フィルは米国演奏旅行の首席指揮者として、前日にザルツブルクモーツァルテウム大ホールで成功を収めたシューリヒトを選出する(副指揮者はアンドレ・クリュイタンス)。このツアーから、シューリヒトとウィーン・フィルの蜜月が始まった。以後、ヨーロッパ公演やムジークフェラインでの演奏会、シュテファン大聖堂での演奏会(モーツァルト「レクイエム」)など、両者の黄金時代が続いた。

レパートリー[編集]

シューリヒトはバッハからマーラードビュッシーストラヴィンスキーディーリアスまでレパートリーが広いが、特にモーツァルトブルックナーベートーヴェンブラームスの交響曲の演奏が知られている。若い時代の一時期を除くとオペラの指揮はほとんどなく、同時代の指揮者としては例外的に歌劇場との関係も薄いが、そのことに関しては彼自身も遺憾であったと述懐している[1]

シューリヒトはかなり高齢になってから世界的名声を得た人であり、特に晩年はリウマチの悪化により、杖をつきながらかなり長い時間をかけて指揮台に登場した。しかしひとたび指揮台に上がると、年齢を全く感じさせない輝かしい生命力が、彼の指揮姿からもその音楽からも湧き出て、聴く者に(そしてオーケストラの楽員にも)大きな感銘を与えた。

シューリヒトの演奏スタイルは、基本的にテンポが非常に速く、リズムは鋭く冴えており、響きは生命力に満ち、かつ透明度の高いものであった。彼の楽譜の読みはどの指揮者よりも個性的で、ある時はザッハリヒに厳しく響かせたり、ある時はテンポを動かしながらロマンティックに歌わせるなど、決して一筋縄ではいかない意外性があったが、音楽全体は確信と明晰さにあふれていた。また、同じ曲でも決して毎回同じようには指揮せず、演奏するたびに新鮮な感動と発見を聴き手に与えた。

レコーディング[編集]

EMIデッカコンサート・ホール・ソサエティ盤など多数のスタジオ録音が残されているが、放送用録音の発掘も現在盛んに行われている。

脚注[編集]

  1. ^ ヨセフ・ミュラー=マライン、ハネス・ラインハルト編『ヨーロッパの音楽家 その体験的告白』(佐々木庸一訳)、音楽之友社、1965年

参考文献[編集]

ミシェル・シェヴィ(扇田慎平・塚本由理子・佐藤正樹訳)『大指揮者カール・シューリヒト 生涯と芸術』(2009年 アルファベータ刊)

先代:
-
ヴィースバーデン
音楽総監督
1912年 - 1944年
次代:
-
先代:
アルフレート・センドレイ
ライプツィヒ放送交響楽団
音楽監督
1931年 - 1933年
次代:
ハンス・ヴァイスバッハ
先代:
パウル・ファン・ケンペン
ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1943年 - 1944年
次代:
ゲアハルト・ヴィーゼンヒュッター