アヌンナキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アヌンナキが描かれた古代シュメールの印章

アヌンナキ (Anunnaki) あるいはアヌンナク (Anunnaku) 、アナナキ (Ananaki)とは、シュメールおよびアッカド神話に関係する神々の集団であり、「アヌンナ (Annuna) 」(五十柱の偉大なる神々)と「イギギ (Igigi) 」(小さな神々)という言葉が合わさったものである。後期バビロニア神話によれば、アヌンナキは兄妹神アヌの子であり、アヌはまた、アンシャールキシャール(「天の軸」「地の軸」の意)の子、そのアンシャールキシャールは、ラハムラフムの子であった。

 アヌンナキの会合の長は偉大なる空の神で、都市ウルクの守護神でもあるアヌであり、他の参加者はアヌの子である。のちにアヌの地位は、天と地を分けたとされる神エンリルに取って代わられた。これにより、都市ニップルの守護神エンリルと、腹違いの兄弟である都市エリドゥの守護神エンキの争いに、エンリルが勝利し、指導的地位を得る結果となったと考えられている。エンキは、淡水・知恵・魔術を司る神であるほか、錬金術師であった。また、イギギが、シャパトゥ(ヘブライ語ではサバト:安息日)にストライキを起こし、世界を維持する作業を続けることを拒んだとき、エンキは人間を作って作業をさせ、神々が働かなくともよいようにしたといわれている。

アヌンナキは神々の最高議会であり、アヌの仲間である。神々は大地と冥界に割り当てられた。よく知られている神には、アサル、アサルアリム、アサルアリムヌンナ、アサルルドゥ、エンキ(アッカドではエア)、ナムル、ナムティラク、トゥトゥがいる。

参考文献[編集]

筑摩世界文学大系 1 古代オリエント集 (筑摩書房