パピルサグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パビルサグPabilsag パビルサグ)は、メソポタミア神話に伝わるララク市の都市神でエンリルの子。名は「射手」の意味ともいわれるが、諸説有り。 シュメル語版の洪水伝説や、パビルサグ神のニップル詣で等の文献に現れる、配偶神はニンイシンナ女神。 ギルガメシュ叙事詩エヌマ・エリシュ等に登場する合成獣、ギルタブルルとは別の存在。

パビルサグ崇拝は初期王朝期にさかのぼるが、姿形などの詳細は不明。古バビロニア時代にはニンウルタ(ニヌルタ)・ニンギルスと同一視され、ヘレニズム期に蠍の尾を持つ半人半馬の姿で表されるようになる。ケンタウロスの原型であると言われる。メソポタミアの星座の1つともなっており、射手座の元となった。

参考文献[編集]

  • 「シュメル神話の世界 粘土板に刻まれた最古のロマン」 中公新書
  • 「筑摩世界文学大系1 古代オリエント集」筑摩書房
  • 「古代メソポタミアにおける混成獣グループ(ティアーマトの被造物)マルドゥク神学構築と転用の為の戦略的手段」 東京大学宗教学年報 (16), 73-95, 1998
  • 「Gods,Demons and Symbols of ancient mesopotamia」University of Texas Press
  •  Ancient Mesopotamian Gods and Goddesses  http://oracc.museum.upenn.edu/amgg/listofdeities/pabilsag/