下味

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

下味(したあじ)とは、調理の前準備として食材に様々な味付けを行うこと。

具体的には生の状態での野菜胡椒をかけたり、味噌醤油などの調味料を用いて、その食材に風味をつける等の作業を指す。

蒸し料理では、調理途中に味付けができないため、あらかじめ食材に下味をつけておくことが多い。

関連項目[編集]