ハリー・ケリー・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリー・ケリー・ジュニア
Harry Carey Jr.
Harry Carey Jr.
1948年撮影
本名 Henry George Carey
別名義 Harry Carey[1]
Henry G. Carey[1]
生年月日 1921年5月16日
没年月日 2012年12月27日(満91歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクラリタ・サウガス
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラ
身長 185 cm
職業 俳優
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1946年 - 2010年
配偶者 マリリン・ケリー[2](1944年 - 2012年)
著名な家族 ハリー・ケリー(父)
オリーヴ・ケリー(母)

ハリー・ケリー・ジュニアHarry Carey, Jr.1921年5月16日 - 2012年12月27日)は、アメリカ合衆国の俳優。父はサイレント映画時代から西部劇を中心に活躍した名優ハリー・ケリー、母はその2番目の妻で女優のオリーヴ・ケリー英語版。父同様、西部劇作品に多く出演した性格俳優英語版である[3]

来歴[編集]

西部劇映画で活躍した名優ハリー・ケリーの息子としてカリフォルニア州サンタクラリタサウガス英語版に生まれ、両親が所有するカリフォルニアの牧場で育つ[3]

オペラ歌手で映画スターのローレンス・ティベットのようなクラシック歌手になるのが夢で、歌の勉強のためにニューヨークに渡る。1939年にニューヨーク万国博覧会でショーのパフォーマーの職を得る。1941年にNBCで働くようになるが、第二次世界大戦が始まると海軍に入隊する。最初の3年間は衛生兵として働き、その後、父の親友ジョン・フォード監督によるプロパガンダ映画制作の任務に(ケリー本人が拒否したにもかかわらず)つくことになる[3]

退役後、歌手を目指すが上手く行かず[3]、俳優に転向し、1946年に映画『Rolling Home』の端役でデビューする[4]。その後、父が出演した映画『赤い河』(1948年)に出演する(父との共演シーンはない)。

1947年に父が亡くなると、父がかつて主演したサイレント映画『恵みの光英語版』(1919年)のリメイク作『三人の名付親』(1948年)で主役の1人に抜擢される。このリメイク作は、『恵みの光』の監督でもあるジョン・フォードが親友ハリー・ケリーに捧げた作品である[3]。この作品以降、フォード監督作品の常連俳優として多くの作品に出演するようになる。

1950年代以降はテレビを中心に活動し、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにテレビ分野で星を持つ。

2012年に老衰で死去[5]

主な出演作品[編集]

エピソード[編集]

「ハリー」や「ジュニア」ではなく、友人や家族、映画ファンからは「Dobe」と呼ばれていた[4]。 Dobeの愛称は生まれた直後に父が付けたもので、赤毛の髪が日干しれんが(adobe)を思わせることによる[3]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]