チェリー2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チェリー2000』(テレビ東京放映時邦題『ラブアンドロイド・チェリー』、原題 Cherry 2000)は、1986年製作・1988年2月5日全米公開のアメリカ映画。また、その劇中に登場するガイノイドの製品名(モデル名)。

概要[編集]

日本では劇場公開されず、ビデオソフトでの初リリースとなったSF冒険アクション映画である。大ヒット映画『ロボコップ』と同じオライオン映画が製作し、公開年もその翌年の作品。音楽も『ロボコップ』と同じベイジル・ポールドゥリスが作曲・指揮を担当した。
サイボーグ男性を主人公にした『ロボコップ』に対し、本作では女性型人造人間を題材にしている(※なお、テレビ東京で複数回、地上波テレビ放映された際の邦題『ラブアンドロイド・チェリー』だが、「アンドロイド」は元々「男性もどき」の意味であり、男性型ロボットを指す言葉なので、用法を誤っている。女性型ロボットは「ガイノイド」が正しい)。
都会の気弱なお坊ちゃんサラリーマンだった主人公の成長が見所。

ストーリー[編集]

荒廃した近未来(2017年)のアメリカ。アナハイムの都会に住む独身サラリーマンのサムは、自宅で家事全般から夜の相手までこなし、耳元で愛をささやいてくれる高級女性型ロボット「チェリー2000」型と「2人」で暮らし、小さな幸せを謳歌していた。
しかしそんなある日、サムのチェリー2000に致命的な故障が起きてしまう。不幸中の幸いで「彼女」の記憶チップは無事だったが、ボディーは完全に修復不能。また、既にチェリー2000型の生産は終了してしまっていた。
セックスさえよければという消費者マインドが主流の世の中で、新型ロボットでは細やかな愛情表現機能も廃止されており、落ち込むサムだったが、かつてラスベガスだった荒野の廃工場にチェリー2000型のボディーがまだあると知ったサムは、「彼女」の記憶チップを手に、今や危険な無法地帯と化した荒野へと冒険の旅に出る。
道中、女性用心棒“E”ことジョンスンと出会い、一緒に旅を続けるサムだが、とてつもない相手を敵に回すことになる。

製作会社[編集]

  • オライオン映画
  • ERPプロダクションズ

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

日本語吹替版(テレビ東京)[編集]

声の出演[編集]

日本語版制作スタッフ[編集]

テレビ放映履歴[編集]

地上波[編集]

衛星放送・CS・ケーブルテレビ等[編集]

映像商品[編集]

日本ではビデオソフトとして初リリースされた。

  • VHSビデオソフト

アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ(株)より、税込定価15,800円、品番:CVT 11026、JANコード:T4988107102611、1988年8月21日発売。

  • ベータビデオソフト

詳細不明。

  • レーザーディスク

アール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ(株)より、税込定価4,841円、品番:SF047-5352、JANコード:T4988107102680、1989年7月25日発売。

音楽商品(全て海外盤)[編集]

  • 1987年9月1日、アメリカのヴァレーズ・サラバンドの限定盤シリーズ“Varese Sarabande CD Club”第1弾として、1,500枚限定(手書きのシリアルナンバー入り)のオリジナル・サウンドトラック盤CDが発売された(演奏時間:39分4秒、全22曲収録、品番:VCL 8903.1)。CDケース裏面の曲名リストから、収録曲名が2曲抜け落ちていた。すみや渋谷店では3,800円で売られていた。
  • 2000年2月1日、アメリカのプラティナム・ミュージックより、24kゴールドディスク仕様の限定盤(映画『グレート・ウォリアーズ 欲望の剣』とのカップリング盤))が発売された。品番:GOLD-CD-95004、全33曲、うち本作の音楽22曲収録。
  • 2004年7月28日ベルギーのプロメテウス・レコーズより、同じベイジル・ポールドゥリス作曲の映画『ノーマンズ・ランド』の音楽とカップリング収録されたオリジナル・サウンドトラック盤CDが発売された(総演奏時間:77分21秒、全41曲、うち本作の音楽30曲を収録)。本作の音楽については、上記のヴァレーズ・サラバンド盤、プラティナム・ミュージック盤より8曲増えた完全盤となっている。品番:PCD 155、バーコード:5400211001554。現在も発売中で、いちばん入手しやすい。

関連事項・関連作品[編集]

  • マッドマックス(本作の様なシチュエーションの元祖とも言える、荒廃した近未来の荒野を舞台としたSFアクション映画)
  • 僕の彼女はサイボーグ(本作と同様、女性型ロボットとの恋愛と、その記憶チップが題材になっている映画)
  • 絶対彼氏。(男性型の恋人ロボットと暮らすことになった女性を描いた漫画・テレビドラマ作品。テレビドラマ版タイトルは『絶対彼氏 ~完全無欠の恋人ロボット~』)
  • 銀河鉄道999(強い女性と旅する主人公や「機械と人間との選択を迫られる」というラストの展開が、本作と共通している漫画・アニメ作品)
  • ワーキング・ガール(本作でヒロインを演じたメラニー・グリフィスの出世作)
  • ロボコップ(本作と公開年・製作会社・作曲家が同一、題材も近い映画)

カメオ[編集]

劇中、映画『禁断の惑星』に登場した「ロビー」と、映画『地球の静止する日』に登場した「ゴート」の各ロボットが並んで映っているサービスカットがある。

外部リンク[編集]