ウディ・ストロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウディ・ストロード
Woody Strode
生年月日 1914年7月28日
没年月日 1994年12月31日(満80歳没)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ウディ・ストロード(Woody Strode, 1914年7月28日 - 1994年12月31日1995年1月1日説も))は、アメリカ映画界を代表する男優で、黒人俳優の始祖、黒人男優の父と呼ばれている。

アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。UCLA卒業。

功績、生涯[編集]

20代に入ってから映画と関わり始め、スタントマンを経験後に1940年代初頭から本格的に俳優として活動しはじめた。俳優ウディ・ストロードの生涯は、黒人俳優の歴史を紐解くことに等しい。この当時、黒人俳優は、台詞や役名はもちろん、国籍さえも与えられぬような曖昧なキャラクターばかりで、その大半が作品のファクターとなる役柄ではなく、その他大勢の兵士や労働者、悪党の郎党などといったものばかりであった。こうした理不尽な扱いしかされぬ黒人俳優を、彼は主役を引き立てる準主役という地位にまで引き上げたばかりか、黒人俳優が映画の主役を張るという現在ではごく普通となっている状況の下地を作る役割を果たしたことから、まさしく黒人男優の父祖的な存在といえる。

その発端は、まずストロードの魅力にあった。1940年代、デビューして間もなくおびただしい数の映画に出演を続けていた彼は、鍛えぬかれた筋肉質な肉体と野性味を宿した風貌を買われ、白人俳優には出せない貴重な個性として重宝され始める。1950年代に入り、型破りなスター、アイドル像が当たり前となった時代の到来で、ストロードはあえて彼らの引き立て役にとどまったばかりではなく、『カリブの海賊』(1952年)、『海底の大金塊』(1953年)、『非情のカード』(1954年)などのアドベンチャー的な作品でなくてはならない存在で鮮烈な印象を残した。特に、『スパルタカス』(1960年)の剣闘士ドラバ役が有名である。ストロードの知名度が上がる一方で、スクリーンでも黒人男優の存在感が次第に注目され始め後年、のストロードとは対照的なシドニー・ポワチエデンゼル・ワシントンらに代表されるのイメージの後継者たちが台頭してゆく。

カラー映画やテレビドラマが全盛の1960年代、ストロードの個性は改めて新鮮な存在を放ち、驚きと活気を与えたばかりでなく、親しみやすいものとなってゆく。そして1966年『プロフェッショナル』以降さらに変貌をとげ、寡黙で冷徹、精悍で知的な個性を擁し、幅広い役柄で多くの作品に出演。褐色の弾丸という異名をとり、名バイプレイヤーの地位を確立してゆく。パニック映画オカルト映画など、時代の流行にも対応をみせ、老いても尚、重厚な存在感を見せた。1980年代は一時ヨーロッパに移りB級作品に主演するが、晩年は一転してインディーズ出身の監督や若手の監督らに特別出演的な扱いで出演オファーを受けるなど、精力的な活動が続いた。

1994年、舌癌にかかり、程なくして他界。

最期までスタイルを変えることなく、現役の第一線でありつづけた。死に立ち会った監督の中には、次回作に起用を決めていた監督も多かったとされ、サム・ライミ監督もまた、黒人俳優創生期から全盛期を生きた先駆者に対しての敬意を表している。

スポーツ歴[編集]

UCLA時代にはアメリカンフットボールの他にバスケットボールも行っており、ジャッキー・ロビンソンともチームメートだった[1]

1946年にNFLロサンゼルス・ラムズに入団した。ケニー・ワシントンと共にアフリカ系アメリカ人選手として初のNFL選手となった。UCLAのチームメートだったジャッキー・ロビンソンも同じ年にメジャーリーグベースボール入りを果たした。1948年、1949年にはカナディアン・フットボール・リーグカルガリー・スタンピーダーズでプレイした。また数年間プロレス経験もある。彼のファイトスタイルはゴージャス・ジョージのようであった。

主な作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1941 サンダウン
Sundown
警官 クレジットなし
1943 ノー・タイム・フォア・ラブ
No Time for Love
作業員 クレジットなし
1952 カリブの海賊
Caribbean
エサウ
1953 海底の大金塊
City Beneath the Sea
ディジョン
1954 ディミトリアスと闘士
Demetrius and the Gladiators
剣闘士 クレジットなし
非情のカード
The Gambler from Natchez
ジョシュ
1959 勝利なき戦い
Pork Chop Hill
フランクリン
1960 最後の航海
The Last Voyage
ハンク・ローソン
バファロー大隊
Sergeant Rutledge
ブラクストン・ラトリッジ
スパルタカス
Spartacus
ドラバ
1962 リバティ・バランスを射った男
The Man Who Shot Liberty Valance
ポンペイ
1963 ターザン 三つの挑戦
Tarzan's Three Challenges
Khan/Dying Leader
1965 ジンギス・カン
Genghis Khan
センガル
1966 荒野の女たち
7 Women
痩せた戦士
プロフェッショナル
The Professionals
ジェイク・シャープ
1968 シャラコ
Shalako
チャト
ウエスタン
Che!
ストーニー
1969 革命戦士ゲバラ!
Che!
ギレルモ
1970 雪の国境突破!脱獄作戦
Breakout
スキップ テレビ映画
1972 復讐の荒野
The Revengers
ジョブ
皆殺しハンター
La mala ordina
フランク・ウエブスター
誇り高きインディアンの英雄/ウィンター・ホーク
Winterhawk
ビッグ・ルード
1976 ザ・クエスト
The Quest: The Longest Drive
タッカー テレビ映画
ケオマ・ザ・リベンジャー
Keoma
ジョージ
1977 オイル・パニック
Cuibul salamandrelor
ベン
巨大クモ軍団の襲撃
Kingdom of the Spiders
ウォルター・コルビー
1979 破壊都市・未来元年
Ravagers
ブラウン
1980 ジャガーNo.1
Jaguar Lives!
センセイ
サザンクロス
Cuba Crossing
ティティ
1982 ミッシング・ボーダー/地獄の戦場
Angkor: Cambodia Express
ウディ
サバイバル・ジャングル/失われた黄金
Horror Safari
カル
1983 報復軍団ヴィジランテ・フォース
Vigilante
レイク
ワイルド・ブラック2/黒い馬の故郷へ
The Black Stallion Returns
メスラー
1984 地獄のボンバー/史上最強のワンマン・アーミー
Razza violenta
ポロ
ザ・エクスキューター
L'ultimo guerriero
サム
拷問!レイプ・美女軍団の復讐
Euer Weg führt durch die Hölle
ルーサー
コットンクラブ
The Cotton Club
ホルムズ
1985 ラスト・イン・ザ・ダスト
Lust in the Dust
ブラックマン
1987 オン・ファイアー
On Fire
ウディ テレビ映画
ルイジアナの夜明け
A Gathering of Old Men
ヤンク テレビ映画
1992 ストーリービル/秘められた街
Storyville
チャーリー
1993 黒豹のバラード
Posse
語り手
1995 クイック&デッド
The Quick and the Dead
チャーリー・ムーンライト

ナレーター[編集]

  • ブラック・ロデオ (1972)

スタント監督[編集]

  • The Gatling Gun (1973)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TEAMMATES RECALL JACKIE ROBINSON'S LEGACY”. UCLA. 2014年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]