ビートルジュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビートルジュース
Beetlejuice
監督 ティム・バートン
脚本 マイケル・マクダウェル
ウォーレン・スカーレン
製作 マイケル・ベンダー
ラリー・ウィルソン
リチャード・ハシモト
出演者 マイケル・キートン
アレック・ボールドウィン
ジーナ・デイヴィス
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 トーマス・エーカーマン
編集 ジェーン・カーソン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年3月30日
日本の旗 1988年12月10日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000
興行収入 $73,707,461[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ビートルジュース』 (Beetlejuice) は1988年アメリカ映画ティム・バートン監督によるコメディ映画

また、この映画の登場人物の名前でもある。尚、ビートルジュース、という名前はベテルギウスの英語読みの発音にbeetle(カブトムシ)とjuice(ジュース)を当てはめたものである。

アメリカでは1988年3月29日にプレミア上映されたのち、3月30日に公開され、週末興行成績で初登場から4週連続で1位になり、11週間トップ10内にとどまる大ヒットとなった。

第61回(1988年度)アカデミー賞にてメイクアップ賞を受賞した。

ストーリー[編集]

ニューイングランドののどかな田舎町に住むアダムとバーバラの夫婦は、事故で橋から自動車ごと転落してあえなく死んでしまう。2人は幽霊になったが、それをなかなか自覚できなかった。しかし家の外に出ると、サンドウォームのような怪物に襲われ、屋恨裏部屋には「新しく死者になった者へのガイドブック」がおかれたりしていて、ようやく自覚した。

やがてその家に、ニューヨークから金儲けの機会をたえず狙っているチャールズと、一人よがりの彫刻を作っている妻デリア、前妻との娘で妙に冷めているリディアの一家が越して来た。アダムらは彼らを追い出そうと脅かすが、彼らには見えないらしくまるで効果がない。ハンドブックをたよりに、後世社会(アフター・ライフ)のカウンセラー・ジャノーに相談すると、「ビートルジュースにだけは頼んではいけない」という。ビートルジュースは正式にはベテルギウスと呼び、人間を追い出すバイオ・エクソシストの仕事をしている。しかし、効果はないどころかトラブルがおきるだけだという。一方、孤独なリディアは2人の幽霊の存在に気付き、仲良くなる。

ある日、チャールズが友人を呼んでパーティを開いたので、アダムらは脅かそうと試みたみんなにバナナ・ボートを踊らせてみたが、驚くどころか、チャールズは幽霊博物館を作って金儲けをしようと計画する。仕方なくアダムとバーバラはビートルジュースを呼び出したが、口八丁手八丁でスケベな彼は大騒動を巻き起こす。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ビートルジュース マイケル・キートン 西川のりお
アダム アレック・ボールドウィン 安原義人
バーバラ ジーナ・デイヴィス あべ静江
リディア ウィノナ・ライダー 勝生真沙子
デリア キャサリン・オハラ 藤田淑子
オーソ グレン・シャディックス 石丸博也
チャールズ ジェフリー・ジョーンズ 佐古雅誉
ジュノ シルヴィア・シドニー 京田尚子
マクシー・ディーン ロバート・グーレ 曽我部和恭
伝道師 演:トニー・コックス
声:ジャック・エンジェル

その他声の出演、杉村理加沖恂一郎仁内建之林一夫丸山真奈実

日本語版制作スタッフ
字幕翻訳 新村一成
吹替翻訳 川本燁子
吹替アドバイザー 所ジョージ
演出 海老原保明
録音 上村利秋
制作 スタジオ・エコー

配役[編集]

キャスティングにおいて、当初リディアの母親役には『アダムス・ファミリー』のモーティシア役で知られるアンジェリカ・ヒューストンが演じる予定だったが、病気のためにキャサリン・オハラが同役を演じた。尚、オハラは同作品の美術を担当したボー・ウェルチと出会い結婚した。

リディア役には数々の若手女優が候補に挙がり、ジェニファー・コネリーサラ・ジェシカ・パーカージュリエット・ルイスブルック・シールズダイアン・レインらがいた。

アニメ(カートゥーン)版[編集]

実写映画を元に製作されたアニメビートルジュース(Beetlejuice cartoon)は映画公開の翌年(1989年−91年)に、テレビシリーズとしてアメリカカナダの合作でアニメ化された。全4シーズン、109話。アメリカ合衆国では第3ジーズンまでABC放送で放送。第4シーズンはフォックス放送内のFox Kidsにて放送された。

また、他国ではカートゥーンネットワークなどでも放送されたりもした。

なお、日本ではワーナー・ブラザーズよりビートルジュース20周年記念 特別版としてDVDBlu-ray Discで特典として一部だけ見る事ができる。

  • 名探偵ビートルジュース(12分)
  • クローゼットの中のガイコツたち(12分)
  • 恐怖のブティック(12分)

声の出演[編集]

  • ビートルジュース - スティーブン・ウィメッテ
  • リディア - アリソン・コート
  • デリア - エリザベス・ハンナ

テーマパーク[編集]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて上演されているアトラクション、ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックン・ロール・ショー[2]およびユニバーサル・オーランド・リゾートで上演されているショー(en:Beetlejuice's Rock and Roll Graveyard Revue)の司会進行を勤めている。ユニバーサル・オーランド・リゾートにおけるショーのビートルジュースはウォーリー・ウィンガートが1994年から1997年まで演じた。

ショー内容は映画のシナリオとはさほど関係が無く、特に日本版のビートルジュースの挙動は映画のキャラクターとはやや離れているため、USJ版を先に見慣れている人が映画版を見るとやや違和感を覚えることもある。映画版の原型を垣間見ることが出来るのはショー冒頭で客に自分の名前を三回呼ばせるところなどである[3]。ちなみに、映画自体はワーナー映画製作のため、USJのガイドマップなどの著作権クレジットにはその旨が書いてある。

オーランドの内容は長らく日本のそれのほぼ逆輸入の内容だったが[4]、2006年に再び変更があり、日本とはまた違った内容になっている。

かつてはハリウッドにもオーランドと同名のショーがあったが、1999年に閉鎖された。陽気な墓場のDJというキャラクターが人気を博し日本ではパークのほかのキャラクターと共にUSJスペシャルショーにも出演。

脚注[編集]

  1. ^ Beetlejuice (1988)”. Box Office Mojo. 2009年9月17日閲覧。
  2. ^ USJ開園後暫くは"ロッキン・ミッドナイト・モンスター・フェスト"というタイトルだった。
  3. ^ 映画ではこれがビートルジュースとの契約の意思表明である。
  4. ^ 設立自体は1992年とオーランドの方が早いが、USJオープン後に日本とほぼ同内容への変更があった。

外部リンク[編集]