ファイナル・デスティネーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイナル・デスティネーション
Final Destination
監督 ジェームズ・ウォン
脚本 グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン
ジェフリー・レディック
製作 グレン・モーガン
クレイグ・ペリー
ウォーレン・ザイド
製作総指揮 リチャード・ブレナー
ブライアン・ウィッテン
出演者 デヴォン・サワ
アリ・ラーター
ショーン・ウィリアム・スコット
音楽 シャーリー・ウォーカー
撮影 ロバート・マクラクラン
編集 ジェームズ・コブレンツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年5月17日
日本の旗 2001年1月20日
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $23,000,000[1]
興行収入 $112,880,294[1] 世界の旗
$53,331,147[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 デッドコースター
テンプレートを表示

ファイナル・デスティネーション』(Final Destination)は、2000年アメリカで公開されたホラーサスペンス映画

凄惨な飛行機事故を予知して回避した若者たちが逃れられない死の運命に次々とさらされる恐怖を描く。

本作は『X-ファイル』や『ミレニアム』の脚本家として知られるジェームズ・ウォンの劇場映画監督デビュー作品である[2]。元々、ジェフリー・レディックが『X-ファイル』のエピソードとして考案したものを、グレン・モーガンとジェームズ・ウォンが劇場映画向けの脚本に仕上げた[3]

本作だけでなく続編も全米でヒットを記録しており、小説化もされている。続編の冒頭で事故が起こる舞台は2作目が高速道路、3作目が遊園地ローラーコースター、4作目がサーキット、5作目が吊り橋となっている。

概要[編集]

  • タイトルは直訳すると「最終目的地」または「終点」で、つまり「死」を示唆している[4]
  • 製作時仮題「FLIGHT 180」、中題「絶命終結站」。
  • アメリカ劇場公開2000年3月17日。日本劇場公開2001年1月20日。
  • 2001年度サターン賞ホラー映画作品賞受賞。主演のデヴォン・サワが若手俳優賞受賞。
  • 作中に挿入されている事故現場のシーンは、1996年に発生したTWA800便墜落事故の実際の報道映像である。また墜落時刻や目的地などの事故の概略はほぼ同じである。

ストーリー[編集]

パリ修学旅行に向かう高校生のアレックス・ブラウニングは、飛行機が大爆発するリアルな夢を見て騒ぎを起こし、離陸前に飛行機を降ろされてしまう。

巻き添えをくった友人や教師らを残して離陸した飛行機はアレックスの夢のとおり空中で爆発、運良く生き残ったかに思われた彼らにも再び死の恐怖が。

友人達が次々と死に見舞われる中、その法則性に気づいたアレックスたちは運命に逆らおうとする。

登場人物(飛行機事故から逃れた7人)[編集]

アレックス・ブラウニング
主人公。当初アレックスは自分の死ぬ順番は6番目だと思っていた。死ぬ順番は7番目だったが、クレアと共に最後まで生き残る。
クレア・リバース
最後まで生き残りアレックスの恋人となる。当初アレックスは彼女の死ぬ順番は最後だと思っていた。死ぬ順番は6番目で、自宅付近の高圧線の電線が切れて、自宅の電気系統はショートで爆発を起こし感電を防ぐために部屋から自動車に乗り込むが車は感電で故障してしまい電線の火花から炎が燃え上がり車が爆発寸前のところをアレックスに助けられる。
カーター・ホートン
アレックスとはあまり仲が良くなかった。死ぬ順番は4番目で、線路内で彼の自家用車が機能しなくなり列車に轢かれるところだったが、間一髪でアレックスに助けられる。最後まで生き残るが、アレックスとクレアと一緒に旅行に行った際に看板の落下事故に巻き込まれて…。
ビリー・ヒッチコック
どさくさまぎれで飛行機から降りた生徒。死ぬ順番は5番目で、カーター車と列車との接触事故で、大破した鋭利な破片で顔を切断され死亡。本来カーターが死亡するはずだったが、アレックスがカーターを助けたことで死の順番が自分に回った。
ヴァレリー・リュートン
アレックス達が通う高校の教師。死ぬ順番は3番目で、自宅の居間に置いてあるパソコン用のCRTモニターが、カップのひびから流れ出た酒によるショートで爆発を起こし、その破片が彼女の首に突き刺さり重傷を負う。そして炎はキッチンのコンロにまで引火し部屋中炎に包まれる。逃げ惑うも首の出血で力尽き出血を抑えようと布を手に取った瞬間数本のナイフが体を突き刺さり、倒れた家具がダメ押しとなって死亡。更に家が大爆発を起こし炎に焼かれる。
テリー・チェイニー
カーターの彼女。死ぬ順番は2番目で、バスに轢かれ死亡。
トッド・ワグナー
アレックスの親友。死ぬ順番は最初で、自宅の浴室で足を滑らせ、洗濯ロープのワイヤが首に巻きつき窒息死する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
DVD版 TV版
アレックス・ブラウニング デヴォン・サワ 三木眞一郎 草尾毅
クレア・リバース アリ・ラーター 朴璐美 冬馬由美
カーター・ホートン カー・スミス 石田彰 伊藤健太郎
ウィリアム・ブルワース トニー・トッド 銀河万丈 西凛太朗
ヴァレリー・リュートン クリステン・クローク 山像かおり 金野恵子
ビリー・ヒッチコック ショーン・ウィリアム・スコット 小西克幸 松本大
テリー・チェイニー アマンダ・デトマー 落合るみ 岡村明美
トッド・ワグナー チャド・ドネッラ 真殿光昭 私市淳
ヴァイン捜査官 ダニエル・ローバック 野島昭生
シュレック捜査官 ロジャー・グエンバウア・スミス 田中正彦

もうひとつのエンディング[編集]

「アレックスはクレアを救うため高圧電線を握り締めて火だるまになり死亡。時は移りクレアが飛行機の離陸時刻だった9時25分に男児を出産、アレックスと命名。また、カーター・ホートンも生き残る。」というエンディングもあったが、試写会で不評だったため、新たに200万ドル以上を投じてエンディングを撮り直した[5]。追加撮影が半年後だったため、主役のデヴォン・サワはかなり太ってしまっていたものの画面ではそれほど目立たず、また追加撮影部分がストーリー上も半年後の話となっていたため、違和感をもたせないものとなっている。なお、初期版のエンディングはBD/DVDに特典映像として収録されている。

特記[編集]

  • 主要な登場人物の名前は、往年のホラー映画の監督やスターたちからとったものである。
アレックス・ブラウニング - トッド・ブラウニング魔人ドラキュラ(1931)監督)
トッド・ワグナー - ジョージ・ワグナー(狼男の殺人(1941)監督)
テリー・チェイニー - ロン・チェイニーオペラ座の怪人(1925)俳優)
ビリー・ヒッチコック - アルフレッド・ヒッチコックサイコ(1960)監督)
ヴァレリー・リュートン - ヴァル・リュートン(キャット・ピープル(1942)製作)
シュレック捜査官 - マックス・シュレック(吸血鬼ノスフェラトゥ(1920)俳優)
ラリー・ムルナウ(飛行機事故の犠牲となった教師) - F・W・ムルナウ(吸血鬼ノスフェラトゥ(1920)監督)

など。

スタッフ[編集]

  • 監督 - ジェームズ・ウォン
  • 製作総指揮 - リチャード・ブレナー、ブライアン・ウィッテン
  • 脚本 - グレン・モーガン、ジェームズ・ウォン、ジェフリー・レディック
  • 音楽 - シャーリー・ウォーカー
  • 撮影 - ロバート・マクラクラン
  • プロダクションデザイン - ジョン・ウィレット
  • 衣装デザイン - ジョリ・ウッドマン
  • 特殊メイク - ライアン・ニコルソン
  • 特殊効果 - アリエル・ヴェラスコ=ショー、レイ・マッキンタイアJr.

シリーズ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Final Destination (2000)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月22日閲覧。
  2. ^ ジェームズ・ウォンは、『X-ファイル』の第4シーズン第7話『紫煙』(Musings of a Cigarette Smoking Man)で、すでにテレビドラマの監督は経験していた。
  3. ^ 北米盤DVDの特典映像より。DVD Reviewによる監督インタビューも参照。
  4. ^ 「destination」は「destine」(運命づける)の名詞形のひとつで、「運命が導く場所」という意味である。もうひとつ、「destiny」(運命・宿命)という名詞形もある。
  5. ^ 「新たな命を授かること(=妊娠)によってのみ、死の運命を回避できる」という設定があったが、このシーンが削除されたことにより、同設定も白紙状態になった(DVDの特典映像の解説より)が、次作「デッドコースター」においてミスリードの要素として採用され、次作主人公のキンバリー達を翻弄することになる。

外部リンク[編集]