フライトナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フライトナイト
Fright Night
監督 トム・ホランド
脚本 トム・ホランド
製作 ハーブ・ジャッフェ
出演者 クリス・サランドン
ウィリアム・ラグズデール
アマンダ・ビアース
ロディ・マクドウォール
音楽 ブラッド・フィーデル
主題歌 J・ガイルズ・バンド
「フライトナイト」
撮影 ジャン・キーサー
編集 ケント・ビーダ
製作会社 コロムビア映画
ヴィスター・フィルムズ
配給 コロムビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年8月2日
日本の旗 1985年11月2日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $24,922,237[1][2]
次作 フライトナイト2/バンパイヤの逆襲
テンプレートを表示

フライトナイト』(Fright Night)は、1985年アメリカ合衆国コメディホラー映画。第13回(1985年度)サターン賞ホラー映画賞など3部門で受賞した(詳細は後述)。

1988年に続編『フライトナイト2/バンパイヤの逆襲』が公開され、2011年に『フライトナイト/恐怖の夜』としてリメイクされている。

キャッチ・コピーは「闇夜 それは人間のものではない」。

ストーリー[編集]

ある日の夜、チャーリーの隣の家に2人の男が棺桶を運んでやってきた。その途端、近所で殺人事件などの奇妙な出来事が多発。しかしそれらはある“恐怖”の序章に過ぎなかった。

ある晩、勉強中だったチャーリーは隣家の男が女を殺害する場面に遭遇。翌朝、遺体を見たチャーリーは警察に「犯人はヴァンパイアだ」と説明するが、一笑に付されてしまう。その夜、チャーリーの家にジェリー・ダンドリッジという男が現れ、チャーリーに取引を要求することになる。

その後チャーリーは『フライトナイト』というテレビ番組の司会者・ピーター・ヴィンセントに悩みを打ち明けるが、ピーターは相手にしてもらえないとそれを否定。窮地に追い込まれたチャーリーは、エイミーとエドの助けを借りながら、ヴァンパイアとなったジェリーと対決する。

登場人物[編集]

ジェリー・ダンドリッジ
ヴァンパイア
チャーリー・ブリュースター
17歳の普通の高校生。隣家に住むジェリーがヴァンパイアであることに気付く。
ピーター・ヴィンセント
『フライトナイト』のホスト。チャーリーからの相談を受ける。
エイミー・ピーターソン
チャーリーのガールフレンド。テレビの人気ホラー番組『フライトナイト』に夢中。
エド・トンプソン
チャーリーの悪友。
ビリー・コール
チャーリーの隣家にジェリーと暮らす若い男。ヴァンパイアではないが生身の人間でもない。
ジュディ・ブリュースター
チャーリーの母親。
レノックス刑事
チャーリーが隣家のヴァンパイアの件で相談。

キャスト[編集]

役名 俳優 TV版吹替
ジェリー・ダンドリッジ クリス・サランドン 安原義人
チャーリー・ブリュースター ウィリアム・ラグズデール 大塚芳忠
ピーター・ヴィンセント ロディ・マクドウォール 羽佐間道夫
エイミー・ピーターソン アマンダ・ビアース 高島雅羅
エド・トンプソン スティーヴン・ジョフリーズ 三ツ矢雄二
ビリー・コール ジョナサン・スターク 大滝進矢
ジュディ・ブリュースター ドロシー・フィールディング 藤田淑子
レノックス刑事 アート・エヴァンス
日本語吹替は、現在いずれのソフトにも収録されていない。

受賞歴[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
サターン賞 ホラー映画賞 受賞
脚本賞 トム・ホランド
助演男優賞 ロディ・マクドウォール

サウンドトラック[編集]

フライトナイト
J・ガイルズ・バンドシングル
収録アルバム フライトナイト オリジナル・サウンドトラック
B面 Boppin' Tonight
(ファビュラス・フォンテーンズ)
リリース 1985年10月21日日本の旗
ジャンル ロック
レーベル CBS・ソニー
テンプレートを表示

本作の音楽は当時『ターミネーター』などを手掛けたブラッド・フィーデルが担当。サントラ盤ではブラッドによるヴォーカル曲も収録されている。

J・ガイルズ・バンドが歌った主題歌は日本でもシングル・レコードがリリースされた(1985年10月21日発売/07SP-919)。

収録曲
  1. Fright Night(主題歌)/J・ガイルズ・バンド
  2. You Can't Hide From the Beast Inside/オートグラフ
  3. Good Man In a Bad Time/イアン・ハンター
  4. Rock Myself to Sleep/エイプリル・ワイン
  5. Let's Talk/ディーヴォ
  6. Armies of the Night/スパークス
  7. Give it Up/イヴリン・キング
  8. Save Me Tonight/ホワイト・シスター
  9. Boppin' Tonight/ファビュラス・フォンテーンズ
  10. Come To Me/ブラッド・フィーデル

参考文献[編集]

  1. ^ a b Fright Night (1985) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年12月24日閲覧。
  2. ^ Fright Night (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]