死霊館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
死霊館
The Conjuring
監督 ジェームズ・ワン
脚本 チャド・ヘイズ
ケイリー・W・ヘイズ
製作 トニー・デローザ=グランド
ピーター・サフラン
ロブ・コーワン
製作総指揮 ウォルター・ハマダ
デイヴ・ノイスタッター
出演者 ヴェラ・ファーミガ
パトリック・ウィルソン
音楽 ジョセフ・ビシャラ
撮影 ジョン・R・レオネッティ
編集 カーク・M・モリ
製作会社 ニュー・ライン・シネマ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年7月19日
日本の旗 2013年10月11日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $305,394,821[2]
テンプレートを表示

死霊館』(しりょうかん 原題: The Conjuring)は、2013年制作のアメリカ合衆国ホラー映画

悪魔の棲む家』で有名なアミティヴィル事件など多くの超常現象を調査・解明してきた、アメリカでは非常に有名な超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻英語版が、これまでに調査したものの中で「最も邪悪で恐ろしい事例」としてこれまで封印してきた、1971年に体験した衝撃の事件を基に描く。PG12指定

あらすじ[編集]

1971年、若い夫婦と5人の娘のペロン一家は、ロードアイランド州ハリスヴィルの田舎にある、いささか古いが屋敷のように広い部屋を持つ一軒家を購入した。念願のマイホーム購入を喜ぶペロン一家であったが、入居した翌日から奇怪な現象が次々と発生するようになる。

ついに娘たちにもその危害が及ぶに至って、ペロン夫妻の妻キャロリンは、超常現象研究家として名高いウォーレン夫妻に助けを求める。夫のエドはカトリック教会が唯一公認した非聖職者の悪魔研究家であり、妻のロレインは透視能力を持っている。

ウォーレン夫妻の調査の結果、その一軒家には戦慄すべき血塗られた過去がある事が判明した。ウォーレン夫妻はペロン一家を救うべく尽力するが、霊力の強さと邪悪さはウォーレン夫妻の想像をはるかに超えるものであった。

霊の魔の手はウォーレン夫妻の1人娘ジュディにも迫る。間一髪のところでジュディは救い出されるが、その一方で、屋敷から退避していたペロン家では、霊に取り憑かれて正気を失ったキャロリンが5人の娘のうち、霊が見えるクリスティーンとエイプリルを連れ出して行方をくらます。連絡を受けたウォーレン夫妻は霊が2人の娘を生け贄にするために屋敷に連れて行ったと睨み、キャロリンの夫ロジャーらとともに屋敷に駆けつける。まずクリスティーンを救い出し、キャロリンを教会に連れて行こうとするが、ロレインの透視で屋敷から連れ出すとキャロリンが死ぬことが分かる。教会から悪魔払いの許可を得ていなかったが、事態が切迫していることから、エドが悪魔払いをすることになる。激しく暴れるキャロリンは床下に閉じ込めていたエイプリルに襲いかかるが、ロレインやロジャーの必死の説得で本来のキャロリンを取り戻し、霊は去る。こうしてペロン家とそしてウォーレン家にも平安が訪れる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

脚注[編集]

外部リンク[編集]