ファイナル・デッドコースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファイナル・デッドコースター
Final Destination 3
監督 ジェームズ・ウォン
脚本 ジェームズ・ウォン
グレン・モーガン
製作 クレイグ・ペリー
グレン・モーガン
ジェームズ・ウォン
ウォーレン・ザイド
製作総指揮 リチャード・ブレナー
トビー・エメリッヒ
マット・ムーア
出演者 メアリー・エリザベス・ウィンステッド
ライアン・メリマン
音楽 シャーリー・ウォーカー
撮影 ロバート・マクラクラン
編集 クリス・ウィリンガム
配給 アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2006年2月10日
日本の旗 2006年9月9日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $113,270,608[1] 世界の旗
$54,098,051[1] アメリカ合衆国の旗
前作 デッドコースター
次作 ファイナル・デッドサーキット 3D
テンプレートを表示

ファイナル・デッドコースター』(原題:Final Destination 3)は、2006年にアメリカで公開されたホラーサスペンス映画。『ファイナル・デスティネーション』シリーズの第3作目。今度の大惨事を起こす乗り物はジェットコースター。作品の中に列車事故の描写があり、そのシーンが2005年に発生したJR福知山線脱線事故を連想させるため、日本での劇場公開は延期されていた。

DVDには、「通常版」の他に「選べる!死に様マルチ版」というバージョンが存在する。このバージョンでは、再生中に二択が表示され、選んだ選択肢によってストーリーが変化する「マルチストーリー」になっている。

ストーリー[編集]

壮絶なハイウェイ事故から5年後、高校卒業イベントで訪れた遊園地でジェットコースターに乗った主人公のウェンディは、凄惨なジェットコースターの脱線事故の予知夢を見る。パニックを起こしたウェンディは、10人の仲間と共にジェットコースターを降りるが、その直後に事故は現実のものとなってしまう。多くの死亡者が出る中、間一髪で助かったウェンディ達。だがその後、元々死ぬ運命にあった10人のうち2人が日焼けサロンで怪死を遂げる。ウェンディは、事故の直前に撮影された写真の中に死のヒントが隠されていることに気づき、自らの死を回避しようとする。

登場人物[編集]

ウエンズデー・クリステンセン(ウェンディ)
今作の主人公。高校卒業記念で遊びに来た遊園地で、ジェットコースターの大事故を予知する。その事故で恋人のジェイソンを失う。ケヴィンより180便の爆発事故の話を聞かされ、遊園地で撮影したデジタルカメラの画像を手がかりに生存者達を救おうとする。最後まで生き残るが再び地下鉄脱線事故を予知してしまう。地下鉄脱線事故の予知夢では、地下鉄脱線事故で外に放り出されたところ後方からの電車に轢かれる寸前まで描かれた。『死に様マルチ版』の選択によっては更に進んで轢死してしまう。
ケヴィン・フィッシャー
ジェットコースターでウェンディの隣に座っていた。その時の事故でウェンディーと同様に恋人を失う。死ぬ順番は9番目で、ガス爆発で焼死しそうになるがウェンディーに助けられる。その後のウェンディの予知夢では地下鉄脱線事故で壊れた窓から車外に投げ出され即死する姿が描かれた。
ジュリー・クリステンセン
ウェンディの妹。当初ウェンディは彼女がジェットコースターに乗っている事に気付いていなかった。死ぬ順番は8番目で、馬に引きずられ、小麦脱穀機に巻き込まれる所をケヴィンに助けられる。その後のウェンディの予知夢では、脱線事故で破損し飛ばされてきた列車の車輪に直撃され死亡する姿が描かれた。
イアン・マッキンレー
エリンの恋人。エリンが死亡した際にウェンディーのせいで恋人のエリンが死んだと思い、ウエンディーに怨みを抱く。死ぬ順番は7番目で、花火が直撃し、ロックが解かれたクレーンのアームが急速に降りてきて押し潰され死亡。『死に様マルチ版』の選択によっては微妙に破片の少ない死に様になる。
ペリー・マリノフスキー
ジュリーの友達で、一緒にジェットコースターに乗っていた。死ぬ順番は6番目で、馬に吹き飛ばされた旗の棒が胸部を貫通し死亡する。
エリン・ウルマー
イアンの恋人。死ぬ順番は5番目で、イアンが勤める日曜大工用具店で机に向かって転倒し、寄りかかった釘打機に後ろから頭部全体に無数の釘を打ち込まれて死亡。
ルイス・ロメロ
死ぬ順番は4番目で、トレーニングジムのマシンが壊れたのに気付かず使用したため、両側から落下してきた重りに頭部を挟み潰されて死亡。『死に様マルチ版』の選択によっては前触れが一切省略され、驚きの早さで死んでしまう。またアングルも少しだけ異なる。
フランクリン・チェックス(フランキー)
死ぬ順番は3番目で、ドライブスルーで無人のトラックに追突され、ボンネットから飛び出してきた後続車のエンジンに後頭部を切り刻まれ死亡する。高校は二年前に卒業している。『死に様マルチ版』の選択によっては生存する唯一の人物。しかしその後おとり捜査官を盗撮してしまい、逮捕される。
アッシュリー・フロインド
死ぬ順番は最初で、アシュリンと共に日焼けサロンで焼死し、二人並んで棺桶に入る。『死に様マルチ版』の選択によっては発火する前に感電死する。
アシュリン・ハルペリン
死ぬ順番はアッシュリーと同じで、共に日焼けサロンに閉じ込められ、そのままマシンがショートし焼死する。ジェットコースターではアッシュリーの隣に座っていた。『死に様マルチ版』の選択によってはアッシュリーを助け出そうとする際に感電死する。
キンバリー・コールマン
トーマス・バーク保安官
前作の主人公およびもう一人の生存者。本編には登場しないが、『死に様マルチ版』の選択によっては新聞の死亡記事で写真のみ登場する。二人とも木材チッパー(木材破砕機)に引きずり込まれて死亡。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウェンディ・クリステンセン メアリー・エリザベス・ウィンステッド 林真里花
ケヴィン・フィッシャー ライアン・メリマン 置鮎龍太郎
イアン・マッキンレー クリス・レムシュ 森久保祥太郎
エリン・ウルマー アレックズ・ジョンソン 幸田夏穂
フランキー・チェックス サム・イーストン 高木渉
ジュリー・クリステンセン アマンダ・クルー 坂本真綾
ルイス・ロメロ テキサス・バトル 山野井仁
アッシュリー・フロインド シャーラン・シモンズ 三石琴乃
アシュリン・ハルペリン クリスタル・ロウ 伊藤美紀
ジェイソン・ワイズ ジェシー・モス 加瀬康之
キャリー・ドレイヤー ジーナ・ホールデン 園崎未恵
ペリー・マリノフスキー マギー・マ
アンバー エクスタシア・サンダース
デビル トニー・トッド(声)

脚注[編集]

  1. ^ a b c Final Destination 3 (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月22日閲覧。

シリーズ[編集]

外部リンク[編集]