ピーウィーの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピーウィーの大冒険
Pee-wee's Big Adventure
監督 ティム・バートン
脚本 フィル・ハートマン
ポール・ルーベンス
マイケル・ヴァーホル
製作 ロバート・シャピロ
リチャード・ギルバート・エイブラムソン
出演者 ポール・ルーベンス
エリザベス・デイリー
マーク・ホルトン
音楽 ダニー・エルフマン
撮影 ヴィクター・J・ケンパー
編集 ビリー・ウェバー
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年8月9日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $7,000,000
興行収入 $40,940,662[1]
次作 ピーウィー・ハーマンの空飛ぶサーカス
テンプレートを表示

ピーウィーの大冒険』(ピーウィーのだいぼうけん、Pee-wee's Big Adventure)は、1985年に公開されたアメリカ合衆国の映画である。

概要[編集]

本作は子供番組で人気を博したポール・ルーベンス演じるキャラクター「ピーウィー・ハーマン」の初主演映画である。もともと演劇集団セカンド・シティに所属していたルーベンスは、何か強烈なキャラクターはないかという悩みからこのキャラクターを思いついた。舞台・テレビに出演するや否や、子供からの絶大な人気を博し、番組ホストとしてのポジションに君臨した。また、今やハリウッドでも引っ張りだことなった映画監督ティム・バートンも本作で長編映画監督のデビューを飾っている。脚本にはルーベンスをはじめ、当時同じくセカンド・シティ劇団に所属していたコメディアンフィル・ハートマンらも参加している。低予算で製作された本作だが、本国アメリカではヒットを記録。現在はカルト映画として紹介されることもある。

ストーリー[編集]

とある郊外の一軒家に住むピーウィー・ハーマン(ポール・ルーベンス)は、大切にしている赤い自転車が大のお気に入り。ある日、マジック・グッズを買いに町へ出たピーウィーは何者かに自転車を盗まれてしまう。あまりのショックに取り乱したピーウィーは、自転車を探すべく独自に調査をし始める。調査の一環で訪れたインチキ占い師から、「アラモ」へ向かえと告げられたのを鵜呑みにし、ピーウィーはテキサスを目指す。そんなピーウィーに道中様々な騒動が巻き起こる。

補足[編集]

キャスト/スタッフ[編集]

出演者[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ピーウィー・ハーマン ポール・ルーベンス 島田敏
ドティー エリザベス・デイリー 安達忍
フランシス マーク・ホルトン 安西正弘
シモーヌ ダイアン・サリンジャー 小宮和枝
ミッキー ジャド・オーメン 朝戸鉄也
執事 プロフェッサー・タナカ 荒川太郎
記者 フィル・ハートマン
ティナ ジャン・フックス
ピーウィー ジェームズ・ブローリン 江原正士
ドティー モーガン・フェアチャイルド 伊倉一恵

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pee-wee's Big Adventure (1985)”. Box Office Mojo. 2009年9月17日閲覧。
  2. ^ 『ゴジラ』より怖い、その著作権 WIRED.jp たとえば、Warner Bros. Entertainment社は、1985年のティム・バートン監督作品『ピーウィーの大冒険』の追跡シーンでゴジラを使うのに、東宝の許可が必要だとは知らなかった。東宝から訴えられたWarner Bros.は支払いに応じた。金額は公表されていない。

外部リンク[編集]