フィル・ハートマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィル・ハートマン
Phil Hartman
Phil Hartman
本名 Philip Edward Hartmann
生年月日 1948年9月24日
没年月日 1998年5月28日(満49歳没)
出生地 カナダの旗カナダオンタリオ州
民族 カナダ系アメリカ人
血液型 B型
ジャンル 俳優
声優
コメディアン
脚本家
活動期間 1979年-1998年
配偶者 ブリン・ハートマン(1987-1998)
受賞
エミー賞 (1989年)

フィル・ハートマンPhil Hartman1948年9月24日 - 1998年5月28日)は、カナダオンタリオ州生まれの俳優声優コメディアン脚本家であった。

来歴[編集]

コメディアンで俳優として知られていたハートマンは、1948年カナダオンタリオ州に生まれる。1957年に一家はアメリカ合衆国へ移住し、カリフォルニア州ロサンゼルスの高校を経て、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校を卒業。1990年代にはアメリカの市民権も獲得している。

持前のユーモアを活かしてコメディアンを志し始めたハートマンは、カリフォルニアを拠点に活動するコメディ集団の“The Groundlings”に参加する。そこで同じくコメディアンとして活動していたポール・ルーベンスと出会い、ルーベンスの十八番でもあるキャラクター“ピーウィー・ハーマン”のエピソードの脚本を共同で執筆。その後、ポール・ルーベンスがピーウィー役で主演し、映画監督のティム・バートンが長編映画デビューを果たした『ピーウィーの大冒険』においても脚本の一人としてクレジットされている。同作品は大ヒットを記録し、バートンがその後飛躍する一つのきっかけともなった。

1986年からはNBC局が製作した人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』にレギュラーとして出演。ロナルド・レーガン大統領やジャック・ニコルソンなどのモノマネで一躍その名が知られる。また、ポール・ルーベンスの人気番組『ピーウィーのプレイハウス』では、ピーウィーの親友であるキャプテン・カールを演じ、人気を博した。1990年代に入ると、声優としてフォックスのアニメシリーズ『ザ・シンプソンズ』で声のゲスト出演として多数のエピソードに出演。その後も、映画・テレビなど様々なフィールドでその才能を発揮した。

宮崎駿監督の日本映画作品『魔女の宅急便』が米国で公開された際には、黒猫“ジジ”の声も担当している。1996年に製作されたファミリー映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』では、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる主人公の隣人を厭味ったらしく演じて、笑いを誘った。

銃撃事件[編集]

1998年5月28日ロサンゼルスにある寝室でベッドに横たわり、数発もの銃撃を受けた射殺体で発見される。同じ寝室内で妻で女優だったブリン・ハートマンが自ら頭を銃で撃ちぬいた形で発見され、警察当局はハートマンはブリンによって銃殺されたと発表した。49歳だった。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

  • ピーウィー・ハーマン・ショー The Pee-wee Herman Show (1981)
  • サタデー・ナイト・ライブ Saturday Night Live (1986-1994)
  • ピーウィーのプレイハウス Pee-wee's Playhouse (1986-1987)
  • ダナ・カーヴィ・ショー The Dana Carvey Show (1996)

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場版アニメ[編集]

ビデオゲーム[編集]

  • The Simpsons: Virtual Springfield (1997)
  • Blasto (1998)

脚本[編集]

  • ピーウィーの大冒険 Pee-wee's Big Adventure (1985)

外部リンク[編集]