ポール・ルーベンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポール・ルーベンス
Paul Reubens
Paul Reubens
本名 Paul Rubenfeld
別名 ピーウィー・ハーマン
(Pee-Wee Herman)
生年月日 1952年8月27日(61歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカニューヨーク州
民族 ユダヤ系アメリカ人
ジャンル 俳優
コメディアン
脚本家
プロデューサー
活動期間 1977年 -
主な作品
映画
『ピーウィーの大冒険』
ナイトメア・ビフォア・クリスマス
マチルダ
ブロウ
『ミステリー・メン』
受賞
デイタイム・エミー賞(1991年)

ポール・ルーベンスPaul Reubens, 1952年8月27日 - )は、アメリカ合衆国コメディアン俳優脚本家ニューヨーク州出身。

ピーウィー・ハーマンPee-Wee Herman)」のキャラクターで国際的に有名である。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

教師の母親と車屋のセールスマンとして働いていた父親の下、ポール・ルーベンフィールドという名前でニューヨークに生まれる。その後、フロリダへ移ると高校卒業まではサラソタという町で過ごす。

サラソタ高校を卒業後は、ボストン大学に一年在学するが退学して、カリフォルニア芸術大学へ編入して演劇を専攻。

「ピーウィー・ハーマン」[編集]

卒業してからは、コメディ・クラブなどでスタンダップ・コメディアンとして活動を始めて、ロサンゼルスを拠点とする即興コメディ集団“Groundlings”に参加。

6年間の在籍時にルーベンスは、一目見た瞬間に覚えてもらえるくらいの強烈な印象のキャラクター「ピーウィー・ハーマン」を作り上げる。細身で灰色のスーツに赤の蝶ネクタイを着け、子供っぽい喋り方のユニークな芸風が受けてルーベンスは一気にスターダムにのし上がる。子供向けのテレビ番組『ピーウィーのプレイハウス』では司会者を務めてお茶の間にも浸透し、子供のみならず大人からの人気も獲得。人気コメディ番組の『サタデー・ナイト・ライブ』や『セサミ・ストリート』にも出演している。

その後、同キャラクターを演じた『ピーウィーの大冒険』では映画初主演。ちなみに同映画で監督を務めたティム・バートンは、この映画で長編映画監督デビューを果たしている。人気は日本にも飛び火して、日本の証券会社和光証券のCMにも出演。1991年には、デイタイム・エミー賞も受賞している。

スキャンダル[編集]

人気が絶頂だった1991年7月、ルーベンスはフロリダのポルノ映画館で自慰行為を行ったとして逮捕。一時キャリアを自粛してから、ティム・バートン監督の『バットマン・リターンズ』やダニー・デヴィート監督の『マチルダ』などの映画に脇役で出演し、俳優としてキャリアを徐々に再開する。ジョニー・デップが伝説のドラッグ・ディーラー、ジョージ・ユングを演じた『ブロウ』では、主役のデップに引けを取らない存在感を醸し出していた。

しかし、キャリア再開で再び日の目を浴び始めてきた矢先の2002年11月、児童ポルノを所持していた罪で再び逮捕された。

出演作品[編集]

映画[編集]

アニメ映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビ番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]