スティーブ・マーティンのSGT.ビルコ/史上最狂のギャンブル大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブ・マーティンのSGT.ビルコ
史上最狂のギャンブル大作戦
Sgt. Bilko
監督 ジョナサン・リン
脚本 ナット・ハイケン英語版
アンディ・ブレックマン英語版
製作 ブライアン・グレイザー
出演者 スティーヴ・マーティン
ダン・エイクロイド
フィル・ハートマン
音楽 アラン・シルヴェストリ
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
製作費 $39,000,000
興行収入 $37,956,793
テンプレートを表示

スティーブ・マーティンのSGT.ビルコ/史上最狂のギャンブル大作戦』(原題:Sgt. Bilko)は、1996年にアメリカで製作されたコメディ映画である。監督はジョナサン・リン、脚本はアンディ・ブレックマン英語版が務め、スティーブ・マーティンダン・エイクロイドフィル・ハートマンらが主演した。1950年代の人気テレビ番組『The Phil Silvers Show』の映画化作品。同番組はしばしば「Sgt. Bilko」や「Bilko」の通称で呼ばれていた。

あらすじ[編集]

アーネスト・ビルコ曹長は、アメリカ陸軍のフォート・バクスター駐屯地の車両部に勤務する軍人である。彼は車両部の部下を率いて兵隊たちのギャンブルを仕切り、お人好しの駐屯地司令ジョン・ホール大佐を視察の度にあれこれと丸め込んでは気ままな日々を過ごしていた。

政府の軍事費削減に基づく駐屯地閉鎖の噂がささやかれ始める頃、フォート・バクスターで開発中の新形ホバー戦車のテストを査察するべく国防総省より査察官コリン・ソーン少佐が派遣されてくる。テストが大失敗に終わるとソーンは早々に視察を終えようとするが、引き止めようとするホールが口にしたビルコの名を聞き顔色を変える。かつてフォート・ディックスに勤務していた頃、ソーンはボクシング試合に関わるビルコのイカサマの巻き添えをくらってグリーンランドに左遷された過去があり、以来ビルコへの復讐を誓っていたのである。

こうして、不正を暴こうと手を尽くすソーンとビルコ率いる車両部の知恵比べが始まる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
アーネスト・G・ビルコ曹長 スティーヴ・マーティン 安原義人
ジョン・T・ホール大佐 ダン・エイクロイド 玄田哲章
コリン・ソーン少佐 フィル・ハートマン 宝亀克寿
リタ・ロビンス グレン・ヘドリー
ヘンショー軍曹 ジョン・マーシャル・ジョーンズ英語版
ラクエル・バーベラ軍曹 パメラ・アドロン
オスター中尉 クリス・ロック
マンデー中尉 キャシー・シルバース英語版
ムーン大尉 スティーブ・パク英語版
ホール夫人 デブラ・ジョー・ラップ
テニスン将軍 リチャード・ハード英語版
ウォーリーホルブルック上等兵 ダリル・ミッチェル英語版

製作[編集]

ビルコ曹長役はアルバート・ブルックスマイケル・キートンにも打診されているがいずれも拒否されており、またマーティンに決定する前にはロビン・ウィリアムズビリー・クリスタルの立候補もあったという[1]

評価[編集]

本作は興行的には失敗しており、評価もおおむね低く[2][3][4]、レビューサイトRotten Tomatoesでは32%のrotten(腐ってる)評価が与えられた[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]