インナースペース (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インナースペース
Innerspace
監督 ジョー・ダンテ
脚本 チップ・プローザー
ジェフリー・ボーム
原案 チップ・プローザー
製作 マイケル・フィネル
製作総指揮 スティーヴン・スピルバーグ
ジョン・ピーターズ
ピーター・グーバー
出演者 デニス・クエイド
マーティン・ショート
メグ・ライアン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 アンドリュー・ラズロ
編集 ケント・ベイダ
製作会社 アンブリン・エンターテインメント
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年7月1日
日本の旗 1987年12月19日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $25,893,810[1]
テンプレートを表示

インナースペース』(Innerspace)は、1987年公開のSF映画作品。監督ジョー・ダンテ、製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグワーナー・ブラザーズ配給。

1987年度のアカデミー賞デニス・ミューレン視覚効果賞を受賞。

ストーリー[編集]

アメリカ空軍の冴えないパイロットであるタック・ペンドルトンは配置転換を命じられ、研究施設で特殊潜行艇・クラーケンIIに乗り込んでミクロ化しウサギの体内に注入される実験の準備をしていた。そんな折、パーティーで騒ぎを起こして新聞記者の恋人・リディアと喧嘩別れをしてしまい、気まずい状態のまま実験当日を迎える。ところが、潜行艇のミクロ化直後に研究施設が産業スパイに襲撃されてしまい、潜行艇の入った注射器を持った研究員は命からがら逃走するが追い詰められた末、スーパーの店員・ジャックの尻に潜行艇を注入してしまう。

タックはジャックの目と耳にセンサーを取り付け、ジャックの体から脱出して元のサイズに戻るためジャックと協力しながら産業スパイが研究施設から強奪したマイクロチップを取り戻そうとする。

映画と小説版の相違点[編集]

ネイサン・エリオットによる小説版(南山宏・訳)が角川文庫より刊行されている(ISBN 4042729010)。

物語中、ジャックとリディアが産業スパイに捕まり監禁された場所でキスをした際に、潜行艇が口移しでリディアの体内に入り、交信不能のまま体内を彷徨っている内に子宮胎児(=自分の子供)に遭遇することで、タックは潜行艇がリディアの体内に入ったことに気付く場面がある。

映画ではその後、タックは内耳でリディアの好きな曲を流し自分の存在を彼女に知らせて、もう一度ジャックとキスをしてもらい無事ジャックの体内に戻る事に成功する。

一方小説版ではこの場面は存在せず、ジャックと交信不能となったことを不審に思ったタックが、ジャックに存在を知らせた時と同じ要領でセンサーを目と耳に取り付けてリディアと交信し、もう一度ジャックにキスをしてもらうと言う展開になっている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ版
タック・ペンドルトン デニス・クエイド 上杉祥三 谷口節
ジャック・パター マーティン・ショート 野田秀樹 堀内賢雄
リディア・マックスウェル メグ・ライアン 斉藤慶子 佐々木優子
ビクター・スクリームショウ ケヴィン・マッカーシー 北村和夫 中村正
マーガレット・キャンカー フィオナ・ルイス 北村あきこ 吉田理保子
アイゴ ヴァーノン・ウェルズ
カウボーイ ロバート・ピカード 永井一郎
ピート・ブランチャード ハロルド・シルベスター 油井昌由樹
ウェンディ ウェンディ・シャール 山田栄子
オジー ジョン・ホラ 小川真司
ナイルズ マーク・L・テイラー 千田光男
タクシー運転手 ディック・ミラー 田山涼成
役不明又はその他 石井敏郎
石井洋祐
上田敏也
川俣しのぶ
京田尚子
千葉繁
中村正
西村知道
羽村京子
矢田稔
屋良有作
吉田理保子
千田光男
池田勝
曽我部和恭
大塚明夫
糸博
城山堅
小林優子
石森達幸
伊井篤史
有本欽隆
片岡富枝
滝沢久美子
金尾哲夫
荒川太郎
星野充昭
安永沙都子
翻訳 進藤光太 岩本令
演出 原田眞人 伊達康将
効果 リレーション
録音 アバコスタジオ
アオイスタジオ
助監督 門奈克雄
プロデューサー 小川政弘
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
トランスグローバル
東北新社
初回放送 不明

雑記[編集]

  • タックが「南無妙法蓮華経」の題目を連呼するシーンは、ジョー・ダンテの兄が創価学会インタナショナルの信者であることから「気合を入れる為のフレーズ」と言う認識で取り入れられた演出である。ちなみに、デニス・クエイドの兄であるランディ・クエイド1973年公開の「さらば冬のかもめ」で「南無妙法蓮華経」を唱えるシーンを演じている。
  • 映画のラストシーンはタックとリディアの結婚式であるが、デニス・クエイドとメグ・ライアンも本作の共演がきっかけで1991年に結婚している(2001年に離婚)。
  • 日本語版ビデオでは字幕スーパーにビートたけしがアドバイザーとして付いた。吹替版では原田眞人がユニークな台詞を多数考案し、演出も手がけた。一方吹替には当時劇団夢の遊眠社で活躍していた上杉祥三(タック)と野田秀樹(ジャック)に加え、斉藤慶子(リディア)、北村和夫(ヴィクター)らがキャスティングされた。

参考文献[編集]

  1. ^ Innerspace”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]