ホイールローダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中型のホイールローダー

ホイールローダーは、トラクターショベルのうち、車輪で走行するものである。タイヤドーザーともいう。

土砂などをダンプカーに積み込む時に使われる建設機械であり、油圧ショベルより一度に多量の土砂を積み込むことができる。車輪は、四輪駆動である。操舵は中折れ式であり、軌跡は前輪と後輪が一緒であるため、内輪差外輪差は発生しない。操舵は油圧駆動であり、ハンドルの切れ角と実際の舵の切れ角は必ずしも一致しない。大型のものは最高速度30-50km/h程度出せるものもある。

建設現場以外での使用法[編集]

ホイールローダーは、大型特殊自動車(一部小型特殊自動車)であり、自動車教習所運転免許試験場において、大型特殊免許の教習車や試験車として使われる。 また、雪国においては、夏季は建設現場で使用し、冬季は除雪車として使用する光景も見られる。


製造、販売会社[編集]

現在製造、販売している会社

過去に製造していた会社

関連項目[編集]