イエロー・サブマリン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イエロー・サブマリン
Yellow Submarine
監督 ジョージ・ダニング
ジャック・ストークス
脚本 リー・ミノフ
アル・ブロダックス
ジャック・メンデルソーン
エリック・シーガル
製作 アル・ブロダックス
出演者 ビートルズ(アニメ画像として)
音楽 ジョン・レノン(レノン=マッカートニー)
ポール・マッカートニー(レノン=マッカートニー)
ジョージ・ハリスン
ジョージ・マーティン・オーケストラ
撮影 ジョン・ウィリアムズ
編集 ブライアン・J・ビショップ
配給 UA
公開 イギリスの旗 1968年7月17日
日本の旗 1969年7月19日
上映時間 90分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 £250,000
テンプレートを表示

イエロー・サブマリン』 (Yellow Submarine) は、ビートルズ初のアニメ映画。ビートルズ自身は音楽(声)と最後に実写で少しだけで出ている。ビートルズの音声(台詞部分)は声優がやっている。

クレジットには、"Starring Sgt.Pepper's Lonely Hearts Club Band"(サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド)となっている。なお一部スタッフは『アニメ・ザ・ビートルズ』にも関わっていた。

ストーリー[編集]

昔々(Once upon a Time)海の底にある平和な国、ペパー・ランドがあった。ある日ペパー・ランドの人気楽団サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドがコンサートを開いていると、音楽が大嫌いな青鬼(ブルー・ミーニーズ)が現れ、ペパー・ランドへの侵略を始めた。青鬼らの攻撃によって、平和な王国からは愛や音楽が失われてしまう。

なんとか青鬼らの攻撃をのがれたペパー・ランドの指揮者のフレッドは、司令官に任ぜられ潜水艦「イエローサブマリン」に乗って外界へ助けを求めることにする。リヴァプールに辿り着いたフレッドはそこでリンゴ・スターに出会う。ペパー・ランドの危機を聞き、リンゴ・スターはビートルズの仲間であるジョン・レノンジョージ・ハリスンポール・マッカートニーと共に、ペパー・ランドを救うため、イエロー・サブマリンに乗って海の底へと出発した。

航海の途中で様々な不思議な出来事に出くわしながらもフレッドと4人はペパー・ランドに辿り着き、音楽とユーモアを武器に、青鬼との対決に挑み最後は和解するのであった。

キャスト[編集]

役名 英語 日本語吹替
ジョン・レノン ジョン・クライブ 津嘉山正種
ポール・マッカートニー ジェフリー・ヒューズ 森功至
リンゴ・スター ポール・アンジェラス 富山敬
ジョージ・ハリスン ピーター・バトン
(ノンクレジット)
朝戸鉄也
大将 ディック・エメリー 大塚周夫
フレッド ランス・パーシヴァル 田村錦人
ジェレミー
(ペッパーランドの住人)
ディック・エメリー 大泉滉
マックス ディック・エメリー 肝付兼太
ナレーター 小川哲哉

評価[編集]

公開当時は興行的には成功したとは言い難かったが、当時から評論家の評価は高く、公開から40年以上たった21世紀にはいってもその評価の高さは変わっていない。

外部リンク[編集]