リール・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リール・ミュージック Vol.1
Reel Music
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース イギリスの旗 イギリス1982年3月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1982年3月22日
日本の旗 日本1982年4月21日
ジャンル ロック
レーベル Capitol(USA)
SV-12199

Parlophone(UK)
PCS-7218

オデオン(日本)
EAS-81480

プロデュース ジョージ・マーティン,フィル・スペクター
チャート最高順位
ビートルズ U.K. 年表
リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス
(1980年)
リール・ミュージック
(1982年)
20グレイテスト・ヒッツ
(1982年)
ビートルズ U.S. 年表
ビートルズ バラード・ベスト20
(1980年)
リール・ミュージック
(1982年)
20グレイテスト・ヒッツ
(1982年)
ビートルズ 日本 年表
リヴァプールより愛を込めて ザ・ビートルズ・ボックス
(1981年)
リール・ミュージック
(1982年)
シルヴァー・ビートルズ
(1982年)
テンプレートを表示


『リール・ミュージック』("Reel Music") は、1982年3月29日にアナログLPで発売されたビートルズベスト・アルバムである。

解説[編集]

ビートルズ主演の映画およびテレビ映画の使用曲を選んだ編集アルバムである。

アメリカ盤の「恋する二人」はイントロのハーモニカの旋律がオリジナル・モノラル・ヴァージョンと同じだが、ステレオである。

アメリカの「ビルボード」誌では、3週連続最高位第19位、「キャッシュボックス」誌では、2週連続最高位第18位だった。アメリカだけで50万枚以上のセールスを記録している。イギリスではチャート入りはしていない。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. ビートルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ! - A Hard Day's Night
    アメリカでは初のステレオ・ヴァージョンのリリース。"A Hard Day's Night(United Artists)"のステレオ盤、『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』には疑似ステレオ・ヴァージョンが収録されていた。
  2. 恋する二人 - I Should Have Known Better
    前述の通りアメリカ盤にはイントロ部分にミキシング違いがある。
  3. キャント・バイ・ミー・ラヴ - Can't Buy Me Love
  4. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her
  5. ヘルプ! - Help!
  6. 悲しみはぶっとばせ - You've Got to Hide Your Love Away
  7. 涙の乗車券 - Ticket To Ride
    アメリカでは初のステレオ・ヴァージョンのリリース。米国キャピトル編集盤 『ヘルプ(四人はアイドル)』ステレオ盤には疑似ステレオ・ヴァージョンが、『ザ・ビートルズ1962年〜1966年』にはモノラル・ヴァージョンが収録されていた。
  8. マジカル・ミステリー・ツアー - Magical Mystery Tour

アナログB面[編集]

  1. アイ・アム・ザ・ウォルラス - I Am The Walrus
  2. イエロー・サブマリン - Yellow Submarine
  3. 愛こそはすべて - All You Need Is Love
  4. レット・イット・ビー - Let It Be
  5. ゲット・バック - Get Back
  6. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long And Winding Road