ラヴ・ソングス (ビートルズのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラヴ・ソングス
Love Songs
ビートルズベスト・アルバム
リリース イギリスの旗 イギリス1977年11月4日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1977年10月24日
日本の旗 日本1977年11月5日
録音 Abbey Road 1962年-1970年
ジャンル ロック
レーベル Capitol (US)
SKBL-11711

Parlophone (UK)
PCSP-721

オデオン(日本)
EAS-50006~7

プロデュース ジョージ・マーティン, フィル・スペクター
専門評論家によるレビュー

Chart position = *7位(ミュージック・ウィーク)

ビートルズ U.K. 年表
ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!
(1977年)
ラヴ・ソングス
(1977年)
レアリティーズ
(1978年)
ビートルズ U.S. 年表
ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!
(1977年)
ラヴ・ソングス
(1977年)
レアリティーズ Vol.2
(1980年)
ビートルズ 日本 年表
ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ!
(1977年)
ラヴ・ソングス
(1977年)
ザ・ビートルズ/グレイテスト・ヒッツ
(1978年)
テンプレートを表示

ラヴ・ソングス』(Love Songs)は、1977年11月5日にアナログLP2枚組で発売されたビートルズベスト・アルバムである。

解説[編集]

1976年以降の契約切れに伴い、ビートルズの楽曲を独自に編集・リリース可能となったため出されたもの。文字通りビートルズの楽曲からラヴ・ソングが選曲されている。主に日本の東芝EMIが選曲し、米キャピトルが纏めた。日米の選曲基準の違いは歌詞の内容によるものだったという。

当時リアル・ステレオ・ヴァージョンが未発表だった「ジス・ボーイ」、「イエス・イット・イズ」の2曲に関しては、疑似ステレオ・ヴァージョンが収録された。アルバム『ラバー・ソウル』収録曲の一部はリミックス(オリジナル・ステレオの定位を変更したもの)されている。

なお、ミキシング違いの「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」はアメリカ盤『ザ・ビートルズ1967年〜1970年』に収録されていたものと同じである。

イギリスの「ミュージック・ウィーク」誌では当初チャート順位が低調だったが、次第にセールスを伸ばし、最高位第7位を獲得している。アメリカの「ビルボード」誌では2週連続最高位第24位、「キャッシュボックス」誌では最高位第23位だった。それでも最終的には、アメリカだけで150万セット以上のセールスを記録している。

収録曲[編集]

DISC 1[編集]

アナログA面[編集]

  1. イエスタデイ - Yesterday (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'08")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  2. アイル・フォロー・ザ・サン - I'll Follow The Sun (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'47")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  3. アイ・ニード・ユー - I Need You (Harrison)
    演奏時間:(2'32")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  4. ガール - Girl (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'34")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  5. イン・マイ・ライフ - In My Life (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'28")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  6. ワーズ・オブ・ラヴ - Words Of love (Holly)
    演奏時間:(2'12")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー
    バディ・ホリーのカヴァー曲。本アルバム唯一の非オリジナル曲。
  7. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア - Here, There And Everywhere (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'26")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー

アナログB面[編集]

  1. サムシング - Something (Harrison)
    演奏時間:(3'03")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
  2. アンド・アイ・ラヴ・ハー - And I Love Her (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'28")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  3. 恋におちたら - If I Fell (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'18")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン(導入部)、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのコーラス
  4. アイル・ビー・バック - I'll Be Back (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'20")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン 
  5. テル・ミー・ホワット・ユー・シー - Tell Me What You See (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'40")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. イエス・イット・イズ - Yes It Is (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'41")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン 
    モノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したもの。

DISC 2[編集]

アナログC面[編集]

  1. ミッシェル - Michelle (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'42")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  2. イッツ・オンリー・ラヴ - It's Only Love (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'59")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  3. 恋のアドヴァイス - You're Going To Lose That Girl (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'20")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  4. エヴリー・リトル・シング - Every Little Thing (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'01")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  5. フォー・ノー・ワン - For No One (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'02")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム - She's Leaving Home (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'35")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー

アナログD面[編集]

  1. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード - The Long And Winding Road (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(3'38")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    アルバム『レット・イット・ビー』のものとはミキシングが異なり、軽めの音になっている。
  2. ジス・ボーイ - This Boy (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'15")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    モノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したもの。
  3. ノルウェーの森 - Norwegian Wood(This Bird Has Flown) (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'06")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  4. 悲しみはぶっとばせ - You've Got To Hide Your Love Away (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'11")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
  5. アイ・ウィル - I Will (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(1'46")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
  6. P.S.アイ・ラヴ・ユー - P.S. I Love You (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'19")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    モノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したもの。