ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
ビートルズコンピレーション・アルバム
リリース アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国1964年4月10日
日本の旗 日本1970年8月25日
(reissue) 2004年11月16日
録音 Abbey Road 1963
ジャンル ロック
時間 22:13
レーベル Capitol
T 2080 (mono)
ST 2080 (stereo)
CDP 7243 8 66877 2 2 (reissue)
プロデュース ジョージ・マーティン
専門評論家によるレビュー
ビートルズ U.S. 年表
The Beatles With Tony Sheridan And Guests
(1964年)
ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
(1964年)
A Hard Day's Night
(United Artists)

(1964年)
ビートルズ 日本 年表
ミート・ザ・ビートルズ
(1970年)
ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム
(1970年)
サムシング・ニュー
(1970年)
テンプレートを表示

『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』("The Beatles' Second Album")は、1964年4月にアメリカ合衆国で発売されたビートルズ3作目のアルバムである。

解説[編集]

『ザ・ビートルズ・セカンド・アルバム』は『ミート・ザ・ビートルズ』につづく米キャピトル・レコードの編集アルバムである。本作からキャピトルは1アルバムにつき11曲収録することに統一している。

ウィズ・ザ・ビートルズ』収録のナンバーで『ミート・ザ・ビートルズ』未収録を中心に編集されているが、とりわけ スワン・レコード がリリース権を持っていた「シー・ラヴズ・ユー」、「アイル・ゲット・ユー」、 ヴィージェイ・レコードがリリース権を持っていた「サンキュー・ガール」が本作に収録されていることは注目される。なお「ロング・トール・サリー」「アイ・コール・ユア・ネーム」の2曲は当時英国では未発表曲であった。『ビルボード』誌アルバム・チャートでは『ミート・ザ・ビートルズ』に代わって5週連続第1位を獲得した。1964年度年間ランキングでは24位を記録している。『キャッシュボックス』誌では4週連続第1位を獲得し、1964年度年間ランキング23位を記録している。アメリカだけで200万枚以上のセールスを記録している。

ビートルズのイギリスオリジナルアルバムがCD化された時にアメリカ編集盤のアルバムは廃盤になったが、2004年にボックスセットとして発売された"The Capitol Albums Vol.1"でモノラルとステレオ両方のヴァージョンが初CD化された。

収録曲[編集]

アナログA面[編集]

  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン - Roll Over Beethoven (Berry)
    演奏時間:(2'49")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
    アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
    チャック・ベリーのカヴァー曲。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  2. サンキュー・ガール - Thank You Girl (McCartney - Lennon)
    演奏時間:(2'07")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
    ヴィージェイ・レコードからの既発シングル曲。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。  
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー - You Really Got A Hold On Me (Robinson)
    演奏時間:(3'05")、リード・ヴォーカル:ジョンレノンとジョージ・ハリスン
    アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
    スモーキー・ロビンソン&ミラクルズのカヴァー曲。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  4. デヴィル・イン・ハー・ハート - Devil In Her Heart (Drapkin)
    演奏時間:(2'30")、リード・ヴォーカル:ジョージ・ハリスン
    アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
    ドネイズのカヴァー曲。オリジナル・タイトルは「デヴィル・イン・ヒズ・ハート」 - "Devil In His Heart" である。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  5. マネー - Money (That's What I Want) (Bradford - Gordy)
    演奏時間:(2'54")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
    バレット・ストロングのカヴァー曲。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  6. ユー・キャント・ドゥ・ザット - You Can't Do That (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'40")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    既発シングル曲。
    ステレオ盤はモノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したものを収録。

アナログB面[編集]

  1. ロング・トール・サリー - Long Tall Sally (Johnson - Penniman - Blackwell)
    演奏時間:(2'08")、リード・ヴォーカル:ポール・マッカートニー
    英国に先がけてリリースされた楽曲である。オリジナルはEP『ロング・トール・サリー』に収録された。
    リトル・リチャードのカヴァー曲。
  2. アイ・コール・ユア・ネーム - I Call Your Name (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'11")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    英国に先がけてリリースされた楽曲である。オリジナルはEP『ロング・トール・サリー』に収録された。
    ビリー・J・クレイマーザ・ダコタスへの提供曲のセルフ・カヴァー。 
  3. プリーズ・ミスター・ポストマン - Please Mister Postman (Dobbin - Garrett - Garman - Brianbert)
    演奏時間:(2'38")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノン
    アルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』からの収録。
    マーヴェレッツのカヴァー曲。
    CDは同曲世界初のステレオ・ヴァージョンのCD化である。
  4. アイル・ゲット・ユー - I'll Get You (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'10")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
    スワン・レコードからの既発シングル曲。
    ステレオ盤はモノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したものを収録。 
  5. シー・ラヴズ・ユー - She Loves You (Lennon - McCartney)
    演奏時間:(2'29")、リード・ヴォーカル:ジョン・レノンとポール・マッカートニー
    スワン・レコードからの既発シングル曲。
    ステレオ盤はモノラル・ヴァージョンを疑似ステレオ化したものを収録。

関連項目[編集]