ロール・オーバー・ベートーヴェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロール・オーバー・ベートーヴェン」("Roll Over Beethoven")は、1956年シングルとして発表されたチャック・ベリーの楽曲で、ロックンロールのスタンダード・ナンバーのひとつである。チャック・ベリーのヴァージョンは、全米ポップ・チャートで29位、R&Bチャートで2位のヒットとなった。ビートルズエレクトリック・ライト・オーケストラマウンテン、日本ではTHE HIGH-LOWS三宅伸治らによって「ベートーベンをぶっとばせ」という邦題などでカヴァーされている。

ビートルズによるカヴァー[編集]

ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
ビートルズ楽曲
収録アルバム ウィズ・ザ・ビートルズ
リリース 1963年11月22日
録音 1963年7月30日
ジャンル ロック
時間 248 (monaural version)
2分45秒 (stereo version)
2分11秒 ("The Beatles At The Hollywood Bowl" version)
2分21秒 ("The Beatles' Anthlogy 1" version)
2分15秒 ("The Beatles Live At The BBC" version)
レーベル パーロフォン
作詞者 チャック・ベリー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 日本 年表
フロム・ミー・トゥ・ユー
b/w
アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア
(1964年)
ツイスト・アンド・シャウト
b/w
ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
(1964年)
ドゥ・ユー・ウォント・トゥ・ノウ・ア・シークレット
b/w
サンキュー・ガール
(1964年)
ウィズ・ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. イット・ウォント・ビー・ロング
  2. オール・アイヴ・ゴット・トゥ・ドゥ
  3. オール・マイ・ラヴィング
  4. ドント・バザー・ミー
  5. リトル・チャイルド
  6. ティル・ゼア・ウォズ・ユー
  7. プリーズ・ミスター・ポストマン
B面
  1. ロール・オーヴァー・ベートーヴェン
  2. ホールド・ミー・タイト
  3. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー
  4. 彼氏になりたい
  5. デヴィル・イン・ハー・ハート
  6. ナット・ア・セカンド・タイム
  7. マネー

本作は1963年11月22日に発売された2作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバムウィズ・ザ・ビートルズ』のB面1曲目に収録された。リード・ヴォーカルジョージ・ハリスン

ビートルズは他の多くの若者同様、当時アメリカからもたらされる新しい音楽“ロックン・ロール”に感化されていた。特に彼らが気に入っていたミュージシャンはエルヴィス・プレスリーバディ・ホリーリトル・リチャード、そして本作の作者であるチャック・ベリーといったアメリカのロックン・ロールの先駆者であった。

デビュー以前にこの曲のヴォーカルを担当していたのはジョン・レノンだったが、1962年からはジョージの定番曲となり、以後もライヴでは必ずジョージが歌った(ジョージの1991年の日本公演でもこの曲はクライマックスの一つであった)。

英米共にシングル・カットされていないにも関わらず、ビルボード誌のシングルチャートに登場したエピソードもある。ただし、日本で「ツイスト・アンド・シャウト」がシングル・カットされた際、B面に収録された。

収録盤[編集]

エレクトリック・ライト・オーケストラによるカヴァー[編集]

エレクトリック・ライト・オーケストラ(ELO)によるカヴァーは、1973年のセカンド・アルバム『ELO 2』に収録。タイトルに引っかけて、イントロでベートーヴェン運命」メロディを引用している。ELOのヴァージョンはシングル・カットされ、全英6位を記録した。