ウィリー・ディクスン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリー・ディクスン(Willie Dixon、本名:William James Dixon、1915年7月1日 - 1992年1月29日)は、アメリカ合衆国ミシシッピ州ヴィックスバーグ生まれのソングライタープロデューサーベーシスト歌手ブルースの有名曲を多数作曲した。

略歴[編集]

  • プロ・ボクサーとして、1937年にイリノイ州のゴールデン・グローブズ・ヘビー級チャンピオンになった。[1]。その後、シカゴに移住。音楽活動を本格化させる。
  • 1940年代後半、ザ・ビッグ・スリー・トリオのベーシストとして活動。
  • 1951年にザ・ビッグ・スリー・トリオが解散した後、チェス・レコードのスタジオ・ワークに関わる。
  • 1954年、ウィリーが作詞・作曲した「フーチー・クーチー・マン」が、マディ・ウォーターズの歌で大ヒット。以後、ソングライタープロデューサーベーシストとして手腕を振るう。
  • ジョニー・ウィンターのメジャー・デビュー作『ジョニー・ウィンター』にも、ベーシストとしてゲスト参加した。
  • 80年代の初頭にシカゴから南カリフォルニアへ移住。
  • 1984年にブルースの振興とブルース・アーティストの支援を目的にブルース・ヘヴン・ファウンデーションを設立。ディクソンの死後の1993年、彼の遺族が旧チェス・レコードの建物を買い取り、ファウンデーションの本部とした。
  • 1989年には、自伝「I Am The Blues: The Willie Dixon Story」を出版した。
  • 1992年1月29日、心不全のためカリフォルニア州バーバンクのセントジョセフ医療センターにて死去した。76歳。
  • 裏方の印象が強いが、自己名義のアルバムも複数発表している。特に1981年にレコーディングされた"It Don't Make Sense (You Can't Make Peace)"(アルバム「Mighty Earthquake And Hurricane」収録)は、名作と名高い。
  • ディクソンは、第二次大戦後のシカゴ・ブルースに、もっとも影響を与えた作曲家、ミュージシャンの一人だと考えられている。


主な作曲作品[編集]

彼の曲は多くのブルースマンが取り上げ、ロック・ミュージシャンにもカバーされた。ローリング・ストーンズドアーズクリームジミ・ヘンドリックスレッド・ツェッペリンオールマン・ブラザーズジェフ・ベックなどもカバーしている。


ディスコグラフィー[編集]

  • 1970年 「I Am The Blues」(Columbia)
  • 1973年 「Catalyst」(Ovation)
  • 1983年 「Mighty Eathquake And Hurricane」(Mighty Tiger)
  • 1985年 「Live (Backstage Access)」(Pausa)
  • 1989年 「Ginger Ale Afternoon」(Varese Sarabande)

編集盤[編集]

  • 1988年 「The Chess Box」(MCA/Chess)
  • 1990年 「The Big Three Trio」(Columbia/Legacy)
  • 1996年 「The Original Wang Dang Doodle/The Chess Recordings & More」(MCA/Chess)

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Snowden, Don (1997).