ジス・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジス・ボーイ
ビートルズシングル
A面 抱きしめたい
リリース 1963年11月29日
イギリスの旗 イギリス
1963年12月26日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
録音 アビー・ロード・スタジオ
1964年10月17日
ジャンル ロック
時間 2分15秒
レーベル パーロフォン
作詞・作曲 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
ビートルズシングル盤 U.K. 年表
シー・ラヴズ・ユー
b/w
アスク・ミー・ホワイ
(1963年)
抱きしめたい
b/w
ジス・ボーイ
(1963年)
キャント・バイ・ミー・ラヴ
b/w
ユー・キャント・ドゥ・ザット
(1964年)
ビートルズシングル盤 日本 年表
抱きしめたい
b/w
ジス・ボーイ
(1964年)
プリーズ・プリーズ・ミー
b/w
アスク・ミー・ホワイ
(1964年)
パスト・マスターズ Vol.1 収録曲
  1. ラヴ・ミー・ドゥ
  2. フロム・ミー・トゥ・ユー
  3. サンキュー・ガール
  4. シー・ラヴズ・ユー
  5. アイル・ゲット・ユー
  6. 抱きしめたい
  7. ジス・ボーイ
  8. 抱きしめたい(ドイツ語)
  9. シー・ラヴズ・ユー(ドイツ語)
  10. ロング・トール・サリー
  11. アイ・コール・ユア・ネーム
  12. スロウ・ダウン
  13. マッチ・ボックス
  14. アイ・フィール・ファイン
  15. シーズ・ア・ウーマン
  16. バッド・ボーイ
  17. イエス・イット・イズ
  18. アイム・ダウン
テンプレートを表示

ジス・ボーイ」("This Boy")は、1963年11月にビートルズが発表した5枚目のオリジナル・シングル(「抱きしめたい」)のB面曲[1]である。シングル盤発売当時の邦題は「こいつ」。

解説[編集]

レノン=マッカートニーの作品。ポールは、ジョンと共にこの曲をホテルの一室で書いたと記憶している[2]リード・ヴォーカルは、ジョン・レノン[3]。また、ジョージ曰く、この曲はジョンとポールがスモーキー・ロビンソンのスタイルに触発されて書いたのだという。

ジョン、ポール・マッカートニージョージ・ハリスンの3人がヴォーカルを取る曲で、アメリカテレビ番組エド・サリヴァン・ショー』(1964年2月16日放送回)での3人がマイク1本を囲んで歌う演奏は有名。明らかにジョンがヴォーカルを担当し、他の2人がハーモニーを分担している曲である。理由は、上記のとおり。

なお、シングル盤「リアル・ラヴ」にこの曲のテイク12と13が収録されているが、ここでジョンは“Thas(=Tha(t)+(Thi)s) Boy”と歌詞を間違えて歌っている。

「リンゴのテーマ」[編集]

映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』の中でリンゴ・スターが川辺を歩くシーンで「ジス・ボーイ」のジョージ・マーティンによるオーケストラ・アレンジ版が演奏された。このヴァージョンは、「リンゴのテーマ」("Ringo's Theme")という名でアメリカのサウンド・トラック盤 "A Hard Day's Night" に収録された。また、日本では同演奏がシングル・カットされた。

ステレオ・ヴァージョン[編集]

「ジス・ボーイ」のリアル・ステレオ・ヴァージョンはビートルズの活動中にはリリースされなかった。解散後、英国では1981年12月リリースの『ザ・ビートルズ EPコレクション』収録の『ザ・ビートルズ』のB面2曲目に収録された。ただし、オーストラリアではシングル盤 "I Want To Hold Your Hand" のB面に収録されていた。CDでは、1988年3月にリリースされたアルバム『パスト・マスターズ Vol.1』に収録された[4]

収録アルバム/シングル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただしアメリカ盤「抱きしめたい」のB面は「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」であった。オリジナル・シングルのうち、 アメリカでB面が変更されたケースはこの曲と「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」のB面曲「恋する二人」の2例のみである。
  2. ^ Barry Miles著 Many Years From Now P213
  3. ^ 主旋律はジョンが一貫して歌っており、サビではジョンのヴォーカルに、他の2人の「アー」という2部コーラスが加わっている。
  4. ^ リアル・ステレオ・ミックスは1966年発売のコンピレーション・アルバム『オールディーズ』のためのミキシング・セッションにてEMIスタッフの連絡ミスにより「バッド・ボーイ」と「ジス・ボーイ」を取り違えて作られたものと判明している。

外部リンク[編集]