ヘフナー・500-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘフナー・500-1
Hofner 500-1 Anniversary('61CavernBass)RH.jpg
'61年製キャヴァーン・ベースを復刻した、ヘフナー・500/1 Anniversary RH
メーカー/ブランド カール・ヘフナー
構造
ボディタイプ 中空ボディ
カラーバリエーション
サンバースト
テンプレート | カテゴリ

ヘフナー・500-1 (Karl Höfner 500-1, 500/1とも表記) は、エレクトリックベースである。ドイツ楽器メーカーであるカール・ヘフナー社が製造する。通称、ヴァイオリンベースビートルベースと呼ばれている。

ビートルズのメンバーである、ポール・マッカートニーがデビュー前から愛用しているベースとして有名であり、少なくともポールは左利き用を1961年製と1963年製の2本を所有・愛用している。

材は、胴の前面がスプルース、後面・側面及びネックがカエデでできている。

特徴[編集]

表面上の形状の特徴としては、小型であること、左右対称の形状であること、ヴァイオリンに形状が似ていることである。

内部的な特徴でいえば、ホロウ・ボディのため非常に軽量であり、ショートスケールでとても弾き易い。この構造が、音の周波数全体に重厚な音色を持つ独特の温かみのあるサウンドを出している。ピックアップのセレクトとトーンスイッチの操作、トーンボリュームの組み合わせで、丸いモコモコした音から中音域を鋭角的に強調した音まで、幅広くカバーする。スタンダードなジャズベースやプレシジョンベースとは一味もふた味も違った、500-1バイオリンベース独特とも言える個性的なサウンドで、一般的にベーシストが好むタイプの音色と言われている。また、サスティンが短く、音の輪郭が不明瞭なため、速弾き時にはベーシストとしてはドライブ感が味わえて気持ちが良いが、メリハリのある音や、低音の効いた重厚な音は出しづらい面がある。

なおストラップの片方はネックとボディの間に巻き付けて結んで固定するという変わった仕様になっている。ヘッドに刻印されているヘフナーのロゴは、製造時期により縦書き(大文字)と横書き(大文字・小文字・筆記体)が存在する。

今でこそビートルズ人気に押されて高値が付けられているが、当時は廉価モデルとして発売されており、ポール・マッカートニーはそこも入手の理由に挙げている。

2005年以降、中国で生産された廉価モデルのHCT500/1(コンテンポラリー・シリーズ)が発売されている。 2007年以降、アメリカ市場ではHCT500-1より更に廉価版の中国製Icon(B-BASS Icon Series)がリリース。 2010年以降、Iconから名前を変えた、中国製/インドネシア製Ignition Bass(B-BASS Hi-Series)がリリースされている。

誕生[編集]

1955年、ウォルター・ヘフナーは、フェンダー社やギブソン社が1950年代前後にエレクトリックベースの生産を始めたのを見て、以前から考えていたエレクトリックベースについて、他のコントラバス等の生産ラインに乗せる事が可能なのではないかと考え、ギブソン社よりも高品質のバイオリン型エレクトリックベースの生産が可能であるとした。

翌年の1956年、ヘフナー社は、500-1型バイオリンベースを完成させた。

使用したことのある(または使用中の)主なミュージシャン[編集]